カイジ 人生逆転ゲームのジャケット写真

福本伸行原作の同名コミックを「ごくせん THE MOVIE」の佐藤東弥監督が実写映画化。多額の負債を抱えた青年が、命を懸けた究極のゲームに挑む姿を描きます。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:佐藤東弥
原作:福本伸行
脚本:大森美香
音楽:菅野祐悟
出演:藤原竜也 天海祐希 香川照之 山本太郎

船上でのサバイバル限定ジャンケン

コンビニのバイトなどで生計を立てながら、いわゆる負け組人生を歩む主人公カイジは、ある日多額の借金を返済させられることになり、金融会社の女社長遠藤凛子の口車に乗る形で豪華客船でのギャンブルをすることになります。カイジ以外にも多数、借金返済のために男達がその船に乗り込んでいました。そこで、利根川と名乗る人物から説明を受け、12枚のグー・チョキ・パーの絵が描かれたカードと星3つが配られました。ルールは簡単で、「1枚ずつカードを出し、買ったら星をもらい負けたら失う。カードは廃棄される」

制限時間内にカードを使い切り、星3つ以上残っていれば勝利、それ以外は別室行きです。利根川の「勝たないやつはゴミだ」という発言にカイジも勝負を開始しますが、船井という人物に騙され窮地に立たされます。しかし、石田というさえない中年男性と組んでうまく船井を出し抜き、見事に勝ち抜けた、と思いきや石田がカードを1枚出し忘れていたため、二人共に別室行きになりました。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=bawHQe7Oi0I

落ちたら一巻の終わり、鉄骨渡り

別室とは地下の強制労働所でした。劣悪な環境で長時間肉体労働をしても入ってくるお金はごくわずか。しかもそのお金も酒やおつまみに消えます。そんな状況から抜け出すために、カイジは石田や佐原という男性らと共に、命をかけた鉄骨渡りに参加することにしました。そこに現れたのはまたもや利根川。ルールは単純で「ビルとビルとの間にかけられた人一人がかろうじて渡れる鉄骨を渡りきること」

命綱はなく、電流が流れているため手をつくことはできません。落ちたら100%死にます。その代わり成功すれば1,000万円が手に入ります。その様子を金持ち達が優雅に食事をしながら眺めるという異様な光景です。またもや「このままチャンスを失い続けろ」など利根川の挑発でカイジらは鉄骨を渡り始めます。カイジの靴にマジックで線を引く作戦により途中まで順調に渡れても、平衡感覚を失ったり強風でパニックに陥ったりと次から次へ鉄骨から落ちていくメンバー達。

雨も降り始め、残ったのはカイジ、石田、佐原の3人です。石田は1,000万円の金券を娘に渡してほしいとカイジに託し、落下します。残った佐原とカイジの2人だけがゴールにたどり着きましたが、佐原が扉を開けた瞬間に内側から突風が吹き佐原は落下、カイジはなんとかしがみついて助かりました。そこへ利根川や遠藤のボス兵藤が登場、カイジと利根川の一騎打ちが提案されます。

Eカードでカイジと利根川が対戦

カイジと利根川の勝負方法は、Eカードという2人対戦カードゲームです。ルールは、皇帝側が「皇帝カード」1枚と「市民カード」4枚、奴隷が「奴隷カード」1枚と「市民カード」4枚を手札にもち、一枚ずつ出します。皇帝は市民より強く、市民は奴隷より強く、奴隷は皇帝より強い、いわゆる3すくみの関係ですが、カードの枚数から皇帝側が圧倒的に有利です。

その代わり奴隷側が勝ったら掛け金は10倍です。勝負に挑むカイジですが、利根川の圧勝であっという間に借金だけが残ります。完敗し、連行されるカイジですが、もしかしたら利根川はイカサマをしたのではと疑い始めます。そして、カイジの焼き印に埋め込まれたマイクロチップの脈拍を利根川は腕時計で受信してカイジの心理状態を読み取っていたと見抜きました。しかし掛け金がありません。

そこで登場した遠藤に借金を頼みます。かなり無茶な要求ですが、限定ジャンケンや鉄骨渡りでのカイジの活躍や、利根川への対抗心などからか、カイジの要求通りお金を貸す遠藤。そして、カイジは洗面所の鏡に頭を打ちつけて流血しながら利根川の前に登場し、再勝負を挑みました。

利根川との決着に終止符が!

頭部からの流血や勝負直前にカイジが暴れたことなどから、カイジの脈拍が通常と違うため、利根川はイカサマが使えなくなりました。勝負は五分と五分になり利根川は焦りますが、利根川も百戦錬磨の強者です。そこで、カイジは限定ジャンケンでも使用したカードに血のりをつけるテクニックを使う大ばくちにでました。

利根川はカイジが奴隷と市民のカードをすり替えた手法を再び使ったと見抜き、勝利を確信して皇帝カードを出します。しかしカイジの手札は奴隷、見事な大逆転です。実はカイジは、すり替えるふりだけしてすりかえなかったのです。利根川の優秀さを逆手に取った見事な勝利でした。利根川は地下送りになり、カイジは地上に出られました。

大金を手にしたカイジは遠藤と2人で豪華な食事を摂りながらビールを飲んでいる途中、眠ってしまいます。遠藤が睡眠薬を盛ったからでした。結局お金のほとんどは遠藤に持ち逃げされてしまいました。ラスト、カイジは石田との約束通りに1,000万円を石田の娘にこっそり渡し立ち去りました。

カイジ 人生逆転ゲームの作品情報

カイジ 人生逆転ゲームのジャケット写真

レンタル開始日
2010/04/09
監督
佐藤東弥
キャスト
藤原竜也 天海祐希 香川照之
上映時間
129分
さらに詳しく見る>
カイジ 人生逆転ゲームのユーザ評価

評価数:2613件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 原作知らずに映画を見ましたかが、悪魔的に面白かった!まさに命と人生を賭けたゲームは必見です!僕個人としては・・・ラシトの王様と乞食が見ごたえありました!
  • 藤原竜也の迫真の演技に魅了された
    キンキンに冷えてやがる、は真似したくなるセリフ!
    日本の映画の中で1位2位を争える作品
  • 藤原竜也主演の絶体絶命ギャンブル映画!
    戦いでの藤原竜也の演技はやっぱり、輝いていました!
    あそこまで、追い詰められた人間の心理を的確に演技にする俳優は、きっと彼だけでしょう!
    藤原竜也の作品を観たことない人は、ぜひ観てください!

「カイジ2 人生奪回ゲーム」もチェックしよう!

続編の「カイジ2 人生奪還ゲーム」では、カイジがまたまた地下で労働しています。しかし、チンチロリンで勝利して外出する権利を得、2週間以内に自分と仲間の借金を返すために再び大勝負に挑みます。本作では、利根川がカイジの仲間になります。さらに、石田の娘や限定ジャンケンで登場した船井も登場します。

クライマックスとなる「沼」という名のパチンコ台は、様々なイカサマが張り巡らされており、それをカイジが利根川やその他の仲間達と一つずつクリアしていく様子はちょっと感動的でさえあります。でも、前作同様カイジは最後には持ち金をほとんど失うのですが。

カイジ2 人生奪回ゲームの作品情報

カイジ2 人生奪回ゲームのジャケット写真

レンタル開始日
2012/04/25
監督
佐藤東弥
キャスト
藤原竜也 伊勢谷友介 吉高由里子 生瀬勝久
上映時間
133分
さらに詳しく見る>
カイジ2 人生奪回ゲームのユーザ評価

評価数:4383件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 1が良すぎたので、少しハラハラ&ドキドキ度が落ちた感じがしましたが、藤原竜也の名演技は相変わらず最高です!
    あの、なんでも大げさな感じがいいですよね。呼吸とかまで伝わってきそうな…。
    周りも巻き込んで、最後の最後までカイジを応援したくなります。
  • 1に引き続き2も面白かったです。観てる方もハラハラする展開でした。原作を読んでいても十分に楽しめる映画でした。次回作も出れば見たいです。
  • ギャンブルの恐さが良く出ています。青少年も楽しく観ることができると思うので是非観てもらい、世の中の恐さを知ってほしいと思いますし、こんなにうまくいくことはないと思ってほしいと思います。
    ただ、年寄りには藤原くんの声が聞こえづらいのが難点です・・・

参考URL
・youtube.com