イニシエーション・ラブのジャケット写真

タイトル「イニシエーション・ラブ」とは「通過儀礼の恋愛」という意味。side-Aとside-Bに分かれたストーリーを追っていくと、なぜ通過儀礼なのかが明らかになります。ジャケットの『最後の5分全てが覆る。あなたは必ず2回観る』にも納得するはず!それでは気になるネタバレをどうぞ最後までお楽しみください。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:堤幸彦
原作:乾くるみ
脚本:井上テテ
音楽:ガブリエル・ロベルト
出演:松田翔太 前田敦子 木村文乃 森田甘路 

冴えない男「夕樹」が出会った天使「繭子」

物語の始まりには、カセットテープの【Side-A】の表記。女性経験のない「夕樹」は合コンで清純そうな美女「繭子」にひとめぼれ。夕樹には高嶺の花に思われた繭子ですが、グループでの海水浴デートや本の貸し借りを通じて少しずつ関係性を深めていきます。

モテない夕樹にも驚くほど優しい繭子は、夕樹の誠実さを見初めてくれたのか、なんと交際を始めることに。しかし、どこか天然風で不思議な印象のある繭子は、例えば「夕樹」の名前をカタカナになぞらえて「たっくん」と呼んだり、便秘で一泊入院したりと少し変わった行動が見受けられます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=FSYM0o0jZ5M

滞りなく進む2人の恋愛物語

そんな不思議な行動は置いておき、とにかく可愛い繭子に夕樹はぞっこんです。眼鏡をとってコンタクトレンズにすることや、車の免許をとることを勧められるがままに繭子色に染まっていきます。そしてとうとう、体の関係を持つことにも成功。お互い初めてということで不器用ながら何とか結ばれる2人。全てが順風満帆に進む2人の関係が、実に平凡に描かれていきます。

繭子は夕樹には似合わないスニーカーを贈るなどやはり少しずれた行動が目立ちますが、それも恋の前には許容範囲です。やがて、クリスマスが近づき、夕樹は意を決して有名なホテルの予約をとります。奇跡的にクリスマスの一晩を予約できた2人は、幸せな夜を夢見て冬の街の中待ち合わせをするのでした。

「たっくん」の激変と第二の恋物語

【Side-B】の表記とともに裏返されるカセットテープ。長身細身の超イケメン「たっくん」は、就職先での成績が優秀だったため東京へ異動になります。交際している静岡の繭子とは遠距離恋愛になりながらも定期的にデートを続けますが、金銭的にも体力的にも限界に。その頃繭子は「たっくん」の子供を妊娠しますが、心が離れかけていた「たっくん」から堕胎を迫られ、泣く泣く出産を断念します。

一方、「たっくん」は東京の職場で出会った女性からのアプローチもあり、都会的な交際へとシフト。最初は繭子に秘密で東京の女性と二股をかけますが、とうとう名前を呼び間違えたことから関係がばれてしまい、2人は破局してしまいます。

静岡のホテルでの待ち合わせで!?

繭子とのクリスマスを考えて予約していたホテルをキャンセルした「たっくん」ですが、浮気した自分の恋心がどこにあるのかという葛藤で心は揺らぎます。電話した繭子があまりにも自然に「たっくん」と自分の名前を呼んだため、クリスマスの予定がなくなったことを認識できていないのでは…?という不安に駆られ、とうとう「たっくん」は静岡のホテルへ。

するとそこには繭子が別の男と待ち合わせているのを目撃します。ここで、【Side-A】と【Side-B】で描かれていた繭子の相手は別の男であったことが判明。

二股をかけていたのは「たっくん」だけでなく、繭子も同様でした。繭子は名前を呼び間違えないよう夕樹を「たっくん」と呼び、東京に行って心が離れていく本当の「たっくん」との別れに向けて密やかに準備していたのです。

「お互い通過儀礼としての恋愛だったわね」と言わんばかりに微笑む繭子――同じタイムラインでいかに彼女がバレずに二股をかけていたかが、ラストの5分で種明かしされます。

イニシエーション・ラブの作品情報

イニシエーション・ラブのジャケット写真

レンタル開始日
2015/12/02
監督
堤幸彦
キャスト
松田翔太、前田敦子、木村文乃
上映時間
110分
さらに詳しく見る>
イニシエーション・ラブのユーザ評価

評価数:20112件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 二回見たくなる!なんて言うから構えてしまった。逆に言われなかったら二回見てしまったんだろうな。まんまと一杯喰らいました。面白かった、推理ものとして。
  • 前田敦子さんが可愛かった。その可愛さだけでアウトだよね〜。仕方ないよね〜。でも、怖いよね。途中ホラーかと思った。中盤からあれ?って思ったけど、思ってから最後どうなる?とドキドキ。もう一回観る‼️
  • どーせハズレだろうと思って諦め半分で借りて面白すぎて9回は観ました。何度見ても面白い。よく出来ている。小説も読みたくなった。

冴えない男つながりの『LIFE!』もオススメ!

最後のどんでん返しでしてやられた、と脱帽する『イニシエーション・ラブ』は、その展開の突飛さと複雑な構成から2度見たくなる映画として話題になりました。『イニシエーション・ラブ』の魅力は、様々なシーンで二つの物語を繋ぐ伏線が見事に張り巡らされており、それらに気付いて見るとより一層楽しめる所です。時系列に沿って並べると、繭子のセリフや行動が裏面の物語に通じていることがわかり面白くなります。『LIFE!』も一見冴えない男が自分を見つけ出すロードムービーとして描かれていますが、物語の主軸となる”カメラマン・ショーンを追う”というミッションについて、様々な伏線とアッと驚く展開が待ち受けています。1度目はなんてことなく見過ごしていたポイントが、実は大切な伏線になっていた…と2度目に見ると頷けるシーンがたくさん眠っています。何度見ても楽しめる奥深い映画として、『LIFE!』もぜひチェックしてみてください。

LIFE!の作品情報

life!ライフのジャケット写真

レンタル開始日
2014/08/02
監督
ベン・スティラー
キャスト
ベン・スティラー(ウォルター・ミティ)、クリステン・ウィグ(シェリル・メルホフ)
上映時間
115分
さらに詳しく見る>
LIFE!のユーザ評価

評価数:14356件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 真面目で、慎重な男。だけど、人生は何が起きるか分からない。そんな物語に、人生の目的を見つめ直す。LIFE!という言葉が浮かび上がる、音楽に心を滲ませる。
  • コメディもあり ドキドキした冒険アクションもあり 人間的なドラマもあるそんな素敵な作品でした。映像や音楽もとてもよく感動を誘います。個人的に邦題のシンプルな『LIFE!』も好きです。主人公のウォルターの人生を自分と重ねてしまう人も多いだろうし、ウォルターと一緒に冒険、成長しているような感覚がとても面白かったです。
  • 映画を観終わって、エンドロールが流れると同時に心の中が暖かくなりました。言葉にするのは難しいですが、そんな温もりが欲しい時にオススメの映画です。

参考URL
・youtube.com