シャドウハンターのジャケット写真

世界的なベストセラーとなったカサンドラ・クレアのアドベンチャー小説『シャドウハンター 骨の街』(創元推理文庫・刊)を映画化。母の失踪をきっかけに、妖魔を仕留め伝説の聖杯を守るシャドウハンターの血を受け継いでいることを知る少女を描く。監督は「ベスト・キッド」「エージェント・コーディ」のハラルド・ズワルト。

監督:ハラルド・ズワルト、原作:カサンドラ・クレア、出演:リリー・コリンズ ジェイミー・キャンベル・バウアー レナ・ヘディ

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

謎の紋章と他人には見えない殺人事件

母親のジョリスンと2人で暮らしている女子高生クラリーは、電話中などに無意識にルーン文字を描いていました。

ある日友人のサイモンと詩の朗読会に参加、帰宅途中に看板にクラリーが無意識で描いているルーン文字のあるクラブに入ります。このクラブの中でクラリーは殺人現場を目撃しますが、他の人にはこの事件自体が見えていないようで誰一人騒ぎもしませんでした。慌てて自宅に帰り、眠るも目覚めると部屋中にとルーン文字の描かれた紙が貼りつけられていました。クラリーの手にはチョークが付いており、眠っている間に自分が描いたことに気づくのでした。

翌日サイモンとカフェで話し込んでいる最中にクラブの殺人犯である男性ジェイスが目の前に現れ、話すことに成功しジェイスの姿は普通の人には見えないこと、自分が見えるクラリーも人ではないと聞かされます。話の途中でクラリーはジョスリンからの電話に異変を感じ急いで自宅に戻ると家は荒らされ、家のにいた犬の姿をした化け物に襲われますが、間一髪ジェイスが現れ助けられるのでした。ジェイスから、彼女を襲ったのは「妖魔」でクラブで自分が殺した人物も妖魔だったことを聞かされます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=otkQSoTdYMs

明かされる母親の秘密

クラリーはアパートの階下に住む大家であり魔女のドロシアに母親の行方を尋ねます。魔女であるドロシアにはジェイスの姿が見えており、二人にジョスリンの描いた絵のタロットカードで占います。クラリーは聖杯のカードを引き、ドロシアによりクラリーの記憶が封印されていることを知るのでした。

物音に気付き家に戻るとサイモンが来ており、何故かサイモンにはジェイスの姿が見えていました。結局母親の姿はなく、3人は身の安全を確保するためにジェイスたちシャドウハンターのアジトへと向かいます。このアジトでクラリーはシャドウハンターのボスであるホッジという人物に出会い、ジョリスンは最高のハンターだったことを教えられます。さらにジェイス達と敵対しているシャドウハンターのヴァレンタインという人物が妖魔を自らの体に取り入れたこと、シャドウハンターを増やすことのできる聖杯をジョリスンが持ち出したことも告げられるのでした。

封じられた記憶と聖杯の行方

封じられたクラリーの記憶を呼び覚ますため、ジェイスとクラリーはサイレントブラザーズの元へと向かいます。しかしクラリーの封印は封印を施したベインという強力な魔法使いしか解くことができないものでした。ジェイス達とベインの主催するパーティ会場へ行ったクラリーは、ベインから封印が弱まると無意識にルーン文字を描くようになること、そのたびにジョスリンはベインの元へクラリーを連れてきた事を告げられ、記憶の封印については時が経てば解けると言うだけでした。

一人図書館でルーンをスケッチブックに書いていたクラリーは、その時手に持っていたティーカップがスケッチブックの中にすっぽりと入りこんでしまったことに気づきます。恐る恐るスケッチブックの中からカップを取り出す所を見たホッジは、ジョリスンにしかできなかった魔法だと言うのでした。

この時、クラリーは聖杯のありかに気が付き、聖杯を取り戻すべくドロシアの家へと向かいます。ドロシアの家でクラリーはジョリスンがドロシアにプレゼントしたタロットカードから聖杯を取り出しますが、この時すでに妖魔に憑りつかれていたドロシアが正体を現し聖杯を奪うものの、アパートを訪れていたサイモンの協力により奪い返します。

ホッジの裏切りが発覚するも、無事聖杯を守り切る!

アジトに戻り、クラリーは一人でホッジに聖杯を渡しに行きますが、ホッジはカップを受け取るとアジトにあったワープゲートからヴァレンタインを呼び出してしまいます。実は自らの呪いを解くことを条件にホッジはヴァレンタインに協力していたのです。ヴァレンタインに聖杯を渡さないために、クラリーは聖杯を再びタロットに封じワープゲートに飛び込んでしまいます。

街角に出たクラリーは妖魔に襲われますが、狼に助けられます。狼の正体はジョリスンの友達である人狼のルークでした。そしてルークから、ヴァレンタインが実の父親であることや過去に何があったのかを教えられるのでした。妖魔を操る力を得ていたヴァレンタインはアジトに妖魔を召喚します。アジトの異変に気付いたジョナサンはヴァレンタインを見つけ対峙します。

ほぼ同時刻、ジョリスンを見つけたと知らせを聞いたクラリーとルークは、ルークの部下の人狼を連れアジトに駆けつけますが、タイミング悪くジョリスンは連れ去られ、シャドウハンターのイザベルとサイモンが妖魔に襲われていました。この時クラリーが自らの手にルーンを描き、妖魔の動きを止めることで逃げることに成功します。そしてクラリーはジョリスンのいる図書館でジェイスと力を合わせヴァレンタインを倒し、無事ジョリスンを救出し物語は幕を閉じます。

その後クラリーはシャドウハンターとして生きることを選ぶのでした。

シャドウハンターの作品情報

シャドウハンターのジャケット写真
レンタル開始日
2014/08/20
監督
ハラルド・ズワルト
キャスト
リリー・コリンズ ジェイミー・キャンベル・バウアー レナ・ヘディ
上映時間
130分
GEOで購入!
シャドウハンターのユーザ評価

評価数:6697件
評価 :★★★☆☆(3.3/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 思ってた以上におもしろい!!何度も見てしまった!B級感が否めないけど、ジェイミーがカッコよすぎて、美しすぎてヤバイです。
  • スピード感もテンポも良くて おもしろかったです 妖魔って所がなんだか 菊池秀幸を彷彿させましたが 日本みたいに湿度が高くなくサラッとした エクソシスト系のゴシック妖魔でした クラリーの美貌と ジェイスの豹のような美しさにもうっとり。 いかにも続編がありそうな終わり方だったので もしあればきっと見ちゃいそうです
  • 出てくるキャラクターが美男美女ばかりで目の保養!主人公のクラリーがとにかくかわいい、相手役のジェイスがとにかくイケメン。続編があるのならば、二人の恋のゆくえも気になるところです!

参考URL
・youtube.com