イエスマン 「YES」は人生のパスワードのジャケット写真

人生に後ろ向きだった男が、常に イエス と言うルールを自分に課したことから騒動が巻き起こるハートフル・コメディ『イエスマン 「YES」は人生のパスワード』。監督は「恋は邪魔者」のペイトン・リード。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:ペイトン・リード
原作:ダニー・ウォレス
出演:ジム・キャリー(カール・アレン) ゾーイ・デシャネル(アリソン) ブラッドリー・クーパー(ピーター) ジョン・マイケル・ヒギンズ(ニック) テレンス・スタンプ(テレンス・バンドリー) リス・ダービー(ノーム) ダニー・マスターソン(ルーニー)

口を開けば「NO」のカール

銀行の融資窓口で働くカール(ジム・キャリー)は、仕事でもプライベートでも周りからの依頼・誘いを、全て「No」と断る生活をしています。面倒くさがりで懐疑的、そのため3年前に妻ステファニーとも離婚しています。今も彼女に未練を残し心に傷を抱えたカールは、学生時代からの親友ピーター(ブラッドレイ・クーパー)の婚約パーティーもすっぽかしてしまいました。パーティー後、カールのアパートメントにやってきたピーターに、バレバレの嘘を言い訳するカール。

ピーターにとっては一生に一度の大切なパーティーです。怒ったピーターは「このままじゃ孤独死だぞ!」と言い捨てて帰りました。その夜カールは、自分が孤独死している夢を見ます。不安になったカールは、先日ニックが渡していった自己啓発セミナーのパンフレットを見ました。

※さすがジム・キャリー、最初からコメディタッチで笑わせてくれます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=c6RUU43Q2TY

自己啓発セミナー「YESの会」

自己啓発セミナー「YESの会」で人生が変わったと、ニックは言っていました。とりあえずセミナーに参加してみたカールでしたが、そのセミナーは講師の問いかけに参加者が全て「YES」で答える、まるで新興宗教のような怪しいものでした。カールは逃げたくなりましたが、ニックが初参加者として講師に紹介したことから注目されてしまいます。カールに向かって講師テレンスは言います。「人生にNOと言えば死んだも同然。これからは全ての決断に、YESと答える誓いを立てなさい。」

誓いを破ると災いが起きると脅され、カールは無理やり誓約させられました。NOと言えないことから図々しいホームレスを車に乗せ、携帯を好きなだけ使わせ、お金も全部渡す羽目になります。そして車はガス欠で動かなくなりました。

※この自己啓発セミナー、本当に怪しい。そして、それを狙ってやってくるホームレス、実際にありそうな話ですよね。

「YES」と言えば良いことがある?

最悪だとぼやきながらガソリンスタンドまで歩き、ガソリンを予備タンクに入れるカール。そこに魅力的な女性ライダー・アリソン(ズーイー・デシャネル)が現れます。アリソンはカールを、バイクで車まで送ってくれました。そしてキスまでしてくれたアリソン、カールはYESと答えると良いことがあると思い始めます。

これまでNOと断っていた融資、誘い全てYESと答えるようにすると、不思議なことに何でも好転していきました。YESと言ったおかげで習うことになった韓国語、ギター、セスナの操縦ですが、友達の結婚式や人助けで役に立ちます。融資件数を増やしたおかげで昇進も叶い、重役にまでなりました。そして何より、アリソンと再会できました。そして二人で楽しく過ごすうちに、お互い惹かれあっていきます。

※アリソン役のズーイー・デシャネルが可愛い!そして無理やりでもYESを言い続けると、人生が変わっていくんだなと思えます。

無条件に「YES」と言い続けたための災難

ある日カールはアリソンを無計画旅行に誘い、一番早い飛行機に搭乗手続きをしました。行先はネブラスカ、行き当たりばったりの旅でも楽しめてしまうカール。アリソンはカールに「あなたを愛してしまったの、戻ったら一緒に暮らさない?」と言います。

一瞬迷った後、カールはYESと言いました。しかし楽しい旅行からの帰り、カールは空港でFBIに連行されてしまいます。これまで習った韓国語やイラン人花嫁紹介などから、テロリストと疑われたのです。友達のピーターが駆け付け釈明してくれたおかげで、カールの疑いは晴れました。

しかし「YESの会」の誓いを知ったアリソンは、怒って別れると宣言しました。「一緒に暮らさない?と言った時答えを躊躇ったのは、本心がNOだったからなのね。」

※行き当たりばったりの旅って魅力的ですね。それができるには、心の余裕が必要かもしれません。

大切なのは本心からの「YES」

カールはステファニーとの離婚で恋に憶病になっていましたが、アリソンを心から愛しています。アリソンを失ったカールの毎日は、火が消えたようです。毎日アリソンに電話をかけ続けますが、無視されます。ある日、彼と喧嘩して落ち込むステファニーから、カールに電話が入りました。よりを戻したいと誘うステファニー、カールはNOと答えましたが、その途端にエレベーターが止まったり駐車違反切符を切られたり、災難が続きます。

カールは「YESの会」テレンスの車に乗り込み、誓約をキャンセルしたいと伝えます。すると再び事故にあい、病院に担ぎ込まれます。「YESの会」の呪縛を恐れるカールに、テレンスは言いました。「YESを本心から言えることが大切で、NOと言ったから災いなんて起きない。」

吹っ切れたカールは病院着のまま抜け出し、アリソンのもとに駆け付けます。そして自分に自信がなかったことなど全てを告白し、心から愛していると伝えました。カールの告白を受け入れたアリソン、二人は心から分かり合うことができました。

※ジム・キャリーの魅力が全開の作品、とにかく面白いです。この映画は実話に基づいて作られた作品です。情報が入りすぎる現代だからこそ、無条件にYESと言える心の豊かさが必要なのかもしれませんね。

イエスマン 「YES」は人生のパスワードの作品情報

イエスマン 「YES」は人生のパスワードのジャケット写真

レンタル開始日
2009/08/26
監督
ペイトン・リード
キャスト
ジム・キャリー(カール・アレン) ゾーイ・デシャネル(アリソン) ブラッドリー・クーパー(ピーター)
上映時間
104分
さらに詳しく見る>
イエスマン 「YES」は人生のパスワードのユーザ評価

評価数:4053件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • イエスマンとなる事で人生が明るくなる主人公を見ているだけで、幸せな気持ちにさせてくれる。後半に訪れる幸せのためのイエスを主人公がどう選択するかを自分にも置き換えながら楽しめた。
  • なんでもイエスと言って、人生突き進むことで、自分自身で不幸を招いてしまう。。うまくいく人生や、うまく行かずにもどかしいこと、上手に描かれていて、感情移入してしまった。幸せな温かい気持ちで観れる。よかった!
  • 落ち込んでいるとき、悩んでいるとき、暗い気持ちになっているときなど、気分を上げたいときに是非観て欲しい作品です!NOマンからYESマンに変わるとこんなにも人生が楽しくなるんだ!と前向きな気持ちにさせてくれます!ジャーニーの着信音で始まる冒頭からもう面白い!笑 ジムキャリーのぶっ飛んだ感じがホント面白い!笑

爆笑コメディ『マスク』もオススメ!

ジム・キャリーといえばコメディ。彼の代表作1994年公開映画「マスク」は、ジム・キャリーをトップ・コメディアンに押し上げた大ヒット映画です。
お人好しで冴えない銀行員スタンリーは、窓口に来た美女ティナに一目惚れします。ある日、ゴミを水難者だと間違えて飛び込んだ川で、不思議なマスク・ロキの仮面を拾いました。その仮面をつけたスタンリーは、顔面緑色の超人「マスク」に変身。本来スタンリーは真面目な性格ですが、「マスク」に変身した彼は、ハイテンションでやりたい放題。高嶺の花だったティナとも恋に落ちていきます。この映画でティナを演じるのは、その後一躍有名になるキャメロン・ディアスなんですよ。

マスクの作品情報

マスクのジャケット写真

レンタル開始日
2005/04/08
監督
チャールズ・ラッセル
キャスト
ジム・キャリー(スタンリー) キャメロン・ディアス(ティナ) ピーター・リーガート(ケラウェイ) ピーター・グリーン(ドリアン)
上映時間
101分
さらに詳しく見る>
マスクのユーザ評価

評価数:2585件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • キャメロン・ディアスの初作品、みんなで笑える最高の映画です。吹き替えの山寺宏一さんがとても良い味を出してます。昔テレビで見た吹き替えの方が好きです。
  • 何度も何度も見れるね!キャメロン・ディアスのデビュー作品だなんてほんと思えないけれど、犬はあれはリアルにあんな芝居をしているのかな?天才すぎる。
  • 観ていて、とにかく楽しい気分になりました。ジムはかっこいい、そして、キャメロンは美しすぎますね。最後、イプキスはどうなってしまうのだろうかとハラハラしましたが、いいエンディングだったと思います。ワンちゃんがすごくかわいい

参考URL
・youtube.com