るろうに剣心 京都大火編のジャケット写真

大ヒットマンガ「るろうに剣心」を実写化。最も人気の高い「志々雄真編」を前半・後半の2部にわけて公開されました。前半にあたる本作は「剣心と宗次朗の戦い」「翁と蒼紫の戦い」がメインとなります。CGを駆使したバトル描写にも是非注目してください!

監督:大友啓史、原作:和月伸宏、脚本:藤井清美 大友啓史、音楽:佐藤直紀、出演:佐藤健 武井咲 伊勢谷友介 青木崇高 蒼井優 神木隆之介

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

るろうに剣心 京都大火編のネタバレ-1:志々雄真が明治政府に宣戦布告!

主人公の「緋村剣心」は、幕末の時代に「人斬り抜刀斎」と呼ばれ恐れられていましたが、明治になってからは東京にある「神谷薫」の道場に居候し、「逆刃刀」という人を斬れない刀を持つことで「人斬り」を封印して平和に暮らしていました。そんな剣心の元に、かつての仲間「大久保利通」が訪れます。そして、大久保から京都に潜む「志々雄真(ししおまこと)」という人物の暗殺を依頼されます。

志々雄は剣心の後に「人斬り」の役目を継いだ人物として幕府の要人を多数暗殺していましたが、新政府から口封じのために刺された上、全身を炎で焼かれました。ところが、死んだと思われていた志々雄は生きており、全身包帯の姿で多数の仲間を連れて京都に現れました。明治政府に「日本を転覆させる」と宣戦布告を行った志々雄は、討伐に来た警察官も皆殺しにしてしまいます。

その暗殺依頼に剣心は悩みます。なぜなら、剣心は「人斬り」を封印していたからです。もし志々雄と戦うことになれば、必然的に剣心は幕末の時の「人斬り抜刀斎」になってしまいます。剣心の仲間である薫や「佐之助」らは当然猛反対します。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=NtyoWtME5EQ

るろうに剣心 京都大火編のネタバレ-2:京都に行く決意を固める剣心

大久保への返事の期限である一週間後、大久保の元に向かう剣心が発見したのは、なんと暗殺された大久保の死体。暗殺したのは、志々雄の配下でも最強の「瀬田宗次郎」です。宗次郎は背後から剣心に声をかけて姿をくらまします。さらに警察に赴いた剣心が案内されたのは、大量の警官の死体と、亡き家族の姿を見て泣き叫ぶ妻や子ども達の姿でした。

その光景を見て剣心は京都行きを決意します。京都行きを止めようと必死に説得する薫に対し「過去を捨て去ることは誰にもできない。今までありがとう。さよなら」と薫に告げて、一人京都に向かいます。途中の東海道で剣心の刀を盗もうとした「操(みさお)」という少女に出会った剣心は、彼女と一緒に京都に向かうことになります。途中、とある村を襲った志々雄の部下と対決することになります。そこには、志々雄本人も来ていました。

るろうに剣心 京都大火編のネタバレ-3:志々雄の配下「宗次郎」と対決

志々雄は、自分の復讐が正当であることを述べますが、剣心はその勝手な主張に怒り、志々雄に勝負を挑みます。ところが志々雄は自らは戦わず、配下の宗次郎に戦うように命じます。剣心は宗次郎の変則的な戦い方に戸惑い、さらには「逆刃刀」を真っ二つに折られてしまいます。興をそがれたように、志々雄と宗次郎は剣心にとどめをささずに立ち去りました。

その後京都についた剣心は、操の実家「葵屋」に逗留します。しかし、その葵屋は実は幕府御庭番衆という裏の顔を持っていました。そこで剣心は葵屋の翁に、「逆刃刀」の生みの親である「新井赤空(あらいしゃっくう)」の居場所探しを依頼します。しかしすでに赤空は死去し、息子の「青空(せいくう)」は刀作りをやめていました。 そんな時、青空の赤ん坊が拉致されてしまいます。剣心は、青空から赤空が最期に作った刀を託され、無事その赤ん坊を助け出します。そのとき託された刀は「逆刃刀の真打」。剣心の後を追って、仲間の左之助、さらには薫も弟子の弥彦を伴って京都に向かっており、剣心と薫・弥彦はこの時に合流します。

るろうに剣心 京都大火編のネタバレ-4:志々雄の本当の狙いは?!

いよいよクライマックス。志々雄一派が深夜の京都を襲います。その情報を警察や葵屋も事前に得ており、剣心は旅の途中で出会った元新撰組の「斎藤一」や警察隊・左之助・薫・弥彦とともに、京都を炎に包もうとする志々雄の配下達と戦います。 その決戦の最中、葵屋には御庭番衆のリーダー「四乃森蒼紫」が戻っていました。蒼紫は剣心との闘いを臨みますが、翁は剣心を狙うことをやめるように説得します。

しかし、蒼紫は聞き入れず、翁と蒼紫2人は対決します。その結果、操の目の前で蒼紫が翁を殺害します。呆然とする操に蒼紫は「かつての四乃森蒼紫ではない」と言ってその場を立ち去ります。剣心達は志々雄の影武者などを倒し優勢に戦いますが「あまりにあっけなさすぎる」と違和感を感じます――そして、志々雄の真の目的は京都ではなく東京であることに気づきます。そんな時、薫は宗次郎に連れ去られてしまいます。追いかける剣心は、志々雄が乗る巨大船にたどりつきます。薫を取り戻そうと志々雄と対決する剣心ですが、薫が真夜中の海に放り込まれるのを見て、助けるために海に飛び込みます。 薫の安否はわからないまま、剣心も浜辺に打ち上げられ気を失っています。その剣心を謎の人物が助けるシーンで幕を閉じます。

るろうに剣心 京都大火編の作品情報

るろうに剣心 京都大火編のジャケット写真
レンタル開始日
2014/12/17
監督
大友啓史
キャスト
佐藤健、武井咲、伊勢谷友介
上映時間
139分
GEOで購入!
るろうに剣心 京都大火編のユーザ評価

評価数:22870件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • マンガるろ剣を、完全に実写化してて、マンガファンも大納得の映画です! 映画館で観てたけど、何度でも観たくなる一本です
  • 日本の映画にしてはクオリティが高い一番お勧めできるもの 戦闘シーンに至っては臨場感あふれるものになってる!邦画では一番おすすめ!
  • るろうに剣心なかなか面白かったです。日本映画も良いのありますね。最後まで飽きずに観られます。お勧めします。

後編に当たる「るろうに剣心 伝説の最期編」もチェック

「京都大火編」は、剣心が薫を助けるために海に飛びこむものの気を失い、砂浜に流れ着いた剣心を謎の男が助けるというラストで終わります。その謎の男の正体は、剣心の師匠「比古清十郎」であることが、後編となる「るろうに剣心伝説の最期編」で明らかになります。比古の元で修行を積み、志々雄との再戦に臨む剣心。死んだと思われていた薫が生きていたり、剣心が明治政府によって斬首されそうになったり、志々雄一派との死闘を描くアクションシーンが「京都大火編」をさらに上まわっていたりと見所満載です。「京都大火編」を見たら、「伝説の最期編」も絶対チェックしたくなるでしょう。

るろうに剣心 伝説の最期編の作品情報

るろうに剣心 伝説の最期編のジャケット写真
レンタル開始日
2015/01/21
監督
大友啓史
キャスト
佐藤健、武井咲、伊勢谷友介
上映時間
135分
GEOで購入!
るろうに剣心 伝説の最期編のユーザ評価

評価数:23483件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 佐藤健の演技、アクション、感動しました。共演者の方のアクションもかなりのもの。何度観ても飽きません。
  • 戦闘シーンは本当に圧巻!臨場感、ハラハラ感たまんない、めっちゃおすすめ、ストーリもさることながらこれはあたりの映画だと思う
  • また見たくなってレンタルしました。最後の志々雄真実との戦闘シーンは笑ってしまうほど豪華!

参考URL
・youtube.com