しあわせの隠れ場所のジャケット写真

父親の顔も知らず、母親とも引き離された10代の黒人の少年マイケル・オアー(クイントン・アーロン)は、家も寝るところなく、ホームレス同然の生活をしていた。ある真冬の夜、Tシャツと短パン姿で歩いていた彼に、白人女性リー・アン・テューイ(サンドラ・ブロック)が声をかける。

監督:ジョン・リー・ハンコック、原作:マイケル・ルイス、脚本:ジョン・リー・ハンコック、出演:サンドラ・ブロック(リー・アン・テューイ) クィントン・アーロン(マイケル・オアー) 

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

一人ぼっちのマイケル

マイケル・オアーは父親の顔を知らず、母親はアルコールとコカイン中毒のため幼い頃引き離され、一人でホームレス生活のようにその日暮らしをしていました。それから一人の男性がマイケルを自宅に招き、学校も入学させてくれました。ところが男性の妻がマイケルの面倒を迷惑がっていたため居づらくなったマイケルは家を出ます。マイケルは冷たい雨が降っているにも関わらず、Tシャツと短パンの薄着で道を歩いて体育館へ向かっていました。

そこへテューイ一家の車が横を通りマイケルの存在に気付きます。妻リー・アンは夫ショーンに車を停めてと言いマイケルに話しかけます。そこでリー・アンは詳しい事情は聞かず、自宅へいらっしゃいと招き入れます。しかし大柄でどんな子かわからないためショーンとリー・アンは何か盗まれたりしないかと少し不安に思いますが、翌朝マイケルはシーツや借りたものを綺麗に畳んで家を出ようとしていました。リー・アンもマイケルは行儀のいい子だと思い引き留めます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=awZF4Oyoir0

素敵な家に居候をさせてもらえることに

リー・アンはマイケルに替えの服が無いことに気付き買い物に行きますが、体が大きいマイケルに合うサイズがなかなかありません。マイケルは母親の家になら服があると言い、リー・アンと一緒に行きますが家は差し押さえられ、母親もいなくなっていました。次第にリー・アンはマイケルの育ってきた環境がわかってきて、家に居ていいと提案します。

そしてリー・アンはマイケルに部屋を与え、生まれて初めてベットに喜ぶマイケルにリー・アンは涙ぐみます。最初はマイケルの居候に反対していた夫のショーンも、リー・アンに説得され迎え入れることに了承します。娘のコリンズはマイケルと同じ学校に通っており校内でマイケルの存在をからかわれますが、周りの目を気にせず一緒に図書館で勉強したり、息子のS・Jはとにかくおしゃべりで、マイケルを兄のように慕ってくれたりと、皆マイケルに優しく接します。

家族の愛に応えるマイケル

その後フットボール部に入部したマイケルは、体格は他の部員と別格でしたが素人で優しい性格のため足を引っ張ります。そこでS・Jがフットボールが大好きだったこともありマイケルのコーチになり特訓を始めます。リー・アンたちもマイケルにルールを教えたりと家族皆でマイケルを可愛がりました。ある日マイケルは車の免許が欲しいと言い、免許取得のためリー・アンはマイケルの後見人になることを決意し、マイケルの母親に会いに行き話すことができました。

そして免許を取ったマイケルはリー・アンとショーンから新車をプレゼントされ笑顔で喜びます。早速S・Jと一緒にドライブに出掛けますがはしゃぎすぎたため不注意で事故を起こします。奇跡的にS・Jは軽傷、なぜならマイケルが体を張って守っていたからでした。怪我が治ったマイケルはフットボールの練習を再開しますがなかなか上達できません。コーチも体格はいいが見込みがないとため息を吐く始末。

練習を見ていたリー・アンは我慢ができずグラウンドにいるマイケルに「チームは家族よ、S・Jを守ったようにチームを守るのよ」と分かりやすく教えます。するとマイケルは人が変わったようにメキメキと上達していきました。

大学からスカウトされるが問題が発生

マイケルは試合でも大活躍を繰り返し、S・Jがマイケルの活躍した映像を有名大学へ送ります。すると多くの大学からスカウトがきて家族は喜びます。しかし問題が発生し、マイケルの学力では奨学金が受けられないことがわかったのです。リー・アンは有名な家庭教師を雇いマイケルは猛勉強を始め、大学入学に必要な学力に達することができました。そしてマイケルは多数の大学側から好条件を提案され、最終的にリー・アンやショーンの母校であるミシシッピ大学に入ることに決めます。

ところが周囲ではリー・アンは母校のミシシッピ大学に入れるためにマイケルを拾ったのではないかというひどい噂が流れ始めます。もちろんそんな事実はないとリー・アンは反論しますが、なかなか噂は鎮まりませんでした。マイケルは大人の論争に嫌気がさし、家を飛びだし以前暮らしていた町へ行きます。

マイケルの未来は?

マイケルは久し振りに会った仲間たちにリー・アンや家族のことをからかわれて暴力を振るってしまいます。リー・アンもマイケルを探しに物騒な町を一人で必死に探します。マイケルは一人ぼっちになり何もできない自分に落ち込み、最終的にリー・アンに電話をします。そしてリー・アンから「自分で決めていいのよ」と優しく話され、マイケルは自分の意思で当初と同じくミシシッピ大学に入学を決めます。

大学入学式を終え、寮に入るため家族にお別れをしていたところ、リー・アンは泣き顔を見せたくないため一足先に車に乗り込みます。マイケルは車へ行きリー・アンに感謝の気持ちを伝え二人は抱き合います。

その後マイケルは大学でも活躍を続け、2009年にNFLドラフトの1巡目に指名され念願のプロの道を進みました。

しあわせの隠れ場所の作品情報

しあわせの隠れ場所のジャケット写真
レンタル開始日
2010/07/21
監督
ジョン・リー・ハンコック
キャスト
サンドラ・ブロック(リー・アン・テューイ) クィントン・アーロン(マイケル・オアー)
上映時間
128分
GEOで購入!
しあわせの隠れ場所のユーザ評価

評価数:1609件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • セレブの白人家庭が身寄りのない黒人青年をたまたま引き取ったところ、その子が化けて超一流アメフト選手になっちゃったという微笑ましくもアメリカらしい実話サクセスストーリー。愛とは炭酸ソーダのようなものか。見ればスカッとして余韻を引く映画だ。
  • 実話に基づいてるんですね。マイケルが周りに翻弄されながら、リーとの絆を深めながら純粋に生きていく姿が素敵です。マイケル役のクィントン良かった!オスカー取ったサンドラも、サンドラらしく表情豊かで素敵でした!
  • サンドラブロックのちょっと冷めた対応が気持ち良い。かえって愛情が伝わってくる。あまりスポーツが好きじゃないのでルールがよくわからなかったです。ルールがわかったらもっと楽しめたかもしれません。ここで取り扱われている差別が早く過去のものになってほしい。

同じくアメリカンドリームな作品「タイタンズを忘れない」もオススメ!

親の愛情を知らずに育ったマイケルの前に現れたリー・アン。リー・アンの決断力によってマイケルの才能が開花したと言っても過言ではないでしょう。そんな強い母を演じたサンドラ・ブロックさんはこの作品で自身初のアカデミー賞主演女優賞を受賞されています。その他アメリカンドリームのように実話に基づいた作品でおすすめなのが2000年に公開された「タイタンズを忘れない」です。物語は1971年、まだ人種差別が色濃く残っていた時代に高校のフットボールチーム内でも白人と黒人の生徒同士で喧嘩が絶えませんでした。しかし、フットボールを通じてお互いを理解し、尊重するようになっていく感動の作新となっています。コーチ役のデンゼル・ワシントンの生徒たちに訴えかける迫真の演技も見どころの一つです。ぜひご覧ください。

タイタンズを忘れないの作品情報

タイタンズを忘れないのジャケット写真
レンタル開始日
2001/10/17
監督
ボアズ・イェーキン
キャスト
デンゼル・ワシントン(ハーマン・ブーン) ウィル・パットン(ビル・ヨースト)
上映時間
114分
GEOで購入!
タイタンズを忘れないのユーザ評価

評価数:449件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • デンゼルワシントンの代表作! まだ黒人が迫害を受け、白黒が交わることのない時代背景 選手だけでなく町の人達やコーチ、様々な人達の心の動きが素晴らしく描かれてます。 こんな素晴らしい作品に出会うことはなかなかないです! スポーツ好きも好きでない人も是非見てもらいたい一本!
  • この作品は、アメリカで人種間の緊張が最も高かった時代に、フットボールで初めて白人と黒人の混合チームでチャンピオンシップに勝利した実話に基づいたお話です。予備知識も先入観もなしに観たのですが、とても感動しました!私が好きな映画の一つ。 教育改革により生まれた高校フットボールチームで、選手たちははじめ肌の色が違うという理由からいがみ合ってケンカばかりしていたのですが、スポーツを通じて徐々に分かり合っていきます。 コーチ役のデンゼル・ワシントンは、人種差別による外部からの強烈な圧力をものともせず、人間として素晴らしい大人の役を好演していました。 最後は奇跡の勝利を修め、感動の一言!
  • 昔からのしきたり・慣習にいつまでも振り回されているのはいつも大人だ。しかも頭カチカチに。 その背中をみて違和感を感じる子どもとそうでない子ども。 一般的に柔軟性を持ち合わせているのが子どもなんだな。 スポーツ精神が身に付いた子どもの差別に対する潔さが心地よい。 デンゼル・ワシントンもなんだか格好よくみえてくる。

参考URL
・youtube.com