アオハライドのジャケット写真

<簡単な解説>
2011年より『別冊マーガレット』で連載され2014年にはアニメ化もされた咲坂伊緒の人気漫画を、「僕等がいた」「ソラニン」など数々の青春恋愛映画を手がけてきた三木孝浩監督が映画化。中学時代にお互い淡い恋心を持ちながら別れ別れになった双葉と洸が高校で再会し、恋や友情などにぶつかっていく。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

大好きだった初恋の相手と再会!

友達の前では恋愛経験がなくガサツに振る舞っている主人公「吉岡双葉」。友達には隠している初恋があります。それは中1の夏休みに夏祭りに一緒に行こうと三角公園に初デートの約束をしていた相手「馬渕洸」です。洸は両親の離婚で姓が田中から馬渕になっていました。

初恋の相手の突然の出現にドキドキする双葉。高校生活ではなるべく目立たないように生活していた双葉でしたが、かつての双葉と似た境遇で女子からハブられているクラスメイトの「悠里」が気になりつつも、友人の手前本音が言えません。その日パンの購買で事件が起こります。双葉は万引き犯に間違えられますが、洸の言葉によって救われます。しかし今度は友達と言い合いになってしまい、友情関係にヒビが入って落ち込んでしまいます。

※双葉は少し天然系?と思うシーンがいくつかあります。洸の件に関しても何回も田中君と旧姓で洸を呼んでいます。のちにクラス担任の田中先生と兄弟であると判明するのですが、洸はそれを秘密にしておきたかったのではないでしょうか。ただ、双葉もこの地点ではかつての「田中洸」と築くはずだった中1の時間を取り戻したいと思っていたのかもしれませんね。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Y1tE1rTP8OA

もつれ合う運命の赤い糸

友達とは疎遠になったけれど、まだ学生生活をあきらめたくないという想いからイベントリーダーに立候補。洸と洸と仲良しの小湊、悠里、クラス担任の田中先生が好きな少し落ち着いた雰囲気の修子が立候補。双葉はリーダーとしてみんなの意見をうまくまとめることができません。リーダー研修で双葉に好意を持つ6くみの菊池君にアプローチされるも、双葉は悔しいばかりです。2人で話していると、みんなも意見を持ち合ってきて無事合宿が終わります。学校生活に戻って、悠里が洸のこと好き、と聞いた地点で双葉は自分の気持ちが言えません。

洸とのやり取りの中でも意識しないように、「絶対好きじゃない!」と思い込もうとしながらも前髪や骨ばった手とか好きなパーツを見てしまいます。

双葉の様子に洸は双葉の自分への気持ちを確認したのか「オレのこと、好きだろ?」、ときいて大げんかに発展しますが、無事に仲直りします。双葉はそのあと、悠里に自分も洸が好きだと本音を伝えます。「オレの中で昔のオレを探すなよ。」とよく言っていますが、のちに学園祭の逆転メイドカフェに突如現れるライバル「成海唯」の容姿が昔の双葉に似ていて双葉はびっくりしたのではないでしょうか。

双葉は洸の兄である田中先生から、母親の死が肺がんで、ひとりで母親の死に立ち向かっていたことを知り、何とかして洸を救い出そうと決意します。2度目の夏祭りデートの約束は、理由を告げられず約束は破られます。夏休みが明けに洸に冷たくされ、がっかりしている時にタイミングよく表れる菊池君。女子なら一度は言われてみたい正統派の口説き文句にたびたび心が動かされます。双葉は学園祭で菊池君のライブに呼ばれます。ステージの方へ飲み込まれていく双葉を見た洸は慌てて双葉を追いかけるのですが・・・。洸にファーストキスをなかったも同然と言われ腹を立てる双葉。

※それにしても、双葉も唯もどちらも友達と表現してしまう洸がちょっとズルく感じてしまいます。

過去の自分の姿が重なる

双葉と洸が離れて暮らしていた時に長崎で仲良くなったのが成海唯です。唯の家も離婚してシングルファーザーで育てられて、昔の洸と境遇が似ており、唯は洸のことが大好きです。洸に会いに来て、頼りにしていた母親に見捨てられ警察にいると田中先生から洸が呼び出されてしまいます。。洸を失いたくない唯は、双葉に対して「洸ちゃんしかおらんけぇ!うちとおると洸ちゃんの時間止まるって押しつけんとさぁ!」と言ってしまいます。

※長崎での昔の双葉の影を追う洸の生活を見て痛いほど洸の本命の相手を知っている唯は引き裂かれそうな気持になっているのではないでしょうか。

かつての「声」を取り戻す

ついにちゃん告白した双葉。残念ながら、洸の返事はNo。双葉を好きなのに洸は双葉を振ってしまいます。過去の自分と昔の双葉の容姿に似ている唯を放っておけない。さらに死に向かう母親を救えなかった無力な人間は大好きな人を幸せにできない、と思い込みます。

洸とマブダチの小湊は「成海っちに無理やり同調すんな!」とスパっと洸に言ったり、修学旅行先を唯のいる長崎にしようと交渉したり奔走する友達想いのいい奴です。それを知ってか知らずか洸は双葉の告白を振っておきながら、双葉にアプローチする菊池の邪魔をしようとします。洸は長崎に帰ることによって、自分の気持ちにはっきりとケリをつけることができ、唯を振ります。唯も双葉に「洸ちゃんの時計を動かしてあげて」と洸の気持ちの行く末を案じています。

最後に稲佐山で朝日を見届けながら、洸は昔はいじめから、今は母親の死から自分を救ってくれたヒーロー双葉への純粋な想いを告白してハッピーエンドで締めくくられます。

アオハライドの作品情報

アオハライドのジャケット写真
レンタル開始日
2015/06/10
監督
三木孝浩
キャスト
本田翼 東出昌大 新川優愛
上映時間
122分
GEOで購入!
アオハライドのユーザ評価

評価数:12236件 
評価 :★★★☆☆(3.6/5) 

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 恋心を抱いた彼が約束をすっぽかし、突然目の前からいなくなった。四年後再会したとき、彼はすっかり笑顔が消えて人が変わっていた。彼に寄り添い失われた時間を取り戻そうとひたむきに努力するヒロインの葛藤が上手く演じられていました。良かったです。
  • 馬渕洸(東出昌大さん)、吉岡双葉(本田翼さん)の恋は見てて羨ましいと思いました。高校生活アオハライドの映画のような青春を送ることが無かったので、羨ましい限りです(笑)恋の三角関係を見ててキュンキュンしました!観てない方は是非一度、観て下さい!
  • とても良い映画です。漫画も全て読んでから見たのですが、しっかりと内容に沿っていて、かつキャストの皆さんが登場人物に本当にそっくりなので、アオライドのファンとしてはとても面白い映画でしたね!

参考URL
・youtube.com