auのCM「三太郎シリーズ」で織姫役を演じ、デスノートやNHKドラマ「とと姉ちゃん」などにも出演している、川栄李奈。アイドルグループAKB48を卒業し、女優の道へと突き進んでいく川栄李奈について今回詳しく調べてみました。

View this post on Instagram

キャップの後ろ さりげないハートが♡ MILKFED.

A post shared by 川栄李奈 (@rina_kawaei.official) on


川栄李奈の生年月日・出身地について紹介

川栄李奈は、エイベックス・マネジメント所属の女優。神奈川県出身で、1995年2月12日生まれです。



川栄李奈を一躍有名にしたのは、会えるアイドルグループAKB48。シングル曲を歌うメンバーをファンの人気投票で選抜する総選挙を行っていることでも知られているグループです。高校時代にオーディションに応募して見事合格し、加入当初は11期研究生としてアイドルの実績を積んでいきました。

総選挙に川栄李奈が初めて参加したのは、2011年の第3回選抜総選挙。初めて参加する総選挙の結果は惜しくもランク外でしたが、2013年の総選挙では25位、2014年の総選挙では16位まで順位を上げています。



順風満帆にアイドルとしての道を進んでいた川栄李奈は、女優で活躍したいという想いから2015年3月に行われたコンサートで卒業を発表します。卒業後は女優の夢を叶えNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」やTBS系ドラマ「ごめんね青春!」、映画「デスノート Light up the NEW world」などに出演し活躍しています。

川栄李奈はどんな性格?家族や恋人のことも紹介

川栄李奈は、手先が器用なお父さんと料理上手なお母さんに大切に育てられ、大きく育ちました。ケーキ屋さんになるのが夢だったため、アイドルや女優には興味がなかったようです。

川栄李奈には姉が一人いますが、一般人のため年齢や職業などは公表されていません。川栄李奈のインスタグラムで「仕事帰りに姉と遊んだ」とつぶやいていることから、姉妹の仲は良好のようです。恋愛禁止の鉄則があるAKB48のメンバーだったこともあり、過去に恋人がいたと言う情報はありません。



幼少時代の川栄李奈は外遊びが大好きで、いつも友達とかけっこをして遊んでいたそうです。明るく活発な性格の川栄李奈は幼い頃も可愛かったので、学校でも人気がありました。学生時代には、川栄李奈のファンクラブが密かに結成されています。

川栄李奈は、バラエティー番組の企画で学力テストを何度か受けたときには、一矢報いることはできませんでしたが、番組内で見せたおちゃめな姿が話題になりました。

川栄李奈のライフスタイル・ファッションについて紹介

活発なイメージがある川栄李奈ですが、趣味はハンドメイド。ドライフラワーでインテリアを作ったり、レジンで指輪を作ったりしています。手先が器用なお父さんの娘とあって、作品の完成度はかなり高め。手作りとは思えないほどのクオリティーです。



ちなみに、川栄李奈はシルバニアファミリーのコレクター。シルバニアファミリーの仲間たちや小物を集め、ディスプレイを楽しんでいるよう。休日にはシルバニアファミリーの家を改造して、リフレッシュしています。



川栄李奈のファッションは、カジュアル系。トレンドのデニムやシンプルニットなどをキレイに着こなしています。



トップスやボトムスをシンプルにコーディネートしたときにはワンポイントになるアクセサリーを付ける、ワイドパンツを合わせるときはヒール高めの靴を履くなどおしゃれに気を使っているようです。

View this post on Instagram

✌️。

A post shared by 川栄李奈 (@rina_kawaei.official) on

川栄李奈の代表作(映画)について紹介

映画、ドラマ、CM、バラエティーと引っ張りだこの川栄李奈。本業は女優とだけあって、女優としてのスイッチが入った瞬間、表情が一変します。



出演映画は「デスノート Light up the NEW world」、「亜人」、「嘘を愛する女」などです。2016年10月に公開された「デスノート Light up the NEW world」では、不敵な笑みを浮かべながら人々を次々と殺していく殺人鬼役を演じ、話題になりました。



翌年に公開された「亜人」では、殺人鬼役から一変してボディーガード役を演じています。映画の中では、銃の球を避けながら敵に立ち向かって行くという、難易度の高いアクションシーンを披露。主演の佐藤健や綾野剛にも劣らない、素晴らしい演技と称賛されました。さまざまな役どころを演じ、女優としての実績を積んでいる最中の川栄李奈。2018年公開の「恋のしずく」が初主演作品になります。



川栄李奈の出演作品

デスノート Light up the NEW worldの作品情報

デスノート Light up the NEW worldのジャケット写真
レンタル開始日
2017/04/19
監督
佐藤信介
キャスト
東出昌大 池松壮亮 菅田将暉 藤井美菜 川栄李奈
上映時間
135分
GEOで購入!
デスノート Light up the NEW worldのユーザ評価

評価数:7006件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • まさかこうなるとは。10年たって、新しく加わったりそのままだったり元に戻ったり。人が人を騙して、託して、信じて。実に見応えのある映画でした。物語のエンディングって、必ずしもハッピーエンドだけじゃない。かといって、バッドエンドオンリーでもない。
  • デス・ノートの実写版にハズレ無し!個人的にそう思ってますが、この1本もそうです。原作を知らない人はもちろん、知る人も満足できる作品ではないでしょうか?
  • 新しいデスノートが見れて楽しかったです!メインの3人がそれぞれの格好良さがあり、見応えがありました。

亜人の作品情報

亜人のジャケット写真
レンタル開始日
2018/04/04
監督
本広克行
キャスト
佐藤健 玉山鉄二 城田優 千葉雄大 川栄李奈
上映時間
109分
GEOで購入!
亜人のユーザ評価

評価数:737件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 原作は読んだことないけど、わかりやすく面白かった♪色々ツッコミどころはあったけど(亜人いすぎでしょ)♪ 綾野のクレイジーな感じのキャラ、ガンカタ意識のアクションも良かった◎ ただユーレイ?と一緒に戦うシーンが多く、原作あるから仕方ないのかもしれないが、フツーに亜人同士が肉弾戦してる方が面白かったんじゃないか?て思ってしまった(^o^;) まぁエンドレスになるかもだけど…笑 出演者のアクション!アクションの撮り方、日本のアクション映画も捨てたもんじゃないなって久々に感じた作品でした。
  • 亜人の原作を読んでないけど、すごくいい。 『るろうに剣心』のアクションと『デスノート』の頭脳戦を組み合わせたような作品。 ぜひ、続編を!

マジすか学園4の作品情報

マジすか学園4 vol.4のジャケット写真
レンタル開始日
2015/06/26
原作
秋元康
キャスト
島崎遥香 宮脇咲良 横山由依 川栄李奈
上映時間
44分
GEOで購入!
マジすか学園4のユーザ評価

評価数:676件件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • やべーおもしれ~(笑)このB級感☆やっぱマジすか好きやわ♪
  • 激尾古高校のアントニオがさくらに負けて時代が変わっていく マジ女では、ソルトとさくらの最後のてっぺん対決マジの心が強い方がてっぺんにマジすか学園 4 から 5 今度はアントニオが捕まりそれをソルトが助けに行く。 1話でソルトがえーー!(^^)見応えありです。(^o^)v
  • いっきに見ちゃいました! シリーズ毎、演技とアクションはあれですけど笑 みんな可愛いかった(^^) 若いっていーな♪

嘘を愛する女の作品情報

嘘を愛する女のジャケット写真
公開日
2018/01/20
監督
中江和仁
キャスト
長澤まさみ 高橋一生 DAIGO 川栄李奈
上映時間
117分
GEOで購入!
嘘を愛する女のユーザ評価

評価数:259件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 「嘘を愛する女」という少しミステリアスな題名が観る前からこの作品が単なるラブストーリーでないことを感じさせます。震災の日をきっかけに5年もの間、共に眠り笑った穏やかで幸せな日々が突然嘘の上に成り立っていたと知れば、人は怒り憎しみ、悲しみの中に落とされるもの。そんな主人公、由加利を長澤まさみが怒っても泣いても強がっても美しい女性として感情的な「動」で演じます。そしてどうして嘘をつき続けなければならなかったのか、最初から騙すつもりでいたのか、その正体は?。眠っているシーンやセリフが少ない桔平という役どころを「静」で見事に演じきっている高槁一生の存在感はとてつもなく大きかった。

    前半はそんな桔平の素性が明かされないので、観る者が想像した人物像を良いように、悪いように、勝手に作っていってしまいます。探偵役の吉田綱太郎が「三流の結婚詐欺か」というセリフがそんな憶測さえ生まれさせてしまいます。

    桔平の残した書き物を頼りに彼の素性を求めてしまなみ海道を訪れた由加利が、瀬戸内の美しい景色の中で徐々に核心に触れていく様は、真実か裏切りかハラハラドキドキの連続です。衝撃的な事実を知り、嘘の中にある愛に気がついたラストシーンは観る者の涙を誘います。

    観終えた時に恋人や夫婦の関係の中で本当に大切なものは何なのかを考えずにはいられない、とてもハートフルな作品でした。

  • 気になっていた作品でしたが、当たりです。レンタルはじまったら改めて視聴します。ちょっと嫌味な女を長澤まさみさん、誠実そうだけど影がある謎めいた男を高橋一生さんが共に好演していました。

    ストーリーはある事故により彼氏が偽名、職業詐称とわかる。彼が嘘をついていたのは何故か?彼女は真実にたどり着くべきかどうか…見ているこちらまでハラハラさせられます。ラブロマンスでありながらサスペンス要素もあります。ラストシーンは涙なくしては見れないでしょう。2度目に観たら2人の出会う靴をあげるシーンに涙してしまうかも。

    また脇役のDAIGOさん、川栄さんが物語に華を添えていましたね、キャストが素晴らしい作品でした。

  • 若干予告のイメージとズレはありつつも映画としては楽しめました! ミステリーを期待して観るとコケる可能性もありますのでヒューマンもの(あと少しホラーw)と思って鑑賞されると楽しめると思います。 長澤まさみ、高橋一生目当てで観る人が大多数でしょうが、私にはDAIGOの見た目が1番の衝撃でした笑 終わり方に少し物足りなさを感じたので☆-1で。

プリンシパル 恋する私はヒロインですか?の作品情報

プリンシパル 恋する私はヒロインですか?のジャケット写真
公開日
2018/03/03
監督
篠原哲雄
キャスト
黒島結菜 小瀧望 高杉真宙 川栄李奈
上映時間
112分
GEOで購入!

参考URL
・youtube.com