その夜の侍のジャケット写真

ひき逃げによって最愛の妻を失った男が、犯人に復讐を果たすため、狂気と日常の狭間を生きる姿を描くヒューマンドラマ。「東京プレイボーイクラブ」など俳優としても活躍する劇団 THE SHAMPOO HAT の赤堀雅秋が自身の戯曲を映画化。

監督:赤堀雅秋、脚本:赤堀雅秋、音楽:窪田ミナ、出演:堺雅人 山田孝之 綾野剛 谷村美月 高橋努

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

妻の死から立ち直れない男

小さな鉄工所の社長である中村は、妻を交通事故で亡くし5年もの間立ち直れずにいた。精神的にも普通でなくなっていく義理の弟中村を気遣う義兄の青木。中村を一日でも早く立ち直らせようと、青木は同僚を中村に紹介する。しかし、妻を忘れることができない中村は、心を閉ざしたまま妻を殺した木島への復讐だけを胸に毎日を過ごすのだった。

一方、中村の妻をひき逃げして刑務所暮らしから解放された木島は、ひき逃げの際に同乗していた小林の家で居候状態。毎日を気ままに生きながら、タクシー運転手になるため研修中の身だった。しかし、そんな木島の犯罪者の過去を会社に言いふらしたものがいた。その犯人として木島に焼を入れられたのは、同僚の星。今にも殺しそうな木島の狂気に恐怖しながらも小林はなすすべなく木島に従うのだった。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Rwmlhf_bGY8

中村の脅迫に逆切れする木島

中村は、木島の居場所を見つけ必要に後をつける。そして、脅迫めいた文言がかかれた手紙を毎日のように送り続ける。そのメッセージには、「お前を殺して、俺は死ぬ」と書かれていた。

刑務所に入ったことで、事件はなかったかのようにうそぶき、中村の脅迫を青木に抗議する木島。妹を殺されながら、木島の抗議を甘んじて受ける青木の心のどこかに木島の死を願う思いが…。木島は、青木に中村の謝罪と100万円の慰謝料を請求する。そんな無茶な要求を中村を思い仕方なく受ける青木だった。

しかし、要求を受けいらたものの実行する気配のない青木に切れる木島。そして、要求が実行されないことに腹を立てた木島は、小林や星とともに青木を拉致し、生き埋めにしてしまうとうそぶく。そんな木島の狂気を恐ろしく思った小林は、木島を止めようと殴りかかるが逆に木島の逆鱗に触れ青木を始末するよう指示されてしまう。

とうとう訪れる決行の日

そして、中村の妻が無くなった8月10日がやってくる。小林の助けにより救い出された青木は、連絡の取れなくなった中村を心配する。その頃、中村はいきずりの風俗嬢とホテルにいた。何かを吹っ切るように女を買った中村。しかし、女が歌うカラオケを聞きながら、亡き妻への思いを甦らすのだった。

女と別れ、街をさ迷い歩く中村。出口のない迷路をさまようように、中村は当てもなく街を歩き回るのだった…。その頃、木島はちょっとしたきっかけで知り合った関由美子の家に転がり込んでいた。中村に襲われるかもしれないという思いを感じながらも、ゲームをしながら関の家で過ごす木島。星が、DVDを借りて戻ってきたのをきっかけに木島は、中村と決着をつけるかのように外へ飛び出していく。外は台風が近づく大雨。土砂降りの中、木島と中村は初めて対峙することになる…。

木島を追うことが中村の生きがいに…

妻の復讐という大義名分のもと木島を追うことで命をつないでいた中村。その中村は、木島を殺すことより木島に殺されることを望んでいた。自分が木島に殺されることで、木島を死刑にする計画だ。

しかし、中村はどこかで木島とのつながりを持つことを日常としていたことに気づく――木島を恨むと同時に、木島の平凡な暮らしを見ながら木島と平凡に話をしてみたいと思っている自分がいた。

中村の人生は、木島の人生とは関わりのないことだと知りながら妻を忘れられず木島のせいにして生きてきた自分がいることを吐露する中村。台風の大雨がやんだ時、泥沼の中でそれぞれの日常へと立ち返る木島と中村。そんな中村の傍らに、中村の身を案じ探し回っていた青木の姿があった。

留守電に残る妻の声を消去する中村

5年間、毎日のように聞き続けていた留守電に残された妻の声――糖尿病を患う中村を気遣い、プリンを食べてはいけないとしかる妻の声だ。その声を聴きながら、中村はいつものようにプリンに手をやる。しかし、木島と直接対峙した後、今までとは何かが変わった中村。そして、中村は妻の声を聴き終えた後に留守電に残された妻の声を消去する。

傍らにあるプリンに手を伸ばし、食べようとする中村。しかし妻の忠告を守り生きることを選んだ中村は、プリンを食べることなく、泣きながらぐしゃぐしゃに潰してしまうのだった…。

この映画は、妻を殺された男が残虐で反省の色を示さない男への復讐を描きながら人は一人では生きられないのだということを描いた作品。自分にとって悪だと分かっていても、人は他人と触れ合うぬくもりを欲しがる。中村も木島を追うことで、妻を亡くした寂しさを紛らわせていたのかもしれない。

その夜の侍の作品情報

その夜の侍のジャケット写真
レンタル開始日
2013/05/08
監督
赤堀雅秋
キャスト
堺雅人 山田孝之 綾野剛 谷村美月
上映時間
119分
GEOで購入!
その夜の侍のユーザ評価

評価数:3715件
評価 :★★★☆☆(3.2/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 好きな俳優の共演!!山田孝之と堺雅人の演技力のぶつかり合い!!中に入りこんでしまって山田孝之に対し怒りすらも出てくる作品!!これは素晴らしい!!
  • おもしろいです。山田孝之のクズさを見たいならオススメです(笑) 平凡な人間はいないんだと思いました。また、人間は自分の都合のいいようにするために必死な生き物だと痛感しました。
  • 山田氏の役は、共感はできずとも理解はできる。 プリンのシーンで白飯食える程プリンのシーンは良い。このシーンの堺さんの目を逸らさず見てて欲しい。細かい心理表現まで素晴らしいシーン。 そしてチャプター見ればわかるけど、このシーンに 『君をずっと忘れない』 という意味がある。それが底無しの闇の様で素晴らしい。 中二病にはたまらない。

参考URL
・youtube.com