カンフー・パンダのジャケット写真

カンフーマスターを目指すことになったパンダの修行の日々をユーモラスに描くドリームワークス製作のアニメーション。新鋭ジョン・スティーヴンソンとマーク・オズボーンが共同で監督。

監督:ジョン・スティーヴンソン マーク・オズボーン、脚本:ジョナサン・エイベル グレン・バーガー、出演:ジャック・ブラック(ポー) ダスティン・ホフマン(シーフー老師) アンジェリーナ・ジョリー(マスター・タイガー) イアン・マクシェーン(タイ・ラン) ルーシー・リュー(マスター・ヘビ) ジャッキー・チェン[成龍](マスター・モンキー) セス・ローゲン(マスター・カマキリ) ランダル・ダク・キム(ウーグウェイ導師)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

ポーが勇者に選ばれるという意外な展開!

中国内で美しいと言われている「平和の谷」に暮らすパンダのポーは、ラーメン屋の息子で跡継ぎのため毎日店の手伝いをしていますが、本心は違っていました。ポーは密かにカンフーマスターになりたいを夢見ていましたが、ポーはぐうたらで小心者でした。

そんなある日、タイ・ランというカンフーの使い手が襲撃してきます。タイ・ランは極悪で気性が荒く、凶暴なため牢屋に閉じ込めていましたが逃げてしまったのです。逃げた情報は瞬く間に国内中に伝わり、町の皆は怖がっていました。

しかし、ウーグウェイ導師から選ばれた人物のみ巨大な力を持つタイ・ランに立ち向かうことができると言われて、ウーグウェイ導師はその伝説と言われている竜の戦士を探すためカンフー大会を開催することにします。ポーはラーメン屋の仕事で会場に入ろうとし、ウーグウェイ導師が戦士を指名する際にポーがウーグウェイ導師の前に突如現れたため、見ず知らずのパンダが戦士に選ばれました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=IxL5_CFA6QY

戦士になるための厳しい修行が始まる

早速ポーはカンフー修行のため師匠であるシーフーの元へ向かいます。そこには同じく戦士として選ばれたシーフーの弟子たちもおりポーが選ばれたことに驚きましたが、皆ポーはすぐ音を上げるだろうと考え、わざと厳しい事を言います。ポーはカンフーを見ることは大好きでしたが経験はゼロだったため、最初から皆の足を引っ張りますが、ポーは憧れのカンフー修業が出来るだけで嬉しく、幸せを感じていました。

ポーは厳しい修業が続いても決して諦めずポジティブで明るく振舞います。そんなポーを見て他の戦士たちも次第にポーを認めるようになっていきました。しかし師匠のシーフーはまだまだポーを認めていませんでした。

その頃、近くでタイ・ランが現れたという情報が入ります。

ポーの才能が開花!更に意外な過去が

シーフー師匠はポー以外の弟子たちを連れてタイ・ランに戦いを挑みますが、圧倒的な強さの前に負けてしましました。あっさり負けて帰ってきて以降、弟子たちが重い雰囲気になってしまったある日、お腹のすいたポーが食べ物をカンフーの動きを交えて物凄いスピードで食べていたところをシーフー師匠が目にします。シーフー師匠はポーの能力に気がつき、食べ物を使って更に厳しい修行をしました。

ある日、ポーはシーフー師匠とタイ・ランとの関係を知ることになります。タイ・ランは昔シーフー師匠の弟子で、どんどん力をつけていき有望な存在でしたが、力を付けるとともに強欲になり、シーフー師匠が持つ最強の技が書かれていると言われる巻物を盗もうとします。その時はシーフー師匠がなんとか阻止することができましたが、時が過ぎ、老いが見えてきたシーフー師匠にタイ・ランは隙を見て再び奪いに来るであろうと言われていました。

巻物の中身の意味とは?

ポーは一度自宅へ帰り、カンフー修業の厳しさを目の当たりにし、自分はやはりラーメン屋を継ぐべきなのかもと考え、父親にスープの秘伝を聞きます。父は秘伝などは特に無く心を込めることが大切なんだとポーに教えました。

ポーは自宅に帰る前にシーフー師匠から貰った巻物を見て驚きます。そこには何も書かれておらず真っ白でした。ポーは父親が話していた事と、巻物が白紙の意味が分かり急いでシーフーの元へ行きました。

ちょうどその頃、シーフーとタイ・ランが戦っていていました。そしてポーが持っていた巻物が探していた物だと気がついたタイ・ランはポーから巻物を奪い白紙であることに動揺します。そしてポーは一緒に修業をした仲間たちと協力してタイ・ランと戦い、習得したカンフーで見事タイ・ランに勝ちました。ポーは勇者としてシーフーから認められ、更にカンフーを極めるため新たな修行を始めました。

カンフー・パンダの作品情報

カンフー・パンダのジャケット写真
レンタル開始日
2008/12/05
監督
ジョン・スティーヴンソン マーク・オズボーン
キャスト
ジャック・ブラック(ポー) ダスティン・ホフマン(シーフー老師) アンジェリーナ・ジョリー(マスター・タイガー) イアン・マクシェーン(タイ・ラン) ルーシー・リュー(マスター・ヘビ) ジャッキー・チェン[成龍](マスター・モンキー) セス・ローゲン(マスター・カマキリ) ランダル・ダク・キム(ウーグウェイ導師)
上映時間
92分
GEOで購入!
カンフー・パンダのユーザ評価

評価数:3587件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ぐうたらで小心者のパンダのポーが、カンフーの達人を目指す。 コミカルな展開に笑いつつも、仲間とともに成長していく姿には涙。
  • 子供向けでは終わらない! カンフー映画へのリスペクト満載! 信じる心、夢を諦めない大切さ そんなありふれたテーマと期待を裏切らないストーリーだからこそ無心で楽しめる作品。 あの日ジャッキーに憧れたお父さん ぜひ家族揃って見てください。
  • 出てくるキャラクターみんながとてもいい味を出していて、最初から最後まで楽しめる作品でした。アクションの緩急の付け方も見応えありました!

おすすめの関連作品

癒し系のパンダがカンフーで戦う画は可愛らしく、他の動物の仲間たちも個性的で思わず笑ってしまうシーンが多い「カンフー・パンダ」。続編として公開された「カンフー・パンダ2」は2011年に公開されています。カンフーの動きなどがより美しくなっており見応えのある作品となっています。簡単なあらすじは、前作から引き続きポーや他の戦士たちは修業しており国内の人気者になり、ポーの実家のラーメン屋も大盛況で人手が足りないほど人気が出ていました。店を手伝っていたポーはひょんなことから自分が生まれた時のことを父親に聞きます。ポーの父親は鳥なので本当の両親について知りたくなったポーに戦士として新たな指令が入ります。ポーはもやもやした気持ちのまま目的地へ行きます。そこで敵陣に捕まり預言者よってに過去の記憶が蘇り、両親と離れ離れになった理由を知ることになります。続編ではポーの過去などが明らかになり、戦うシーンや家族の愛も感じられるストーリーとなっています。

カンフー・パンダ2の作品情報

カンフー・パンダ2のジャケット写真
レンタル開始日
2012/01/20
監督
ジェニファー・ユー・ネルソン
キャスト
ジャック・ブラック(ポー) ダスティン・ホフマン(シーフー老師) アンジェリーナ・ジョリー(マスター・タイガー) ルーシー・リュー(マスター・ヘビ)
上映時間
90分
GEOで購入!
カンフー・パンダ2のユーザ評価

評価数:4899件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 前作を上回る感動!!! ストーリーがさらにシビアになることにより さらに大人でも楽しめる… というか、大人の方が楽しめる内容になっている。 カット割、音楽、どれをとっても 自然とテンションがあがるものになっており まったく退屈することなく全篇楽しめる映画。
  • 前回のカンフー・パンダが面白かったので、今回も期待してみましたが予想を上回る続編でした。 パンダの出生の秘密を重ねたしっかりとしたストーリーと可愛さに磨きがかかった動きの一つ一つが前作以上です。 特に最後の火の玉を返すシーンはカッコいい! 笑いあり涙あり!是非前作と一緒に見ていただきたい一本です。
  • 見ていて、自分もこの作品の中に入り込んでしまったように錯覚してしまう。 ポーとその仲間達のカンフーアクションは何回見ても痺れます!!

参考URL
・youtube.com