ひるなかの流星のジャケット写真

<簡単な解説>
映画「ひるなかの流星」はやまもり三香のマンガを実写化した作品です。東京にやってきた田舎娘が、2人のイケメン男子に翻弄される学園生活をおくる青春ラブロマンス映画。最後に「好き」を伝えるのはどっち?!気になるネタバレをどうぞお楽しみください!

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

初めての都会生活、そして初恋

田舎育ちの純朴な女子高生・与謝野すずめ(永野芽郁)は、両親が海外転勤となったため東京の伯父の家に預けられることになりました。初めての東京、あまりの人の多さに迷子になっていたすずめを助けてくれたのは、偶然にもすずめの新しい担任・獅子尾五月(三浦翔平)でした。

すずめの東京での生活がスタートします。クラスの隣の席は、女子が苦手ながらもイケメンで女子にモテモテの馬村大輝(白濱亜嵐)、そして美人ながらもすずめにライバル心を燃やす猫田ゆゆか(山本舞香)。クラスに溶け込めないすずかを心配して、何かと元気づけてくれる獅子尾に、すずめは恋に落ちてしまいます。

※CMでも活躍中のすずめ役・永野芽郁さんが、とにかく可愛い。そして獅子尾役の三浦翔平さん、こんな先生いないでしょ、と突っ込みたくなるくらいにイケメン先生ですね。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Zwi-E10DJ0U

失恋、そして馬村からの告白

最初は田舎育ちで天真爛漫なすずめを馬鹿にしていた、ゆゆかたちクラスメートや馬村も、いつしか馴染み友達になれました。それも獅子尾の応援があったからこそ。そんな獅子尾への思いは、すずめの心の中でどんどんと膨らんでいきます。

そしてついにすずめは溢れるばかりの思いを獅子尾に告白します。「先生は真昼に見た流れ星に似ています。私、先生に片思いしています。」しかし獅子尾の答えは「ありがとう、ごめんな」――すずめは見事にふられてしまいます。教師と生徒という立場を考えると、獅子尾にはすずめの気持ちを受け入れることはできませんでした。 そして、失恋で落ち込むすずめに、馬村が突然告白します。「おまえ、俺のこと好きになればいいのに」。

※イケメンふたりに囲まれ、お決まりの美人ライバル。まさに青春ドラマですね。

獅子尾からの告白、そして別れ

一旦はすずめの気持ちを断っておきながら、実は獅子尾もすずめに惹かれていました。文化祭でのこと、振られたはずの獅子尾に、付きっきりで優しくされたすずめは、辛くなり逃げ出してしまいます。

すずめを追いかける獅子尾、そして(憧れの)壁ドン「俺はただお前と一緒にいたかったんだ」。獅子尾の突然の告白、晴れてふたりは両想いになりました。

季節は冬へ。獅子尾の提案で二人きりでの一泊旅行に出かけることになったすずめ、一線を越えるのかと期待はマックスに。しかし獅子尾は、すずめに対し「一切手を出さない宣言」をします。なんとか大人の対応で乗り切れたはずの獅子尾でしたが、すずめの伯父からは「これから大人になっていくすずめを見守ってやれ」と諭されます。そして獅子尾は、すずめに突然別れを告げました。

※幸せな日々から急転直下の別れ、すずめの戸惑いや獅子尾の不器用すぎるほどの苦悩。ハラハラドキドキの展開です。

馬村に傾いていく心

様子がおかしいすずめに気が付いた馬村は、獅子尾を問い詰めます。獅子尾はすずめを大切にしたいあまりに、どうしたらいいのかわからなくなっていました。

傷ついたすずめは実家に戻ってしまいましたが、そこに馬村たち同級生が押しかけます。失恋の辛さを打ち明けるすずめ、仲間たちは一晩中慰めてくれました。そして少し落ち着いたすずめは東京に戻ってきます。そんなすずめに馬村は不器用ながらも再び告白します。「お前のこと、興味ないとか思ってない」

春になり2年に。獅子尾への思いを残しながらも、馬村に惹かれていくすずめ。いつも陰になり日向になりながらすずめを守ってくれた馬村、すずめは馬村と付き合う決意をします。

精いっぱいの正直な告白をするすずめに馬村は「今まで以上に大切にする。よろしくお願いします」と答えます。

※青春ドラマお決まりの展開ながらも、思わずウルウル引き込まれてしまいます。馬村の男らしい言葉がすてきですね。

そしてハッピーエンド

馬村とすずめが付き合っていることに、獅子尾は動揺を隠せません。今更ながら自分の本心に気づいた獅子尾、再びすずめに愛の告白をしますが、すずめは受け入れられません。何度もアプローチをしてくる獅子尾に対して、揺れる気持ちを抑えて、すずめは断りました。

そしてすずめは馬村と沖縄旅行に出かけます。そこに獅子尾の入院の知らせが・・・。戸惑うすずめに馬村は東京に戻れと送り出します。病院に駆け付けたすずめに、最後の愛の告白をする獅子尾。獅子尾の心からの言葉に、改めて自分が今一番大切なのは馬村だと気付くすずめ。すずめは獅子尾にキチンと断り、再び沖縄の馬村のもとへ戻ります。獅子尾への気持ちが吹っ切れたすずめは、馬村にタックルし馬乗りになって「馬村が好きだよ」と伝えました。そして、そのままキス。

※ちょっとミットモナイほど執拗につきまとう獅子尾、それでも好きだったすずめは心が揺れてしまうんですね。馬村の男らしさに思わず格好いいとホレボレしてしまいます。

ひるなかの流星の作品情報

ひるなかの流星のジャケット写真
公開日
2017/03/24
監督
新城毅彦
キャスト
永野芽郁(与謝野すずめ) 三浦翔平(獅子尾五月)
上映時間
119分
GEOで購入!
ひるなかの流星のユーザ評価

評価数:1146件 
評価:★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • よく行く吉祥寺が舞台になっていて、親近感を覚えながら鑑賞しました。登場人物に悪い人がいないのが珍しいと感じながら、まっすぐな気持ちのやり取りにスッキリしました。
  • イケメン教師とイケメン同級生との初恋にゆれる天然女子高生の恋の行方をストレートに描いた佳作だ。シンプルで王道な展開なので、原作を知らない観客でも十分に楽しめる。主人公を演じた永野芽郁がはまり役である。
  • コミックを実写化した王道青春ラブストーリーですが、原作を知らなくても充分楽しいです。 恋愛と友情、どちらも大切にしているテーマも素敵だと思いました。また登場するみんながピュアなハートを持っていて、何だか思わずウルウルすること数回です!

「ヘア・スプレー」もオススメ!

2007年のアメリカ映画「ヘア・スプレー」は明るくハッピーになれる青春映画です。ちょっと太った女の子トレーシーはダンスに夢中。ある日、居残り教室で仲間と一緒にダンスを踊っていた姿が、地元の人気TVダンスショー「コーニー・コリンズ・ショー」の人気アイドル・リンクの目に留まったことから、TVデビューを果たすことに。そして明るく天真爛漫でダンスがいかしたトレーシーは人気者になっていきます。 自分らしく、そして常にポジティブで明るく可愛いトレーシーが、思うままに生きていく姿に共感する人も多いことでしょう。実に楽しいポップなアメリカン青春映画です。

オススメ作品情報

ヘアスプレーのジャケット写真
レンタル開始日
2008/04/04
監督
アダム・シャンクマン
キャスト
ジョン・トラヴォルタ(エドナ・ターンブラッド) ミシェル・ファイファー(ベルマ・フォン・タッスル)
上映時間
*117分
GEOで購入!
ヘアスプレーのユーザ評価

評価数:1253件
評価:★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 凄く大好きな映画です!授業で少しヘアスプレーをみてレンタルしました!歌やダンスがとても見所で、みて損はないと思います!!勇気貰える映画です!
  • ミュージカル映画と知らずに、なんとなく借りた作品。あまり、ミュージカルに興味がないのですがこれは見ててとても楽しめました。登場人物が純粋。悪者は、悪者。いい人はいい人。気持ちよくみることができました!気取った前髪の男の子、やな感じの子かなと思ったら最後は惚れました!
  • 主人公が太っていても自分を卑下せず、とにかくポジティブに走っていく姿にとても好感を持てます。 おデブな女の子とスマートなイケメンのサクセスラブストーリーだけでなく、人種差別の問題なども含まれており、笑って泣いて、観終わったあとに幸せな気持ちになれました。 ジョン・トラボルタも「こういうお母さんいるいる!」と思える仕上がりで、とてもナイスキャラですw

参考URL ・youtube.com