エルサレム(2015)のジャケット写真

若いアメリカ人観光客がエルサレムを訪れ旅を満喫していたところ、地獄の門が開き、堕天使や不死の者たちが現れる・・・イスラエルの新鋭パズ兄弟によるホラー。登場人物の主観から撮影するPOVの手法で、エルサレムに突如訪れた恐怖を活写する。

監督:ドロン・パズ ヨアヴ・パズ、脚本:ドロン・パズ ヨアヴ・パズ、出演:ヤエル・グロブグラス(レイチェル) ヨン・トゥマルキン(ケヴィン) ダニエル・ヤドリン(サラ) トム・グラジアニ(オマール)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

兄を亡くした悲しみを忘れるため友人と旅行に行くサラ

「地獄への入り口」が砂漠、海そしてエルサレムにあるととある本に記載されていたことからある団体が調査していました。記載されていた聖書の原文や、写真などさまざまな証拠品も集めたものの、それを実際に見た人はいませんでした。

1972年、2人の神父が死んだ女性が生き返ったという証拠をフィルムに収めていましたが、そこには3つの異なる宗教の代表者が生き返った女性に悪魔祓いをし、最後に翼の生え化け物になった女性が銃殺される様子が映されていました。現代に場面は変わります。父親にスマートグラスを買ってもらって浮かれ気分だったサラでしたが、実は1年前に兄を亡くしていました。

友人のレイチェルと共に心の傷を癒すための旅行でニューヨークからテルアビブへと飛行機で向かいますが、機内でケヴィンという人類学者の男性と出会います。このケヴィンの提案でサラとレイチェルはケヴィンと共にイスラエルに向かった後、テルアビブへと向かうことにします。ホテルに着いた3人は上の階にある部屋に案内され、ケヴィンは1人で、サラとレイチェルは同室になりました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8XTVrf6SBD0

ダビデ王の警告を無視する3人

ホテルの部屋に着いて一休みしたら夜の町へと繰り出す予定が、疲れ果てて眠ってしまったサラは翌朝部屋で目覚めます。レイチェルの姿がなく、部屋を出ても誰もなく不安になりましたが、無事にレイチェルと合流したサラは街ホテルの屋上でケヴィンやレイチェル、宿屋の息子オマールと共にハシシを楽しみ酒場へと向かいます。しかしこのときサラはひったくりにあってしまい、現金などの貴重品は無事だったものの眼鏡を無くしてしまったため、この後はスマートグラスで過ごすことになります。

翌日午後9時過ぎ、おしゃれをしたサラとレイチェルはケヴィン、オマールと共に外出してパーティ会場へと向かいます。パーティの途中で一足先にホテルに戻ったサラとケヴィンでしたが、ケヴィンは闇サイトで見つけた復活した女性の映像をサラに見せ、死者が蘇るのかもしれないと言います。翌日は贖罪日で、朝レイチェルがサラに抱き着いたはずみでスマートグラスが落ち、調子が悪くなってしまいます。

贖罪日にテロが発生し化け物が現れる

市内の観光をしている最中、精神病院を見つけ、嘆きの壁などを見た3人は町で一番神聖な場所へとたどり着きます。ここでサラは亡き兄に会いたいと紙に書きました。そしてゼデキアの洞窟の中に入ると、悪魔のような翼をもった人の壁画を見ます。洞窟の説明を受けている最中にケヴィンの具合が悪くなりサラは一緒に地上へと出ます。

外に出たケヴィンとサラは何かがおかしいと気づき始め話し合い、翌日の夜テルアビブへと向かうことにしました。そのことをサラが部屋でレイチェルに話をしていると慌ててケヴィンが部屋に飛び込んできて「荷造りしろ」と言います。しかしそこへオマールとその父親が現れケヴィンをどこかに連れて行ってしまいます。

午後8時過ぎ、屋上から市内を見渡していたサラは突然戦闘機が町を爆撃する瞬間を目撃します。慌てて部屋に戻りレイチェルや他の宿泊客とテレビの前にいきます。オマールの話ではテロが起きているとのことでした。そして突然ホテルの電気が消え、ホテル周辺の警護をしている兵士が2人逃げ込んでんきます。さらに市内放送で全員旧市街地から逃げるように、門を閉鎖すると言うアナウンスが流れ、その場にいた全員が兵士の案内で門へ移動を開始します。

親友を失い逃げることに成功するも化け物になったサラ

ホテルにいた人たちは空からのミサイルだけでなく、ヘリで銃撃も行われていたため門まで全力疾走で向かいます。途中にある精神病院にケヴィンがいると思ったサラは傭兵に3分だけ時間をもらい、精神病院でケヴィンを探し、ケヴィンを見つけ門へと向かいます。門に着くと逃げ遅れた人々の中にいたレイチェルとオマールに合流しますが門は閉じられ、町中にネリフィムや化け物になった死者があふれかえっていました。

サラたちは別の門から逃げようとしますが、途中レイチェルが翼をもつ化け物に襲われます。ゼデキアの洞窟を通って逃げようとするも、一人、また一人と化け物に襲われていくのでした。襲われた自分が化け物になると悟ったレイチェルは洞窟内で化け物となる瞬間に、自分で自分の頭を撃ち自殺してしまいます。

洞窟の入り口にあった鎧が持っていた剣を手に取り、逃げようと必死になっていたサラとケヴィンの前に1匹の化け物が現れます。ところが、スマートグラスの顔認識機能でそれがサラの兄だとわかります。怪物になった兄の手を借りて無事にサラとケヴィンは外に逃げ出すことができました。しかしサラは逃げる途中で怪物に噛まれてしまったため、地上に出て怪物となってどこかへ空高く舞い上がっていきました。

エルサレム(2015)の作品情報

エルサレム(2015)のジャケット写真
レンタル開始日
2016/10/19
監督
ドロン・パズ ヨアヴ・パズ
キャスト
ヤエル・グロブグラス(レイチェル) ヨン・トゥマルキン(ケヴィン) ダニエル・ヤドリン(サラ)
上映時間
95分
GEOで購入!
エルサレム(2015)のユーザ評価

評価数:3177件
評価 :★★☆☆☆(2.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 今までにない作品だと思います。場面がエルサレムと言う事がなかなかマニアックですね、宗教的な映画だと思います。
  • 映画のスタイルとしては自分好みかも。人間ではない何かになった時に羽が生えるシーンはかなり好きですね。ただ観ていて嫌だったのは、主人公の女がとにかく自分勝手でイライラ。尻軽女のお陰でみんな死んでいく。 まぁ最後は彼女も人間ではない何かになって別な意味でスッキリした(笑)

参考URL
・youtube.com