キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャーのジャケット写真

映画「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」はマーベル・シネマティック・ユニバースの作品。キャプテン・アメリカとして暗殺部隊ウィンター・ソルジャーと対峙。しかし、ウィンター・ソルジャーの正体に気づいたキャプテンは愕然としてしまう!一体何が起こったのか?気になるネタバレをどうぞ最後までお楽しみください!

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
脚本:クリストファー・マルクス スティーヴン・マクフィーリー
音楽:ヘンリー・ジャックマン
出演:クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース、キャプテン・アメリカ) スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ、ブラック・ウィドウ) セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ、ウィンター・ソルジャー)

S.H.I.E.L.D.の不穏な動き

映画『アベンジャーズ』から2年後、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースは、諜報機関S.H.I.E.L.D.で働きながら、現代社会に馴染むよう生活を送っていました。

ある日、S.H.I.E.L.D.の任務で海賊に占拠された人質の救出任務の際、エージェントであるナターシャ・ロマノフが船のコンピュータよりデータを取り込むのを見つけ、S.H.I.E.L.D.の上司であるニック・フューリーの出した別の指令の存在を知ります。

フューリーはスパイ衛星によって敵を捉え、先制攻撃を行なう「インサイト計画」についてスティーブに話します。フューリーはこの計画に対して違和感を抱き、ロマノフに計画のデータを持ち帰ることを指示していました。持ちかえったデータは解析不能。フューリーは計画延期を要求します。

※前作『キャプテン・アメリカ/ファースト・アベンジャー』と比較すると、色彩暗めの印象がある今作。それもそのはず、今作はS.H.I.E.L.D.に対する不穏な動きに立ち向かわなければならないため、潜入捜査感のある演出がなされているのです。物語冒頭から、これから起こる事件に対する不安感が醸し出されています。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=7ps8kSDrwdM

追われるキャプテン・アメリカ

計画延期を要求するフューリーは、突如として謎の暗殺者ウィンター・ソルジャー率いる部隊に襲撃を受けます。スティーブのアパートに駆け込み、S.H.I.E.L.D.の危険を警告しUSBを渡すフューリーでしたが、ウィンター・ソルジャーに狙撃され、死亡が確認されます。

世界安全保障委員会のピアースから、フューリーの情報を渡すよう諭されるスティーブでしたが、これを拒否したことで彼は逃亡犯として扱われ、追われる身になります。

ロマノフと合流したスティーブは、USBのデータから発見したS.H.I.E.L.D.の格納庫に潜入。そこで古びたパソコンを起動すると、前作で登場したヒドラの科学者であるゾラ博士の意識が現れます。そこで、S.H.I.E.L.D.内で秘かにヒドラが活動を再開していた事実を知らされます。

※S.H.I.E.L.D.を率いていたフューリーの死は、驚きの展開でした。また不穏な動きの中で、キャプテン・アメリカが“正義”の立場から一転、追われる身となる展開もハラハラドキドキします。それにしても、裏切り者がS.H.I.E.L.D.内にいたというのも、これまた衝撃ですね。

信じ難いウィンター・ソルジャーの正体

格納庫もミサイル攻撃に遭いましたが、2人は生き延び、スティーブの友人サム・ウィルソン(ファルコン)の力を借り、ピアース含めた数人がヒドラだと推察しました。ヒドラの一員である捜査官を捕まえ、インサイト計画の目的を知ります。それは、敵を攻撃するのではなく特定の個人を排除することが目的でした。

その後3人はウィンター・ソルジャーの部隊と激しい戦闘になります。キャプテン・アメリカとウィンター・ソルジャーの一騎打ち。しかしウィンター・ソルジャーの素顔は、前作で谷底に落ちていった親友バッキーだったのです。

生きていたバッキーはヒドラに捕まり、洗脳を受け、暗殺者となっていました。ショックを受けるスティーブでしたが、その後、死を偽装していたフューリーと再開し、インサイト計画を阻止すべく作戦に乗り出します。

※親友バッキーが、敵として姿を現す衝撃は計り知れません。スティーブもあまりの衝撃から呆然としてしまいます。一方のバッキーは洗脳により完全に記憶を操作されていますから、スティーブの顔を見ても何も変化がありません。悲しいシーンでしたが、世界を守るためにキャプテン・アメリカはこの事実を乗り越えていきます。

死闘、そして親友への想い

スティーブはピアースの下で働く者にヒドラの陰謀を暴露し、ロマノフは変装でピアースに近づき、ピアースの武装を解きます。ヒドラの行いは全世界に公開され、ピアースはフューリーによって射殺されます。しかしまだ戦いは終えていません。インサイト計画の新兵器の発動を止めるため突入しますが、そこへウィンター・ソルジャーが現れます。

死闘を繰り広げる2人。ところがスティーブはバッキーとの戦いを拒み、最後まで彼を呼び続けます。スティーブの呼びかけにより記憶を取り戻すバッキーですが、その場を立ち去ってしまいます。戦いは終わりますが、S.H.I.E.L.D.は混乱したままです。物語の最後、スティーブとウィルソンはウィンター・ソルジャーの行方を追います。

※最後の最後、バッキーは記憶を取り戻したかのように思えましたが、スティーブの親友だったバッキーには、もう戻れないのかもしれません。全体的にストーリーが重く、切なくなるような登場人物の描写が多い今作品。シリアスなマーベル作品のひとつと言えるでしょう。

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャーの作品情報

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャーのジャケット写真

レンタル開始日
2014/09/03
監督
アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
キャスト
クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ) スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ)
上映時間
136分
さらに詳しく見る>
キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャーのユーザ評価

評価数:16538件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • マーベル映画top3に入る映画。ルッソ兄弟は素晴らしいとしかいいようがない。マーベルの中であまり人気のないキャプテンアメリカだか2作目は最高の出来。キャプテンアメリカのアクションをこれでもかとゆうほどカッコよく撮っている。最高。
  • パート1 を遥かに凌ぐスケールと面白さ。アベンジャーズの員数合わせかと思われた同シリーズでしたが、今やアイアンマンをも凌がんかなの勢いです。クリスもスカーレットもサミュエルも自信満々のハマり役ぶりで、パート3が楽しみです。
  • 前作の始終シリアスな展開から笑いもあればシリアスもあるメリハリの利いた作品に出来上がっている
    アクションも素晴らしいし、なによりキャプテンがかっこいい!!!って素直に思えるのが良かったです
    続編ではウィンターソルジャーとの共闘などがあったらいいと期待してます

参考URL
・youtube.com