カーズ2のジャケット写真

<簡単な解説>
擬人化された自動車たちが繰り広げる騒動を描いたフルCGアニメーションの続編。ワールド・グランプリに出場した天才レーサーのマックィーンとおんぼろレッカー車のメーターのコンビが、国際的な陰謀に巻き込まれてゆく。声の出演は「幸せのはじまりは」のオーウェン・ウィルソン、「インセプション」のマイケル・ケイン。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

メーターと共にワールド・グランプリへ

マックイーンはレースのシーズンを終え、チーム拠点の街であるラジエーター・スプリングに帰ってきました。休暇をゆっくり過ごそうと思っていた矢先、世界各地を回ってレースを行うワールド・グランプリに招待されます。イタリアを代表とするライバルレーサーのベルヌーイの挑発と、親友メーターの後押しもあって、マックーンはレースに参加することを決意。

そして、メーターをピットクルーとして、ワールド・グランプリに一緒に連れて行くことにします。ワールド・グランプリ1回戦が行われる日本に到着したマックイーンたちは、レセプションパーティーに訪れました。

パーティーで、メーターはワサビをアイスと間違えて食べて大騒ぎするなどし、マックイーンに恥をかかせてしまいます。いよいよ始まったレースでも、メーターがレース用の無線で関係ない話をしたせいで、マックイーンは負けてしまいました。怒ったマックイーンにこれ以上迷惑をかけまいと、メーターはラジエーター・スプリングスに帰ることにします。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=DIQBWPBYR_8

スパイと間違われたメーター

ラジエーター・スプリングスに帰ろうと空港にやってきたメーターは、本物のスパイであるフィンとホリーにスパイ仲間と間違えられ、共に飛行機に乗ることになります。そこで、ワールド・グランプリを利用した陰謀を企んでいる敵がいることを知ったメーターは、フィンたちの手助けをすることにしました。メーターは様々な車に変装できるよう改造され、イタリアへ潜入捜査に向かいます。

次のレース開催地でもあるイタリアに到着したメーターたちは、科学者のザンダップ教授と、ペッパーと呼ばれる欠陥車たちが集まって行われる悪の集会に潜入。その集会では、今まで欠陥車とさんざん世間に馬鹿にされてきた悔しさを晴らそうと、ワールド・グランプリの公式燃料である「アリノール」を使った陰謀について話し合いが行われていたのです。

ペッパー達の陰謀

一方レースでは、次々にレーサーたちが謎の爆発に見舞われ、アリノールが問題視されはじめていました。主催者のアクセルロット卿は、最後のレース開催地であるロンドンにおいては、アリノール以外の燃料の使用を認めることにします。しかしマックイーンは、アリノールを使い続けることを公言し、これがきっかけでペッパーたちの標的に。

実は、アリノールはザンダップ教授たちによって、高周波を浴びると爆発するように細工されていたのです。レース中に高周波が出るカメラを使ってレーサーたちを爆破していたのはペッパーたちでした。そのことを集会で知ったメーターは、マックイーンに伝えに行こうとしますが、ペッパーたちに正体がばれ、フィンとホリーと共に捕まってしまいます。

時計台の中に縛られ閉じ込められてしまったメーターたちは、ペッパーたちからマックイーンのピットに爆弾が仕掛けられていると聞かされます。メーターはなんとか縄をほどいてマックイーンの元へ行きますが、フィンからの無線連絡で、メーター自身に爆弾が付けられていることが発覚します。

黒幕の正体

爆弾が付けられたメーターはマックイーンを傷つけまいと離れますが、マックイーンはメーターと仲直りしたくて追いかます。その2人を始末しようと、遠隔操作爆弾のスイッチをペッパーの一人が押しますが、電波が圏外になり、爆破に失敗。そうこうしているうちにフィンとホリー、ラジエーター・スプリングスの仲間たちが駆けつけ、ペッパー達を追い詰めます。

追い詰めたペッパー達にメーターの爆弾を解除する方法を聞き出そうとしますが、口を割りません。すると心当たりがあったメーターは、黒幕を見事に付き止め、爆弾の解除にも成功します。実は自らもペッパーであった、ワールド・グランプリの主催者、アクセルロット卿が黒幕だったのです。

大きな油田を見つけていたアクセルロット卿は、あえて新燃料が主流となるように仕向けてから評判を落とし、石油に再び注目させることで、自分たちペッパーが世界の主権を握ろうと企んでいたのでした。

見事に陰謀を見破り解決したメーターは、イギリス女王から騎士の称号をあたえられ、ラジエーター・スプリングスに帰ります。そして、改めて各国のレーサーたちを呼び、レースを楽しむのでした。

カーズ2の作品情報

カーズ2のジャケット写真
レンタル開始日
2011/12/02
監督
ジョン・ラセター
キャスト
ラリー・ザ・ケーブル・ガイ(メーター) オーウェン・ウィルソン(ライトニング・マックィーン)
上映時間
106分
GEOで購入!
カーズ 2のユーザ評価

評価数:8603件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 日本を含め世界各国の観光地、名車が登場して大人も楽しめる作品です。シリーズ1と3(クロスロード)との繋がりは少なめですが、面白い映画です。
  • 自分勝手なマックイーンが、ラジエータースプリンググスのみんなから、思いやりの気持ちを知り、成長して行く姿に感動しました。 子どもと一緒にDVDを何度ま何度も繰り返し観ました。もう、台詞も覚える程(笑)何度観ても、その度に細かなシーンで新発見もあり、絶対大人も楽しめます‼
  • メーターの自由さが相変わらず少し苦手。でも、ストーリー自体はとっても面白かった! やっぱり車や船、飛行機などに意志があるって面白い発想。マックィーンはいつでもステキ

参考URL
・youtube.com