**作品名**のジャケット写真

1933年、大恐慌時代のニューヨーク。売れない女優のアン・ダロウは芝居小屋が突然閉鎖になり路頭に迷う。そんな彼女を救ったのは、出資者から見離された映画監督カール・デナム。彼は幻の島へ行って冒険映画を撮ることに賭けていた。

監督:ピーター・ジャクソン、原作:メリアン・C.クーパー エドガー・ウォレス、脚本:ピーター・ジャクソン フラン・ウォルシュ フィリッパ・ボウエン、音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード、出演:ナオミ・ワッツ(アン・ダロウ) ジャック・ブラック(カール・デナム)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

カールの罠にはめられたアンとジャック

舞台女優のアン・ダロウはニューヨークの小さな劇場で舞台に立っていましたが、突如劇場の経営悪化に見舞われます。舞台に立つことが困難になったアンはオーディションを受けるために履歴書を送り続けるも落選。途方に暮れ、挙句の果てに万引きをしてしまったところを、映画監督であるカール・デナムに見つかり助けてもらいます。

カールはこの頃あらゆる映画会社から見放されており、自身が製作した映画も公開中止が迫られていました。このことを盗み聞きしたカールは映画会社に見つからないよう映画を撮り続けることを決意し、ヒロイン役を探そうとした矢先にアンと出会います。最初は半信半疑だったアンもカールから説得され、さらには映画が脚本家ジャック・ドリスコルの作品だということを知り、出演を承諾。

ところがカールがアンに声をかけたのは他に目的があったのです。アンとジャック、撮影スタッフはカールの姑息な罠にはめられ、船に乗せられました。そしてジャックは船で遭遇したアンに惹かれ、二人は恋に落ちます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7ghrraB8mTU

骸骨島で遭遇した巨大生物の正体

カールはジャックに脚本を書かせるものの仕上がらず、そんな中、映画会社の人々がカールの元に迫っていました。ジャックは船を降りようとしましたがカールが騙し船内に留まらせ、船を強引に出航させます。そして彼らが向かった先はカールがどこかで手に入れた地図に記された謎の島「骸骨島」でした。骸骨島は頭蓋骨やミイラなどが転がっている不気味な場所です。

カールが骸骨島にいた原住民にかまうと原住民から襲撃され、撮影スタッフの何名かが死亡。船長が助けに来てくれましたが、その隙を狙って原住民たちが船内に侵入し、アンが襲われて島に連れ去られてしまいます。彼女を救助するために彼らは島へ乗り込みましたが、島には巨大生物が生存。この巨大生物が「キング・コング」なのです。原住民はキング・コングの怒りを抑えるために生贄となる女性を探していました。

アンは連れ去られ、カールたちが助けに向かうものの、キング・コングは次々と襲撃し、アンを救助しようとした者たちは死亡していきます。この光景をカールはフィルムに収めていました。骸骨島で撮影をすることがカールの本当の目的だったのです。

アンが見つかりキング・コング捕獲

連れ去られたアンは目を覚ますと森の奥にいました。アンは隙を見て逃げ出そうと試みますがキング・コングに見つかってしまいました。逃げ出そうとしたことにコングが腹を立てたため、なだめようとアンがパフォーマンスを見せると落ち着き、その場からいなくなります。

そしてアンはカールたちを探しに行くと謎の巨大生物に追われてしまいます。アンが巨大生物と戦っているところにキング・コングがやってきて助けてくれたのです。巨大生物はカールたちを襲撃し仲間たちは殺されますが、船に残っていた船長のジミーの手助けによりカールとジャックだけが生還。カールが大事にしていたフィルムもついに壊れてしまいました。

全員で船に戻ろうとすると、ジャックだけはアンを救出するために再び森の中へ入っていきます。キング・コングが寝ている隙を狙ってアンを無事救出するものの、結局見つかり追いかけられます。ところが彼らは大量のクロロホルムを嗅がせてキング・コングを捕まえる作戦を練っていたため、その場で実行します。そしてクロロホルムで眠ったままのキング・コングとともにニューヨークへ帰っていきます。

キング・コング暴走そしてついに撃たれる

ニューヨークに連れて来られたキング・コングは映画館の前で鋼鉄に繋がれ、街中の見世物になります。この光景はまさにカールの目論み通りです。そしてその場に生贄になった女性が現れるとキング・コングは暴れ出します。自分が生贄にした女性がアンではないことに気づいたたからです。鋼鉄を引きちぎって暴走し、周囲は一瞬にしてパニックになる中、キング・コングはひたすらアンを探し続けます。そこへアンが現れると落ち着きを取り戻し、まるで恋人と一緒にいるかのような楽しい時間を過ごしました。

しかし、それも束の間の平穏。すぐに軍隊に見つかり攻撃を受けます。キング・コングはアンを安全な場所へ避難させ、ビルの頂上を目指しながら攻撃を受けていました。しかしそれを心配して頂上に登ってきたアンを銃弾から守ろうとした際に撃たれ、キング・コングはビルの上から落下し死亡しました。

ビルに残されたアンはジャックに助けられ二人は抱き合います。キング・コングが死亡したことで周囲は安堵の表情を浮かべています。ところがカールはこの事件が自分の責任だと罪悪感があったのです。そのため、「戦闘機がコングを殺した」という記者の意見に対し、「美女が野獣を殺した」と言い放ちその場を立ち去りました。

キング・コング (2005)の作品情報

キング・コング (2005)のジャケット写真
レンタル開始日
2006/05/25
監督
ピーター・ジャクソン
キャスト
ナオミ・ワッツ(アン・ダロウ) ジャック・ブラック(カール・デナム)
上映時間
188分
GEOで購入!
キング・コング (2005)のユーザ評価

評価数:1258件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • この映画は何気に探していたら見つけたさくひんでしたが、なかなかの面白さに引かれたさくひんでした。 あまり知らない役者たちでしたが、キングコングの面白さにひかれて、続編も早く観たくなってきました。
  • 1933年に製作され映画史に残る伝説的作品を現代版にリメイクしたアクションアドベンチャー超大作。キングコンは名演に要チェック。
  • 今更借りたのですが、感動でした。 当時は、話題になってたものの「面白くなさそう」と決めつけ、観なかったことを後悔するほどでした! 映像のクオリティ、綺麗でリアルで、感動そのもの。 キングコングの表情が細かく表現されているところも見所です!

参考URL
・youtube.com