カイジ2 人生奪回ゲームのジャケット写真

伊藤カイジ(藤原竜也)は数々の命懸けのゲームに勝利し、多額の借金を帳消しにした。しかし、まさに人生の逆転を果たしたと思ったのもつかの間、1年も経たないうちに再び借金まみれの負け組になっていた。カイジは再逆転をめざし、当たれば10億円以上を稼げるモンスターマシーン、通称 沼 に挑む。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:佐藤東弥
原作:福本伸行
脚本:福本伸行 山崎淳也 大口幸子
音楽:菅野祐悟
出演:藤原竜也 伊勢谷友介 吉高由里子 生瀬勝久 香川照之

カイジ再び、帝愛グループ地下へ

帝愛グループに借金をしていた伊藤カイジは、命を懸けた賞金レースに勝ちぬき、人生の大逆転を果たし、普通の生活に戻ったはずだった。ところが、カイジは再び借金まみれになり、帝愛の地下強制労働場へ逆戻りしてしまう。そこで待ち受けていたのは班長の大槻。彼はイカサマサイコロを駆使し、他の労働者から金銭を巻き上げていた。

カイジは仲間達と協力し、大槻とのギャンブルに勝利し、14日間だけ地上に出る権利を得る。地上に出たカイジがすること、それは2週間の間に、自分と仲間の借金返済額の2億円を稼ぐことだった。短期間で大金を稼ぐ方法に奔走するカイジが会ったのは、前作でカイジに敗れ、全てを失いホームレスとなっていた帝愛グループの利根川だった。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=uL7OLPR6FSk

利根川との再会、裏カジノへ

利根川はカイジに賭け将棋を持ちかけ、カイジが席を外した一瞬の隙に賭け金である5万円を盗み、姿を消す。カイジは利根川が残したメモで、帝愛グループの裏カジノの存在を知る。そこには、3段すべての段に玉をすり抜けさせれば、10億以上の大金を得られる「沼」と呼ばれている巨大なパチンコ台があった。

しかし、この沼は裏カジノを支配していた一条聖也によって、傾斜角度など完全にコントロールされており、当たりがでないようになっていた。カイジは裏カジノで偶然であった坂崎と、裏カジノで働いていた裕美と協力して「沼」の攻略に挑む。裕美は前作で、帝愛グループの命を懸けたゲームにカイジと共に挑み、鉄骨から落ちて亡くなった石田という男の娘だったのだ。

そして、缶ビールに仕込んだ磁石を使う作戦の下、坂崎が「沼」に挑む。しかし、仕込んでいたはずの磁石がなく、坂崎は作戦に失敗する。

支配人一条との対決。カイジは「沼」を攻略できるか

勝負に敗れたカイジ達の前に支配人一条が現れる。一条はカイジ達に裕美がスパイだったことを打ち明ける。磁石を仕込んだ缶ビールを渡す役だった裕美は、実は磁石のついていない缶ビールを渡しており、作戦が上手く行かなかったのだ。カイジ達は裕美に裏切られたのだった。

一条は失望するカイジ達に「姫と奴隷」というゲームを持ちかける。それは、巨大な3つの扉の中から姫が入れられている扉を選べれば勝利。間違えればライオンの餌になるという命がけのゲーム。姫に選ばれた裕美は正解を知っているが、一度はカイジ達を裏切った存在だ。

裕美の伝える番号を信頼していいのかカイジは悩むが、利根川の助言もあり、裕美が伝えた番号を信じ、見事ゲームに勝利する。その後、利根川と裕美もカイジ達の仲間に加わり、一条がコントロールする難攻不落の「沼」に挑む。

より慎重に作戦を練って「沼」に挑戦したカイジに、一条は玉をすり替えるイカサマをしていると指摘する。裕美が再びカイジ達を裏切り、一条に作戦を漏らしていたのだった。すり替えた玉を確かめる一条だったが、異常が確認できず、驚く一条と裕美。カイジ達は裕美に嘘の情報を伝え、真の作戦を伝えていなかったのだ。カイジ達は大胆にも大量の水を運び込みビル全体を傾け、パチンコ台の釘を調整する真の作戦を仕込んでいたのだ。

勝負は再開され、カイジは次々に玉を受け皿に流していく。しかし、あと一歩のところで一条のイカサマに勝つことができず、「沼」を攻略できなかった。カイジ達は、資金全てを失い敗れてしまったのだ。

一条に勝利したカイジ。大金を得たはずだった!?

失望するカイジ達だが、一条のスパイとして2度もカイジ達を裏切った裕美が寝返る。父親を帝愛グループのゲームで失った彼女が戦う事を選んだ瞬間だった。そして、裕美の資金を使い、再度カイジ達は「沼」に挑む。

全てのイカサマを出し切った一条は打つすべなく、カイジ達は見事大当たりを出し、「沼」を攻略する。勝負に敗れた一条は地下送りとなった。カイジ達は賞金を山分けし、カイジはそのお金で地下の仲間たちを開放する。そして最後に、利根川がカイジに利根川とカイジの賞金を懸けた勝負を持ちかける。

だが、トランクに賞金を入れていた車が炎上し、カイジ達の持ち金は燃えてしまう。資金がなくなったと思ったカイジは利根川と別れ、仲間達のもとへ向かう。しかし、その火災は利根川が仕掛けた罠で、カイジの持ち金は利根川にわたったのだ。カイジは最後の最後で利根川に騙されたのだった。

カイジ2 人生奪回ゲームの作品情報

カイジ2 人生奪回ゲームのジャケット写真

レンタル開始日
2012/04/25
監督
佐藤東弥
キャスト
藤原竜也 伊勢谷友介 吉高由里子 生瀬勝久
上映時間
133分
さらに詳しく見る>

カイジ2 人生奪回ゲームのユーザ評価

評価数:4392件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • カイジ!初めて見ましたが、最高でした。
    しっかりハマってしまいました!藤原竜也が適役すぎる!!そして、興奮がたまらんです!どんでん返しとかが楽しすぎて。。続編希望です!
  • 全体的におもしろかった。はじめから魅了されて、中盤の展開も見物。ラストは予想できなかった。
  • 原作も惹かれる魅力あり1作目も良かったので視聴!何より藤原竜也の演技には真摯さとひた向きさ、それに加えて鬼気迫るものを感じる!それは同様に香川さんにも言えることで素晴らしい俳優2人だと思った。吉高由里子の演技がちょっとレベルが落ちてるため残念ではあるがセットのお金がかかってる感じに演出や盛り上げ方もナイスです!!このシリーズが好きな人には満足間違いない。初めて観る方は1作目からどうぞw

ハラハラドキドキが好きなら『DEATH NOTE』もオススメ

登場人物達の頭脳戦を描いた映画はハラハラドキドキし最後まで目が離せない。

ギャンブル漫画を得意とする福本伸行原作の人気コミック、カイジは「カイジ 人生逆転ゲーム」の前作から今回2作目。自堕落な生活を送るカイジが、人生の大逆転を狙い命がけのゲームに挑む頭脳戦の映画だ。また、同じく藤原竜也主演実写化した映画と言えば「DEATH NOTE」シリーズ。デスノートに名前を書かれた人は死ぬという。藤原竜也演じる夜神月とLとの頭脳戦は見どころだ。

DEATH NOTEの作品情報

DEATH NOTEのジャケット写真

レンタル開始日
2007/02/14
監督
金子修介
キャスト
藤原竜也 松山ケンイチ 瀬戸朝香 香椎由宇
上映時間
126分
さらに詳しく見る>
DEATH NOTEのユーザ評価

評価数:4229件
評価 :★★★☆☆(4.2/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • マンガをそのまま映画にしてる。
    よくマンガ→TVや、マンガ→映画があるが、イメージが変わってしまってガッカリ。ってのか無い。
    本当にデスノートってマンガを好きな人が作ったんだろうなぁ…と思わせる作品。
    制作のためだろうけど、数箇所原作と違うところがあったかな。
    納得の前編ですね。
  • ドラマで山崎賢人くんと窪田正孝くんが演じていましたが、やっぱり夜神月は藤原竜也くんが一番です♪
  • 藤原竜也の演技の上手さが光っていて凄く良かったです。松山ケンイチのリアルLには驚きました。凄い。

参考URL
・youtube.com