きみがくれた物語のジャケット写真

アメリカ・ノースカロライナ州の海沿いにある小さな町に住むトラヴィス(ベンジャミン・ウォーカー)は、裕福ではないが堅実な仕事を持ち、ガールフレンドにも不自由せず、親友に囲まれてスポーツや休日を楽しむ日々を過ごしていた。だが友人はみな結婚して子どももいるが、彼の恋はいつも夏の花火のように終わってしまうが・・・

監督:ロス・カッツ、原作:ニコラス・スパークス、音楽:マーセロ・ザーボス、キャスト:ベンジャミン・ウォーカー テリーサ・パーマー マギー・グレイス

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

引っ越してきたギャビー

アメリカのノースカロライナ州、ウィルミントンに父親と同じ職業を選び獣医として働いていたトラヴィス。仕事は真面目にこなしている傍ら、私生活は女性を口説くのが得意で毎回ナンパばかり。そんなトラヴィスは32歳で友人たちは次々に結婚しているなか今だ独身でした。そんなある日トラヴィスの家の隣にギャビーという27歳の医学生が引っ越してきます。

夏の夜、トラヴィスは友人たちとバーベキューをして盛り上がっていました。深夜になっても騒音が収まらずギャビーは勉強に集中できないと苛立ち、たまらずトラヴィスに文句を言いに行きます。トラヴィスはいつものように口説き始めますがギャビーは他の女性とは違いきっぱり断ります。それが二人の初めての会話で最悪の出会いでした。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=yZwxC5ZhyyY

飼い犬がきっかけで惹かれ合う二人

ギャビーは医師で恋人のライアンと遊園地でデートをしていたとき偶然トラヴィスと会い、流れでライアンを紹介します。でも嫌な隣人と会ったことで気分が悪くなるギャビー。その後ギャビーはまたトラヴィスに怒りをぶつける出来事が起きます。トラヴィスの飼い犬がギャビーの飼い犬に妊娠させたとギャビーは言いに行きます。

しかし後日トラヴィスの飼い犬は去勢手術をしていたことを知ります。そして今度はギャビーは夜中トラヴィスを訪ね飼い犬が出産しそうだが苦しそうだと助けを訴えます。トラヴィスは夜中にも関わらず検査をし、処置をしてあげました。

その日初めてギャビーはトラヴィスの名前を言いお礼をいいました。この事をきっかけにトラヴィスは友人たちにギャビーを紹介し一緒に遊ぶようになります。トラヴィスはギャビーを口説こうと猛アタックを続け、ギャビーもトラヴィスに気持ちが傾きそうになります。

そして二人は結ばれる

そしてとうとう恋人のライアンが出張中に二人はキスをし愛を深めていきます。しかしギャビーはライアンと婚約までしていたため悩んでいました。その後ギャビーはトラヴィスとの関係は一時的だと割り切り、ライアンへの思いを貫こうと決めます。

ところがいざ結婚の話しになるとライアンは引き気味、結婚まではしたくなかったということが分かり、ギャビーとの婚約も破棄となります。その事を知ったトラヴィスは実家にいるギャビーへ強引に結婚を申し込み、またしても猛アタックします。

ギャビーは両親がいる場でも真っ直ぐ気持ちをぶつけてくるトラヴィスを信じようと決心し、その後二人はめでたく結婚します。それから11年の月日が流れ二人の間には3人の子供が産まれ幸せに暮らしていました。そんな幸せ絶頂の二人は突然決断を迫られる事が起こってしまいます。

決断を迫られたトラヴィス

ギャビーとトラヴィスは毎年恒例のショーを見る約束をしますがトラヴィスの仕事が終わらずギャビー一人で会場から帰ることに。雨が強く降っていて視界が悪い日でした。ギャビーは事故に遭い意識不明の状態になってしまいます。

トラヴィスは一緒に帰れなかった後悔に押し潰され、母親が目を覚まさないことで不安な日を過ごすうちに子供たちとも関係が悪化してしまいます。ギャビーは3ヶ月経っても目を覚ましませんでした。さらに医師からギャビーは生前に蘇生拒否をしていることと、目を覚ます確率はほぼ無いと言われます。トラヴィスは決断を迫られ悩みますがギャビーと共にこのまま生きていくと覚悟を決め、毎日ギャビーに愛の言葉を掛け続けました。

そして子供たちとの関係も修復してきたある日、トラヴィスはいつものようのギャビーの病室へ行くとギャビーが目を覚まします。延命処置を決断したトラヴィスは心から願っていたギャビーとの再開を果たすことができました。

きみがくれた物語の作品情報

きみがくれた物語のジャケット写真
レンタル開始日
2016/12/02
監督
ロス・カッツ
キャスト
ベンジャミン・ウォーカー テリーサ・パーマー マギー・グレイス
上映時間
111分
GEOで購入!
きみがくれた物語のユーザ評価

評価数:1177件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • お隣どうしからはじまる恋愛がこれほど人生を変えるとは思いませんでした! 後悔をしないためにも悲惨なことが起こってからでは遅く、本当に愛している人を大切にすることの重要さに気づくことができました!!
  • 良いストーリーでした。初めは仲の悪かった2人のロマンス、そして、まさかの交通事故で目を覚まさなくなったヒロイン、でも支え続け、ハッピーエンドになりました。
  • 景色が綺麗で引き込まれました。 ほのぼのした雰囲気でウキウキしながらみてましたが、違うドキドキに変わり。。。 あっという間にラストになっちゃいました。 素敵な映画です。

「親愛なるきみへ」もオススメです!

遊びが好きなトラヴィスがギャビーと出会い、一途に愛していくストーリーを観て憧れる女性も多いと思います。甘酸っぱい恋愛ストーリーとは違い、ギャビーが事故に遭ってしまったことで今後の人生を左右する決断を迫られたトラヴィスを見ると胸が苦しく、ラストは感動の嵐です。「きみがくれた物語」はベストセラー作家のニコラス・スパークス氏が書いた小説が原作となっています。彼の書いた小説は10作品以上も映画化されていて、その中でもおすすめなのが「親愛なるきみへ」です。あらすじは米特殊部隊のジョンが帰省中にサヴァナと出会い、恋に落ちます。しかし9・11同時多発テロ事件が起き任務が延長されたことでジョンとサヴァナは手紙のやり取りで愛を確認し合います。ところが一向に会えない寂しさのあまり、気持ちが途切れそうになる二人は悲しい別れをすることに。ストーリーは恋愛はもちろんですがテロ事件や家族の問題など、ラストまで充実している作品となっています。

親愛なるきみへの作品情報

親愛なるきみへのジャケット写真
レンタル開始日
2012/03/02
監督
ラッセ・ハルストレム
キャスト
チャニング・テイタム ヘンリー・トーマス アマンダ・サイフリッド リチャード・ジェンキンス
上映時間
108分
GEOで購入!
親愛なるきみへのユーザ評価

評価数:2549件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ラブストーリー系はまったく見ないのですが、チャニングが好きなので、あまり期待はせずに見ました。2週間で惹かれ合う二人が上手く描かれています。アマンダの心変わりの相手が無理矢理な感じもありましたが、ラストが気になって見いってしまいました。期待以上に楽しめました。
  • 最後に必ず合言葉みたいに『またね』って言うんです。『また、直ぐに会える?』とか、それが二人の去り際の言葉で・・・絆のある意味のようなものでした。いつか『またね』って言っても『うん』の返事が無くなる日が来るなんて・・・(;_;)この映画で私の中で『またね』って言葉が大切になりました。
  • すごく幸せな2人の時間を、事故によって記憶をなくしてしまった奥さん。自分の事も自分との時間も、忘れられてしまっている彼が苦しみながらも一生懸命尽くして、奥さんは記憶を戻すことはなかったが、もう一度惚れさせるという素敵な実話に基づいたストーリー。切ないけど感動する映画でした。

参考URL
・youtube.com