アメリカン・スナイパーのジャケット写真

映画「アメリカン・スナイパー」は実話(自伝)を元に作成された映画。戦場で迫られる非情な決断や戦争が終わった後も追いつめられる姿は、人間とは何か?戦争とは何か?について考えさせられることでょう。心痛ましいネタバレを早速公開いたします。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

アメリカン・スナイパーのネタバレ・あらすじ:クリスはアメリカ海軍に入隊する

幼い頃から父に狩猟を教わっていた「クリス・カイル」は、父から一流のハンターになれると褒められていました。大人になったクリスは、30歳近くになるまで牧場使用人として働いていました。

しかし、1998年に起きたアメリカ大使館連続爆破事件をテレビで知ったクリスは、自分に出来ることはないかと考えアメリカ海軍入隊を決意しました。30歳近くでアメリカ海軍に入隊したため始めは周りの人に馬鹿にされていたクリスでしたが、優秀さが認められてアメリカ海軍の特殊部隊であるネイビー・シールズへの所属が決まりました。辛い基礎訓練を終えた後の射撃訓練では、クリスの射撃の腕が認められます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=7yW5JJGA6xM

アメリカン・スナイパーのネタバレ・あらすじ:結婚。そして初めてのイラク戦争派遣

クリスが射撃訓練をしていた頃の2001年、バーで出会った「タヤ」という女性に一目惚れします。始めのうちはネイビー・シールズの男性とは付き合わないと決めていたタヤでしたが、次第にクリスに惹かれ始め、2002年に2人は結婚しました。

その頃、2001年に起きたアメリカ同時多発テロ事件がきっかけで、イラク戦争が始まっていました。クリスは結婚式を挙げた直後に第1回目の派遣へ行きました。クリスは、戦車の近くで怪しい動きをしている子どもと女に気付きます。子どもと女を撃ちたくないクリスは、観察を続けながら何もしないでくれと願っていました。

しかし、クリスの願いも虚しく、2人は手榴弾を持って戦車に向かってきたためその子どもと女を撃ち、戦車を守った功績が認められます。それからも、8人の狙撃を行ったクリスは、味方から「伝説」と呼ばれるようになり、敵からは「悪魔」と恐れられるようになりました。

アメリカン・スナイパーのネタバレ・あらすじ:父親と最重要指名手配人

クリスは第1回派遣を終えて、アメリカに帰国します。定期健診を終えて帰宅途中だったタヤは、急に産気づき病院へ引き返し、無事に男の子を出産しました。父親となったクリスは、イラクへ第2回目の派遣へ向かいます。そこで、クリスは懸賞金18万ドルの最重要指名手配人になっていました。

潜伏先であった民間人宅の主人が怪しいと感じたクリスは、トイレと言って席を立ち、家の中を捜索。クリスの感は当たり、床下にあった大量の重火器を発見したため、その家の主人を逮捕しました。

第3回目の派遣では、帰国したらプロポーズすると言っていたクリスの同僚「ビグルス」が頭部を狙撃されてしまいます。幸い命を取り留めたビグルスでしたが、顔の半分を損傷してしまいました。

それからも、敵のアジトである建物へ行った際に、クリスの仲間である「マーク」が上方から狙撃されて亡くなってしまいます。少しずつ精神的に追い詰められていくクリスを心配したタヤは、戦場行きを反対します。しかし、クリスは自分のライバルである狙撃手との決着をつけるために、また戦場へ向かいます。

アメリカン・スナイパーのネタバレ・あらすじ:PTSDと衝撃の結末

クリスは、4回目の派遣で無事にクリスのライバルである狙撃手と仕留めます。これからは愛する家族のために生きると決意し、2009年に退役したクリスですが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみます。タヤの勧めでテキサスの田舎で生活を始めたクリスは、軍の医師のカウンセリングを受けるようになり、少しづつ元の平和な日常を取り戻し始めました。

そして、クリス自らPTSDに苦しむ元兵士たちのセラピーを手伝うようになります。しかし、2013年の2月に元海兵隊員を連れて射撃場へ向かったクリスは、その元海兵隊員に射殺され、エンドロールが流れます。クリスは、わずか38歳でこの世を去ってしまいました。

アメリカン・スナイパーの作品情報

アメリカン・スナイパーのジャケット写真
レンタル開始日
2015/07/08
監督
クリント・イーストウッド
キャスト
ブラッドリー・クーパー(クリス・カイル)、シエナ・ミラー(タヤ・カイル)
上映時間
132分
GEOで購入!

戦争映画をご紹介!

2015年に公開された「アメリカンスナイパー」は、アメリカで公開された戦争映画の中でも史上最高となる興行収入額を突破しました。「アメリカンスナイパー」に並ぶアメリカの有名戦争映画と言えば「プライベートライアン」です。日本では1998年に公開された「プライベートライアンは、第2次世界大戦のノルマンディー上陸作戦が舞台となっています。

オススメ作品情報

プライベート・ライアンのジャケット写真
レンタル開始日
2002/03/22
監督
スティーヴン・スピルバーグ
キャスト
トム・ハンクス(ジョン・H・ミラー大尉)、エドワード・バーンズ(リチャード・ライベン二等兵)
上映時間
169分
GEOで購入!

参考URL ・youtube.com