シャーロック・ホームズのジャケット写真

<簡単な解説>
「ロックンローラ」のガイ・リッチー監督が、名探偵シャーロック・ホームズを大胆でタフ、ワイルドな行動派として描いたミステリー。出演は「路上のソリスト」のロバート・ダウニー・Jr、「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のジュード・ロウ、「きみがぼくを見つけた日」のレイチェル・マクアダムス、「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のマーク・ストロング、「ヘンダーソン夫人の贈り物」のケリー・ライリーなど。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

ブラックウッド卿の復活

サー・アーサー・コナン・ドイルの生んだ不朽の名探偵シャーロック・ホームズ。オリジナルを現代風に再解釈した本作は、ロンドンで発生した連続殺人事件を追うホームズらの姿から始まります。黒魔術の儀式を使い、若い女性を次々に殺害していく猟奇事件の犯人に迫るホームズ。新たな犠牲者を出す寸前に捕えた犯人の正体は、貴族院議員のブラックウッド卿でした。

相棒のワトソン博士との絶妙なコンビネーションで事件を解決したホームズですが、私生活では部屋に引きこもって怪しげな実験にふける毎日。おまけにワトソンの結婚によってコンビも解消されることが決まっており、なおさら気分は優れません。しかも死刑目前のブラックウッド卿は自らの復活を予言し、「あと3人死ぬ」とホームズに宣言していました。

そんな折、ホームズは”運命の女”であるアイリーン・アドラーから突然仕事の依頼を受けます。依頼の内容は、「ルーク・リオドンという名の失踪人を探してほしい」というもの。いわくつきの犯罪者であるアイリーン、しかもその背後にはもっと不審な人物の影がちらつくものの、ホームズは事件を受けることにします。そんな彼の元に、「ブラックウッド卿が墓場から蘇った」という知らせが…。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=oLLyJ2d-ivg

テンプル第4修道会

ブラックウッド卿は先日確かに死刑が執行されており、ワトソンが死亡を確認していました。しかし彼が埋められた墓は内部から破られ、棺の中には別人の死体が。しかもその人間は、アイリーンが探しているあのリオドンという男でした。ホームズは嫌がるワトソンを引っ張って、さっそく調査に乗り出します。まずはリオドンの住んでいた部屋を割り出して潜入。そこにはさまざまな実験器具や化学薬品が並べられており、外にはばれないように何かを製造していたようでした。

さらにブラックウッドが関与している形跡も発見。と、そこへ証拠隠滅のため部屋を焼きに来た3人の男が立ちはだかります。しかもその一人は超のつく大男。ホームズとワトソンは苦戦しますが、何とか彼らを撃退。しかしハデに暴れすぎたせいで二人とも留置所送りとなってしまいます。ワトソンは婚約者のおかげで保釈されたものの、彼女に嫌われたホームズは1人犯罪者たちの中へ置き去り。

そこへスコットランドヤードのレストレード警部があらわれ、ホームズを受けだして馬車へ乗せます。どうやらかなりの大物がホームズを保釈させたようでした。目隠しをされて連れて行かれた先は、トマス・ロザラムという男の屋敷。表向きは首席裁判官でしたが、その一方で「テンプル第4修道会の長」という裏の顔を持つ人間でした。

ブラックウッドの陰謀

部屋の中には、米大使のスタンディッシュと内務大臣のカワードもあらわれます。彼らもまたテンプル第4修道会のメンバーで、3人はホームズに「ブラックウッド卿の野望を止めてほしい」と依頼します。ロザラムが儀式でもうけた私生児ブラックウッドは黒魔術に傾倒し、死に憑りつかれていたのです。

ロザラムはブラックウッドが、「まじないの書」による魔術で世界を変えようと企んでいると警告します。ホームズは報酬なしで依頼を受けますが、ロザラムはほどなくして入浴中に死亡。ブラックウッドの仕業でした。ホームズはロザラムの浴室の裏に隠し部屋を発見し、そこでスフィンクスの図像と共に、鷲の羽根、ライオンの爪、雄牛の骨、そして人間の髪を見つけます。

惨劇は終わらず、次に標的となったのは米大使のスタンディッシュでした。修道会の集会に呼び出されたスタンディッシュの前にブラックウッドがあらわれ、魔術による世界征服に加わるよう求めます。すでに修道会は掌握され、カワードも仲間となっていました。要請を拒絶するスタンディッシュは火だるまとなって死亡。

一方ホームズは、事件の手掛かりが川沿いの屠畜場にあると見て急行します。そこはまるで化学工場の様相――リオドンの部屋と同じような設備がそろってました。と、そこへブラックウッドの声が響きます。「明日の正午、お前の知る世界が終わる」と。突然機械類が動き出し、囚われたアイリーンが切り刻まれようとしますが、何とか救出。しかしブラックウッドを追ったワトソンは罠にかかり、大爆発に巻き込まれてしまうのでした。

リオドンの兵器

ワトソンは背中に火傷を負ったものの、命は無事でした。こっそり彼を見舞ったホームズの背中に、ワトソンの婚約者ケリーが声をかけます。「事件を解決して」と。ホームズは全ての謎を解くべく推理を巡らせます。夜が明け、眠り込んでいたホームズが目を覚ますと、そこにはワトソンとアイリーンの姿が。ホームズは彼らに自らの推理を話します。

今まで起きた殺人は、全て第4修道会の儀式に基づいたものでした。最初の5人の娘の殺害地点は五芒星を形作り、そしてリオドン、ロザラム、スタンディッシュの3人は、修道会のシンボルであるスフィンクスを象徴していたのです。リオドンは「人間の頭」、ロザラムは「雄牛の尾」、スタンディッシュは「鷲の翼」を表していました。残るは「獅子の足」ですが、3人の殺害地点から推定される場所は国会(獅子はイギリスの象徴)。

ホームズはカワードを罠にかけ、ブラックウッドが国会地下の下水道に何かを仕掛けたことを突き止めます。それは史上初の化学兵器でした――電波を受信すると装置が作動し、青酸ガスが発生して国会内に流れ込む仕組みです。ホームズはパイプと銃弾の火薬を利用した即席の時限爆弾で装置を破壊し、惨劇を阻止。

しかし、アイリーンが化学物質の入ったシリンダーを持ち逃げしてしまいます。建築中のタワーブリッジに彼女を追いつめるホームズですが、そこへブラックウッドが現れます。ホームズとブラックウッドの一騎打ちが繰り広げられますが、ブラックウッドは足場が崩れた際に鎖が首に絡まって絶命します。アイリーンも拘束し、シリンダーも取り戻したホームズですが、彼女は依頼主がモリアーティという男であり、「彼を甘くみてはならない」と警告するのでした。

ホームズはアイリーンが囮で、モリアーティの真の狙いが電波を受信する画期的な遠隔装置であることに気づきますが、もはや後の祭り。新たな敵の出現に、ホームズは再び捜査へと乗り出すのでした。

シャーロック・ホームズの作品情報

シャーロック・ホームズのジャケット写真
レンタル開始日
2010/07/21
監督
ガイ・リッチー
キャスト
ロバート・ダウニーJr.(シャーロック・ホームズ) ジュード・ロウ(ジョン・ワトソン医師)
上映時間
128分
GEOで購入!
シャーロック・ホームズのユーザ評価

評価数:2592件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 数あるシャーロック·ホームズ作品の中では異色のアクロバティックなホームズでしたアメリカ産のアクションがふんだんに散りばめられていてなかなか見応えありました!ホームズとワトソンの関係もクスッと笑えるやり取りがあったり楽しめました
  • とっても面白かったです! ホームズと相棒のワトソン医師とのコミカルなやり取りも好きだし、2人の絆が観ていて気持ち良いです。頭脳派なのに肉体派でもあり戦いも超強い3枚目のホームズがとっても良かったです。 個人的にはドラマ『エレメンタリー』よりも味がありパンチ効いてて面白いですよ‼︎
  • この作品の世界観大好きです。ミステリーやホームズ好きなら一見の価値アリ!また新たなホームズとして見れば更に面白さはアップ。謎解き推理だけに留まらずアクションを度々組み込んでたのが良かった!それに台詞の面白さや会話のリズムの良さストーリーのわかり易さがかなりgood! 所々回りくどさがあってそこが少し勿体ないが全体的に良かった!!是非続編も観たい。

参考URL
・youtube.com