おおかみこどもの雨と雪のジャケット写真

<簡単な解説>
映画「おおかみこどもの雨と雪」はスタジオ地図が手がける長編オリジナルアニメ。おおかみと人間の間に生まれた子ども達が、いろんな人や動物たちと接しながら成長し、自立するまでの人生を描いた作品。子ども達の母親にあたる「花」の、全てを受け入れる人物像にも注目です!それではストーリーのあらすじネタバレを最後までお楽しみください!

ここからおおかみこどもの雨と雪のネタバレ!閲覧にはご注意ください!

おおかみこどもの雨と雪のネタバレとあらすじ:おおかみオトコとの出会い

初夏のある日、花は大学の授業で1人の男性と出会います。その男性はここの学生ではないと言いますが、花はその男性の事が気になり、話していくうちに心を通わせていきます。

そんな中、彼から「自分がおおかみおとこであること。」を告げられ、オオカミになって正体を見せる。「もう会わない」と言う彼だったが、花の愛は変わりませんでした。2人は、一緒につつましく小さなアパートで暮らし始めました。やがて2人の間に、子供が産まれます。雪の日に産まれた姉を「雪」、雨の日に産まれた弟を「雨」と名付けます。

ある雨の日、突然彼の姿が見えなくなり、花が探しに行くと川の中でオオカミの姿になって亡くなってしまっていました。悲しみに暮れる花でしたが、彼が夢に出てきました。「子供たちをよろしく頼むよ。」と彼から言われているような気がして、花は子供たちを立派に育てることを決意します。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vTj1-Bu4PWE

おおかみこどもの雨と雪のネタバレとあらすじ:人間orオオカミ―迷う雪と雨

怒ったりぐずったりすると、毛を逆立ててオオカミになってしまうオテンバの雪、少食でひ弱な雨を一生懸命育てていました。ですが、人間になったりオオカミになったりする雪と雨は、時にはオオカミになって吠えてしまいペットを買っているだろうと注意されてしまったり、児童相談所から虐待などしてるのではと疑われてしまったことから、花は引越しをすることに決めます。

「環境のいいところで育てたい。周りに人がいないところがいい。」と、人里離れた、空き家のような廃屋のような古びた家に住むことに決めます。

貯金も少なく何かしなければと思った花は、自給自足で野菜を作ることにしますが、なかなか上手くいかず、全部枯らしてしまいます。始めは、遠目で見ていた里の人たちも、次第にいろいろ助けてくれるようになり、仲良くなっていきます。花は、人目を避けてきたはずなのに、里の人たちにすっかりお世話になっていることに気づきます。

おおかみこどもの雨と雪のネタバレとあらすじ:雪と雨、それぞれの苦悩そして決断

6歳になった雪は、小学校に行きたくて仕方がなく、「何があってもオオカミにならない。」と約束し、小学校へ行く事を許してもらいます。そして、雨も学校に行くようになりましたが、引っ込み思案の雨は学校に馴染めずにいました。

小学校4年生になった雪のクラスに、転校生の草平が入ってきて突然「ケモノくさい。」と言われてしまいます。しつこい草平に動揺してしまった雪は、自分を抑えきれずにオオカミになり草平を傷つけてしまいます。雪は「もう学校を追い出されてしまう」と家に閉じこもりますが、草平は学校のプリントなど届けに毎日雪の家まで来てくれました。そして、雪は再び学校へ行くようになります。

同じころ雨は「先生のところにいく。」と山に出掛けるようになり、学校にもあまり行かなくなりました。ある日、花は雨から先生を紹介されますが、それは山全体をまとめる主と呼ばれているケモノでした。

雪は人間として、雨はオオカミとして、自分の道を歩み始めていたのでした。

おおかみこどもの雨と雪のネタバレとあらすじ:それぞれの道、そして見守る花

集中豪雨が起きたある日、雨は家を出て行ってしまいまい、それに気づいた花は雨を探しに山の中を探しに行きます。

一方、学校が休講になった雪は草平と2人きりになります。自分の家族のことを正直に話す草平に雪は「あの時、そうちゃんを傷つけたオオカミは私。」とオオカミになり自分の正体を告白します。それに対し草平は、「雪の秘密は誰にも言ってない。だからもう泣くな。」と、雪を励まします。

そんな中、気を失った花は、夢の中でおおかみおとこに会い「雨なら大丈夫。自分の世界を見つけたんだ。」と勇気づけられます。そして気づいた時、花を助けてくれた雨がいましたが、オオカミの姿になり山の中に消えて行ってしまいます。花は「元気でしっかり生きて!」と叫びます。

月日は流れ、雪は中学生になり学校の寮に入ることになります。そして、花は山の家で静かに1人で暮らすことに。時々山の中から、オオカミの遠吠えが聞こえると、花は耳を澄まし微笑むのでした。

おおかみこどもの雨と雪の作品情報

おおかみこどもの雨と雪のジャケット写真
レンタル開始日
2013/02/20
監督
細田守
キャスト
宮﨑あおい(花) 大沢たかお(彼) 菅原文太(韮崎)
上映時間
115分
GEOで購入!
おおかみこどもの雨と雪のユーザ評価

評価数:18756件 
評価:★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • アニメとして風景描写が綺麗に描いてあるので、観ててホッと出来て懐かしさも感じられたのが嬉しかった☆ オオカミの血を引く子どもを全力で守る、最高の母親が描いてある。もっと、人間臭い喜怒哀楽があれば現実っぽく良かったかなぁ〜と思えた。 大沢たかおに宮崎あおいの声が自然で心地良かった ♪ 感動も沢山あり、好きなアニメ作品です。
  • 以前から見たい見たいと思っていた作品です。漸く見ることができました。 確かに、他の方がおっしゃる通り、ラストには少し疑問が残ります。これで終わり?と。しかし、それで良いのだと思います。 何故ならこれは、「おおかみこどもの雨と雪」。花の物語ではないからです。初めから最後まで一貫して雪語りであるように。 雨の自立と、雪の覚悟。それらの物語として、良い終わり方だったのではないかなと思います。その後の物語以前から見たい見たいと思っていた作品です。漸く見ることができました。確かに、他の方がおっしゃる通り、ラストには少し疑問が残ります。これで終わり?と。しかし、それで良いのだと思います。 何故ならこれは、「おおかみこどもの雨と雪」。花の物語ではないからです。初めから最後まで一貫して雪語りであるように。雨の自立と、雪の覚悟。それらの物語として、良い終わり方だったのではないかなと思います。その後の物語を想像させてくれるのも嬉しい点です。
  • 愛した人が狼であっても、子供にその遺伝子が受け継がれていたとしても愛し続ける母親の愛情が深く心に残りました 楽しそうに家族で過ごす姿や思春期や身体の体質を経て成長してゆく2人の子供を見ていると生き方というものは人それぞれなんだと思い出させてくれるそんな作品でした 家族と一緒に観る作品としてとてもオススメ。

細田監督の作品「バケモノの子」もオススメ!

母を交通事故で亡くして一人ぼっちになってしまった少年蓮は、親戚の家に貰われるが逃げ出して渋谷の街をさまよっていました。そこで、ひょんなことから「渋天街」に住むバケモノ熊徹に出会います。「渋天街」に迷い込んでしまった蓮は、強くなりたい一心でバケモノ熊徹の弟子になります。蓮が9歳であることから「九太」と名付けられバケモノ熊徹とぶつかり合いながらも、武術を磨いていきます。 それから8年の月日は流れ成長した蓮は、渋天街から渋谷に戻ることが出来、高校生の楓と出会います。蓮は、楓から勉強を教わり次第に学力も上がってきます。そして、お父さんも見つかり「一緒に暮らそう。」と言われ、自分の居場所について考え始め、心が揺れます。 そんな中、闇をかかえてしまった一郎彦が渋谷の街を爆発させる事件が起こるが、熊徹の力をかり蓮は渋谷の街を守ります。全てが終わり、蓮はお父さんと二人で暮らし始めるのでした。

オススメ作品情報

バケモノの子のジャケット写真
レンタル開始日
2016/02/24
監督
細田守
キャスト
役所広司 宮﨑あおい 染谷将太
上映時間
119分
GEOで購入!
バケモノの子のユーザ評価

評価数:26022件 
評価:★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 幼い頃、母親を亡くし、孤独だった少年。 ある時繁華街で、バケモノの熊鉄に出会い、少年はバケモノである熊鉄に引き付けられ、熊鉄の元で修行を受けるようになり、熊鉄にきゅうたと言う名前を付けてもらった少年。 初め2人は中々素直になれず、関係が上手くいってなかったけれど、2人共似たもの同士だった事もあり、年月が経つ事に本当の親子のようになり、熊鉄がきゅうたに言ったセリフ(お前の中にグッとくる物は無いのか?)と胸を自分の拳でグッ、グッとする所と、熊鉄がきゅうたを命をかけて守る為に自ら剣になった熊鉄。きゅうたの胸の中に入って入った剣は永遠にきゅうたを見守っていると思うと、とても感動しました。
  • 前回は母親、今回は父親と子供との関係に焦点を当てた細田作品。自分もこんな時期があったし、子供もいま、こんな時期かもしれないと思いながら見ました。 バケモノたちの声が気に入らなかったのですが、後半はすっかり見入り、ストーリーの素晴らしさに泣いていました。
  • 前作のおおかみこどもの雨と雪では、家族であることに種族は関係ない、という事を強く感じさせた作品であったのに対し、今作では絆を強く押しているように感じた。家族の絆、師弟の絆、様々な絆を感じることのできる作品は少ない、また観ようと思う。

参考URL ・youtube.com