ウォーターボーイズのジャケット写真

ひょんなことから文化祭でシンクロナイズドスイミングを発表することになった男子高校生たちの奮闘と友情を描いた青春コメディ「ウォーターボーイズ」。今テレビや映画で大活躍している妻夫木聡や玉木宏も出演しており、ファンなら必見!それでは、男のシンクロという少し変わったストーリーのネタバレをどうぞ最後までお楽しみください!

監督:矢口史靖、脚本:矢口史靖、音楽:松田岳二 冷水ひとみ、出演:妻夫木聡 玉木宏 三浦哲郁 近藤公園 金子貴俊 平山綾 眞鍋かをり 竹中直人 杉本哲太 谷啓 柄本明

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

男ばかりのシンクロチーム誕生

唯野高校水泳部に一人だけ在籍する鈴木智は、高校最後の水泳記録会もひどい結果に終わり、失意の内に帰る途中でシンクロナイズドスイミングの大会を見かけ感動します。その後、唯野高校に赴任した美人教師佐久間が水泳部の顧問になったことで、水泳部への入部希望者が殺到し、鈴木一人しかいなかった水泳部は廃部の危機を乗り越えた、かに思えたのですが、なんと佐久間の専門はシンクロ。

文化祭でシンクロ公演をすることを佐久間が勝手に決めたこともあり、水泳部に残ったのは鈴木の他にお調子者の元バスケ部佐藤、その佐藤に片思いする早乙女(男です!)、マッチョになりたいひ弱な太田、カナヅチの秀才金沢だけでした。

さらに、あろうことか佐久間が産休に。シンクロ公演は絶望的になり、文化祭への出演をいったん辞める5人。プールは例年通りバスケ部の釣り堀に決まりましたが、周りに馬鹿にされ奮起した5人は再びシンクロ公演をやることを決意します。しかし時すでに遅く、プールには大量の魚が放たれていました。

磯村による奇妙なシンクロ指導

プールの魚を全部捕ればシンクロ公演をさせてもよいという挑発に乗り、5人は夜中のプールに忍び込み、さらにプールの水をぬいて魚を全て捕るという作戦に出ますが、うまくいくはずもありません。翌日、水泳部顧問の杉田に叱られ、しかも水道代と死なせてしまった魚の代金まで請求されます。

シンクロ公演のチケット代で弁償するため、猛練習の傍らチケット販売をしますが、佐久間がいないので見よう見まねのシンクロ練習ですし、チケットもオカマバーのママ達にしか売れません。

そうして、練習の成果を見せるために杉田や磯村達の前で発表会を行いますが、いきなりラジカセから出火し、佐藤の自慢のアフロヘアに引火したことから始まり、おぼれたり蹴り合いになったりとおよそシンクロとはほど遠いめちゃくちゃな内容にプールの使用中止が決定します。

その後、鈴木は予備校で知り合った桜木女子校の木内静子と水族館のイルカショーに行きますが、そこでイルカの調教師をしていた磯村と再開し、シンクロの指導を頼みこみます。それを引き受ける磯村。鈴木は早速ほかの4人を誘って水族館に来ますが、やることは水槽のガラス磨きなど雑用ばかり。実は磯村の目的は5人をただ働きさせることでした。

シンクロ公演!と思ったらまさかの火事!

しかしそのただ働きが奇跡的にシンクロ技術の向上につながります。例えばガラス磨きがスカーリングという水上に浮く手の動きにつながるなどです。ゲーセンに置き去りにされたときは、太田を中心にダンスで高いスコアも出しました。

そして、5人が海で練習している様子がニュースになって、そこから一気に有名になったことによって、学校側もシンクロ公演を認めざるを得なくなりました。

鈴木と静子も良い感じにつきあい始め、いったんは水泳部から去ったメンバーも戻ってきて、商店街も男ばかりのシンクロ公演に期待を抱き始めます。練習も、佐藤がムードメーカーになったり、太田がダンスを指導したり、金沢が複雑なフォーメーションを計算したりしながら順調に進んでいきます。

文化祭の前夜、静子とデートする鈴木は、唯野高校に火の手が上がっているのを目撃し、急いで高校に向かいます。幸い火事はたいしたことはありませんでしたが、消火のためにプールの水が使われてしまっていました。

シンクロ公演は超感動的!

シンクロ公演に給水が間に合わず公演中止かと思われましたが、土壇場の危機を救ったのが桜木女子校の文化祭実行委員。彼女たちは、女子校のプールを貸してもよいと提案し、男子シンクロ部員達は狂喜します。しかしなぜか鈴木だけは浮かない顔。

その理由は、鈴木が静子に自分がシンクロ公演をすることを恥ずかしくて隠していたからです。桜木女子校と唯野高校の文化祭は同日開催だったので自分がシンクロする姿を見られる心配はなかったのですが、桜木女子校で公演する以上、ばれてしまいます。

いよいよシンクロ公演開始直前。しかし、鈴木は静子に見られるのが嫌で「やらない」と言い出し、やむなく鈴木抜きでシンクロ公演が開始します。一人悩む鈴木の前に現れたのは磯村。彼の励ましで奮起した鈴木は、公演の途中からメンバーに加わります。

シンクロ公演はダンス、バク宙、泳ぎながら様々な図形を全員で描くなど練習の成果が順調にいき、早乙女が片想いの相手佐藤に抱きつくなどのサプライズも成功し、いよいよラスト、というところで鈴木の水着が脱げるという大ハプニング発生。

しかし静子がプールに投げ入れた「LOVE」の刺繍入りの水着を履き、3段櫓からの大ジャンプに成功します。そう、静子は鈴木がシンクロ公演をすることをとっくに知っていたのです。

ウォーターボーイズの作品情報

ウォーターボーイズのジャケット写真
レンタル開始日
2004/07/09
監督
矢口史靖
キャスト
妻夫木聡 玉木宏 三浦哲郁
上映時間
91分
GEOで購入!

評価数:1150件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 毎年、夏が来ると観たくなります。自分の小学生の子供にこんな青春をおくってもらいたいです。この映画には大事な事を沢山教えて貰った気がします。何度観ても胸が熱くなります。
  • プールに投げ込まれたチャレンジ精神の塊。シンクロナイズドスイミングに挑む劇中の男子高校生と、まだまだ挑戦者の頃の監督や若手俳優の気概が一つになって、エネルギー溢れる青春映画に。汗と涙と笑いの飛沫にびしょ濡れです。
  • 個性豊かな5人がシンクロ公演を目指し練習などに奮闘する姿を時にはコミカルに描いていて見ていて楽しかった。一番笑えたのが、中間発表の演技のシーン。でも、最後のシンクロには感動しました。

「スウィングガールズ」もチェックしよう!

ウォーターボーイズの監督矢口史靖氏が3年後に製作した、女版ウォーターボーイズともいえる作品が「スウィングガールズ」です。片田舎に住む女子高生達が、ひょんなことからジャズ演奏をすることになり、失敗やトラブルに見舞われながら最終的にはジャズ講演を成功させる、という青春コメディーです。シンクロと比べて派手さがないのでは?と思われる方は、その予想はよい意味で裏切られると思います。躍動感のある楽器演奏の動きと、最初は下手くそだった演奏が最後の場面では鳥肌が立つレベルまで上手になっていることとで必ず感動されるでしょう。

スウィングガールズの作品情報

スウィングガールズのジャケット写真
レンタル開始日
2005/03/11
監督
矢口史靖
キャスト
上野樹里 貫地谷しほり 本仮屋ユイカ
上映時間
105分
GEOで購入!
スウィングガールズのユーザ評価

評価数:1333件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 元気が出るウォーターボーイズみたいな作品。最後の演奏と観客との一体感は心を揺さぶられるが、あまりに短期間での成長ぶりが、リアルティを削ってしまっている風にも感じた。
  • 音楽の良さを再認識させてくれる作品だと思います。ちょっと上手く行き過ぎなのは気になりますが、主題とはズレるのでそこには目を瞑り映画に身を任せてスウィングしましょう。
  • 吹奏楽をやっていたことがあるので、このジャズ音楽を聴いただけで心が楽しくなります!!映画が出た当時は、どの学校の吹奏楽部もこのジャズの曲を演奏するくらい人気で、もちろん私も演奏したことがある思い出の曲です。 ただ言わせてもらうと、映画の中では楽器の上達が早すぎます(笑)短期間ですごく上手になっていますが、実際は時間をかけてコツコツ練習することで上手くなります。

参考URL
・youtube.com