カットバンクのジャケット写真

偽装殺人事件がいつしか本物の殺人事件に発展していくスリラー。穏やかな町で郵便配達員・ジョージーが射殺される。だが、それは町に住むドウェインとジョージーが仕掛けた偽装殺人だった。「ハンガー・ゲーム」シリーズのリアム・ヘムズワース主演。

監督:マット・シャックマン、脚本:ロベルト・パティーノ、音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード、出演:リアム・ヘムズワース テリーサ・パーマー ジョン・マルコヴィッチ

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

平穏な田舎町で起こった衝撃の殺人事件

カットバンクは、アメリカで一番寒い街と言われている片田舎。そこに住むドウェインは、そんな田舎暮らしから抜け出したいと考えていた。しかし、介護を要する父親を残して町を離れることが出来ず自動車工場で働く日々を送っている。ドウェインの恋人カサンドラもまた、ミスコンで優勝し、この街をで得ることを夢見ていた。

ある日、ミスコン用のビデオを撮影していた二人は、衝撃的な場面に出くわす。それは、郵便配達のジョージーが何者かに銃殺されるシーン。衝撃的な現場を目撃した二人は、カサンドラの父親に相談し、保安官のボーゲルを呼び出す。

2人が撮影したビデオを見た保安官のボーゲンは、初めての殺人事件にかなりの動揺を隠せないのだった…。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=TsBs8qTz8IE

郵便職員の事件に賭けられた懸賞金

実はジョージーの事件は、街を抜け出したいドウェインと自動車工場の同僚マッチ、そしてジョージー本人による偽装殺人だった。彼らの目的は、郵便職員の事件に賭けられた多額の賞金だった。ジョージーの事件を調査に来た調査官は、死体さえ出たらすぐに仕事を済ませてしまおうとする。

しかし、ジョージーが生きていることで、ドウェインの計画が狂い始める。そんな中、街の変わり者のダービーは、小包が届かないことでいらだっていた――ジョージーが配達するはずだった荷物が行方不明になっていたからだ。独自に郵便物の行方を探すダービー。

そして、ダービーはマッチにたどり着く。マッチを問い詰めるダービーは、もみ合ううちにマッチを殺害してしまう。こうして、静かな片田舎に連続殺人の嵐が巻き起こる。

生きていることが見つかるジョージー

殺害されたことになっていたジョージーは、カサンドラの父親ビッグ・スタンの所有する倉庫で身を隠していた。ある日、その倉庫にビッグ・スタンが客を連れて訪れる。あわてて隠れるジョージー。しかし、ビッグ・スタンに見つかってしまい、やむなく彼に殴りかかる。

倒れたビッグ・スタンを車に運び込み倉庫へ戻ったジョージーを待っていたのは、執拗に小包を探すダービーだった。ジョージーに馬鹿にされたダービーは、怒りのあまりジョージーをなぐり殺してしまう。

その姿を身動きのできない体で見つめるビッグ・スタン。その後、ビッグ・スタンの行方は分からなくなり、マッチの殺害が発見されたことで保安官のボーゲンは捜査に協力するというドウェインにカサンドラのそばにいるよう指示する。

しかし、気が気ではないドウェインはジョージーの携帯に電話をかける。ところが、ジョージーはすでにダービーに殺されてしまった。事件の首謀者がドウェインであることを知ったダービーは、ドウェインを追う。

ボーゲンに救われるドウェインとカサンドラ

ダービーが待ち望んでいたのは、自分のつくった人間のはく製に持たせるための鞄だった。彼は、ポスターと同じ場面を人間のはく製で作り上げ狂気の世界を楽しむ異常者。彼の作品を完成させるためには、ジョージーが配達しなかった小包が必要だった。その小包のありかを聞き出すためにマッチを殺害し、ジョージーをも殺した。そして、残るドウェインをつけ狙うダービー。

ドウェインの家に押し入り、小包のありかを聞くダービー。そんな中、ミスコンに優勝したカサンドラがドウェインの家を訪れる。人質になったカサンドラとともに小包を隠した場所へと向かうドウェインとダービー。やっと手にすることができた小包を見て喚起するダービー。

しかし、その時追ってきた保安官のボーゲンがダービーに銃を向ける。車で逃げようとしたダービーは、ハンドル操作を誤り事故死するのだった。

2人の未来のために真実は闇に葬られる

保安官のボーゲンによって助け出されたドウェインとカサンドラ。事件を起こしたドウェインは、命を取り留めたビッグ・スタンから解雇を言い渡される。それは、この町を離れカサンドラと二人で生きることを許すということだった。ドウェインの父親については「村のもので面倒見てやる」というボーゲンとビッグ・スタン。

そして、ボーゲンは、ジョージーの死体を前に偽装殺人を本物の殺人にするため2発の銃弾を身体へと打ち込むのだった。退職金代わりに渡されたお金を持って、街を後にするドウェインとカサンドラ。片田舎ならではの人の温かみを感じながら、まだ見ぬ都会の荒波へと向かっていくのだった…。

カットバンクの作品情報

カットバンクのジャケット写真
レンタル開始日
2016/07/02
監督
マット・シャックマン
キャスト
リアム・ヘムズワース テリーサ・パーマー
上映時間
93分
GEOで購入!
カットバンクのユーザ評価

評価数:****件
評価 :★★★☆☆(****/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 登場人物全員クセ者。 田舎独特の近すぎる人間関係や都会に憧れるも街を出られない鬱屈した若者…。 そんなアメリカの陰の部分を背景に、とてもよく描かれている。 エンディングもいい意味で裏切られた。 アメリカの地方の多くの若者は、スポーツ推薦か学業優良でないと、学費高いので大学にいけず一生地元を離れられない。 日本じゃ想像できない現実も予備知識としてあったがよい。 似た映画として、マーシュランドもお薦め。
  • 人口の少ない田舎町なのに思いがけない事件が起こりハラハラドキドキの連続で面白かった。
  • 思惑渦巻くストーリー!殺人を偶然目撃!?狂気か金か因縁か?若い2人はどうなるのか?

参考URL
・youtube.com