**作品名**のジャケット写真

「スター・ウォーズ」シリーズのジョージ・ルーカスと、「ジョーズ」「プライベート・ライアン」のスティーブン・スピルバーグが手を組んで、考古学者であり冒険家であるインディ・ジョーンズの活躍を描くアドベンチャー・ロマンの第4作。前作から19年振りの新作となり、米ソの冷戦時代を舞台に、これまでのシリーズを総括する内容となっている。

監督:スティーヴン・スピルバーグ、脚本:デヴィッド・コープ、音楽:ジョン・ウィリアムズ、出演:ハリソン・フォード(インディ・ジョーンズ) ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ) 

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

狙われた謎のミイラ

アメリカ・ネバダ州にある米軍基地エリア51が、ソ連軍率いるイリーナ・スパルコ大佐に襲撃されました。スパルコ大佐は、拉致したインディとマックをトランクから引きずり出し、10年前ロズウェルで発見されたミイラを探すよう命令します。

インディは、積み上げられた無数の木箱の中から、強い磁気を帯びているコンテナを探し出しました。「1947年ロズウェル」と書かれている木箱を開け、中身を確認するスパルコ大佐。インディは、ソ連兵の隙を見て銃を奪うとそのうちの1丁をマックに渡し、スパルコ大佐を人質に取り銃口を向けます。

しかし、マックの銃口はインディに向いていました。仲間のはずのマックは、大佐に金で買収されており、インディを裏切ったのです。再びインディは、大佐とマックの隙を狙ってジープを奪い、街へ逃げ込みました。ところが、その街は原子爆弾の実験場として作られたサンプルの街――しかも間もなく実験が始まるところでした。インディは、寸でのところで冷蔵庫の中に入り、九死に一生を得ます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2kJ5eMXAkyk

クリスタル・スカルを巡る拉致

その後、インディはFBIから尋問されソ連軍に協力したとして、米国へのスパイ容疑を掛けられてしまいます。しかし、将軍がインディの身元を保証して釈放。なんとか大学に戻ったインディでしたが、FBIの圧力により無期限の休職となってしまったのです。

祖国の対応に失望したインディは外国に行く決心をし、列車に乗り込みました。すると、バイクに乗った青年が、列車に乗ったインディを探しにきます。彼はインディの友人オックスリーの知り合いマット・ウイリアムでした。

マットが語るには「オックスリーは、本物のスカルを見つけるため、黄金都市のアケトーに赴いたが、マットの母マリーがオックスリーから届いた手紙の内容が変だったため、オックスリーの様子を見に行った」「しかし、マリーはソ連軍に捕まり『スカルを渡さないと殺す』と脅されてしまった」「なんとかソ連軍の隙を見て逃げ出したマリーは、マットにインディに助けを求めるよう電話で指示を出してきた』とのことでした。

マットはインディの2世だった!

マットから状況を聞くも、KGBはマットを尾行していました。そしてオックスリーからの手紙を渡すよう脅されますが、インディはマットのバイクに乗って逃走しKGBを振り切ります。

逃げのびたインディは、オックスリーの手紙を解読し、彼がスカルを隠した場所:ナスカに向かいました。インディは、オックスリーが残した手紙の手掛かりから、16世紀のスペイン探検家の墓地を探りあて、スカルを発見することに成功します。ところが、ここにもKGBがいました。スカルを発見した直後に、インディはKGBに捕らえられてしまいます。

そして、アマゾン川流域に構えるソ連軍のキャンプに連れて行かれ、そこでオックスリーと再会しました。しかし、オックスリーはスカルを見つめ過ぎて、気がふれてしまったのです。

スパルコ大佐は、スカルからの情報を引き出すため、インディにも同じことを迫った時、マットの母が連れてこられます――が、なんと彼女は「レイダース失われたアーク」でインディと婚約後、ケンカ別れしていたマリオン・レイヴンウッドだったのです。そして、インディはマットが自分の子であることを明かされます。

無限の知識を有するスカルの正体!

スカルをアケトーの神殿に戻すと、神秘的な力を得られるという伝承により、アケトーに連れていかれることになったインディたち。しかしその道の途中、インディが軍用車を盗み脱出を試みます。カーチェイスの末、スカルとオックスリーを取り返し、一同はアケトーを目指します。

そして、3回も滝に落ちたところでアケトーの入り口を見つけ、さらに道を進むと、スカルと同じ形をしている神が描かれた壁画がありました。

神殿の扉を開けた先には、13体のクリスタルのガイコツが円形に座っています。しかし、真ん中のガイコツには頭の部分がありません。そこへ再びスパルコ大佐が現れ、スカルを真ん中のガイコツに戻し、全ての知恵を見たいと願うと、突如神殿が崩れ始め、巨大なUFOが出てきたのです。

ソ連兵たちはUFOに飲み込まれていきます。そして、スパルコ大佐は膨大な知識を授けられますが全てを吸収しきれず、目から火を噴出して焼けてしまいます。

一方、インディたちは、アケトーから無事脱出し、オックスリーも正気を取り戻しました。その後インディは大学にも復帰し、マリオンと教会で式を挙げたのです。

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国の作品情報

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国のジャケット写真
レンタル開始日
2008/11/07
監督
スティーヴン・スピルバーグ
キャスト
ハリソン・フォード(インディ・ジョーンズ) ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ)
上映時間
122分
GEOで購入!
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国のユーザ評価

評価数:1422件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 以前から観たいと思っていた。最初、軍隊との充戦でどうなるのか中盤頃でようやくお宝がなんなのか息を飲む状態でした。最後の宇宙船が飛び立つシーンは雄大ですごかった。ラストも結婚式でハッピーエンドで良かった。
  • インディも年取ったなぁと少し感じたけどそれでもやっぱりカッコいい!!味がある演技に安定の面白い内容♪心は少年のようなインディ!やっぱ彼は憧れの人です!
  • 冒険ものの代名詞。インディーを見なくて、何を見る?インディーシリーズは他にも作品があるので、冒険アドベンチャーが好きな方は是非見てほしい。BOX買いました!他の三作品とはちょっと違った見方になる作品だと思います。

参考URL
・youtube.com