ショーシャンクの空にのジャケット写真

20年近くの刑務所生活の中でもおのれを見失わず、ついには脱獄に成功した男の奇妙な逸話の数々とその親友の囚人をめぐるヒューマンドラマ「ショーシャンクの空に」。希望を捨てずに生き続けた男性の脱獄劇、その執念には恐れ入ります。それでは物語のあらすじからネタバレまでどうぞ!

監督:フランク・ダラボン、原作:スティーヴン・キング、脚本:フランク・ダラボン、音楽:トーマス・ニューマン、出演:ティム・ロビンス モーガン・フリーマン ウィリアム・サドラー ボブ・ガントン ジェームズ・ホイットモア クランシー・ブラウン

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

ショーシャンク刑務所に入った銀行員アンディー

妻とその愛人を殺したという冤罪で終身刑になり、ショーシャンク刑務所に入れられた銀行の副頭取アンディー。入所初日、刑務所からいきなりの洗礼を受けます。ショーシャンク刑務所はかなり劣悪な環境で、素っ裸で歩かされたり、新入りの囚人の誰かが泣くまでからかわれたり、それを注意しに来た看守が囚人を暴行し殺してしまったりと、かなりめちゃくちゃです。

最初は人を避けていたアンディーですが、黒人の囚人レッドと友人になります。レッドは20年以上も刑務所にいる調達屋で、看守にばれないように他の囚人に必要な物を仕入れる替わりに報酬を受け取っています。アンディーはレッドにロックハンマーを要求します。それを使い、チェスの駒などを自作するためです。レッドは、囚人に似つかわしくない上品なアンディーの様子に興味を惹かれ始めました。

ところが、アンディーは他のたちの悪い囚人ボグズに目をつけられ、暴行を受け生傷が絶えない毎日を送ります。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=cfRTCWsfgQ0

アンディーの影響で刑務所の環境が改善

そんなある日、屋根のタール塗りをしていたアンディーは、自分の銀行時代の知識を生かして看守主任の相続税を非課税にする合法的テクニックを教えます。さらにその書類作成を請け負う替わりに仲間の囚人達にビールをふるまわせることを約束させます。レッド達囚人仲間はもちろん、看守もアンディーに一目おくようになります。

ボグズに半殺しにされたアンディーですが、そのボグズが今度は看守に半殺しにされて病院暮らしになったり、抜き打ち検査の際も壁に貼った女優のポスターを見逃してもらったりなど、アンディーにとって良い方向になり始めました。そして、アンディーは所長から図書係に任命されます。ただし、仕事は看守の所得申告の代理など、銀行員としてのアンディーの知識を生かしたものでした。

他にもブルックスという図書係がいましたが、彼は仮釈放されました。でも、50年シャーシャンク刑務所にいたブルックスはシャバの生活についていけずに首つり自殺します。

アンディーは6年間毎週一通、市役所に図書室用予算がもらえるように手紙を書き続け、ついに中古図書が贈られ、図書室も立派になります。

冤罪の証人トミーの死

ショーシャンク刑務所の所長は、表向きは社会奉仕目的で囚人を労働者として提供していましたが、目的はピンハネでした。他の業者に対して入札で便宜を図る代償として賄賂を受け取っていたのです。さらにそれがばれないようにアンディーに架空の人物の口座名にお金を振り込ませるなど裏工作までしていました。

ある日、トミーという若者が入所します。アンディーは学問を身につけたいトミーの教師になります。そのトミーは、なんとアンディーの妻と愛人を殺した真犯人を知っていました。つまり、アンディーの冤罪の証人です。それを聞いて再審査請求を求めるアンディーですが、自分の収賄を知っているアンディーを所長は釈放させず、逆に1ヶ月懲罰房に閉じ込めます。その間に所長は口封じのためトミーを射殺し、アンディーが会計の仕事を続けるように卑劣な脅しをかけます。この所長、相当の悪ですね!

懲罰房から出たアンディーは、レッドに自分の希望を打ち明けます。ジワタネホという土地でホテルを開いてボートで釣りをする毎日を送りたいことなどです。そして、レッドに手伝ってほしいと頼みます。もし出所したらバクストンという場所の牧草地のカシの木の下を探すようにと告げます。

脱獄したアンディーのその後

会計係の仕事に復帰したアンディーですが、ある嵐の日に突如行方をくらまします。無人になっていたアンディーの牢屋を調べる所長達は、女優のポスターの裏側に抜け穴があることを発見し、アンディーが脱獄したことを知ります。彼はレッドからもらった小さなロックハンマーで何年もかけて壁に穴を掘っていました。入所後すぐに脱獄の計画をたてていたわけです。でも、アンディーが脱獄を決意したきっかけはトミーの死です。

命がけで脱獄したアンディーは、書類上でしか存在しなかった男になりすまし、複数の銀行から合計37万ドルを引き出しました。さらに、所長の隠し金庫に入っていた看守による殺人や所長の不正の証拠をマスコミに送ります。それを受けて警察がショーシャンク刑務所に立ち入り検査をします。所長はピストルで自殺します。

その後、レッドは仮釈放されますが、自殺したブルックスと同様、シャバの生活に全くなじめません。アンディーとの約束を思い出したレッドは、バクストンにあるカシの木の下に向かいます。そこにあったのはアンディーからの「仮釈放おめでとう。仕事を手伝ってほしい」という手紙でした。ジワタネホに向かったレッドは、アンディーと再会しハグします。

ショーシャンクの空にの作品情報

ショーシャンクの空にのジャケット写真
レンタル開始日
2001/05/21
監督
フランク・ダラボン
キャスト
ティム・ロビンス モーガン・フリーマン
上映時間
143分
GEOで購入!
ショーシャンクの空にのユーザ評価

評価数:6008件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 監獄ものと言ったらこの作品。刑務所って個性が強い人が多すぎるから見てて飽きない
  • 刑務所や精神病棟を現実社会の縮図として描いた映画は多いが、本作は最も有名かつ人気のある作品に違いない。自分が今何故ここに居るのか。どうすれば楽しく生きていけるのか。象徴的に描いている本作であるからこそ、我々大多数に共通して響くものがあるのだと思う。因みに、原作もオススメ。
  • 無実の罪でショーシャンク刑務所に囚われてしまった青年が、何十年もの刑務所生活で考え方が変わってくる。この作品を見終わった後に、感じること、考えることは人により異なるような作品だと私は感じた。あなたはどう感じるでしょうか。

「グリーンマイル」もチェックしよう!

同じ監督フランク・ダラボン氏が製作した「グリーンマイル」も、舞台は刑務所です。幼女を殺害した疑いで死刑囚となった大男ジョンは、他人を癒す不思議な能力を持っていました。看守長のポールは彼の人間性や行動から殺人犯だとは信じられず救おうとしますが、結局ジョンは死刑になってしまいます。その代わりにポールがものすごく長寿になり、ジョンを救えなかった長い人生を送ることになってしまうのです。刑務所の中での様々な人間ドラマや葛藤など、とても見応えのある作品です。

オススメ作品情報

グリーンマイルのジャケット写真
レンタル開始日
2000/11/15
監督
フランク・ダラボン
キャスト
トム・ハンクス デヴィッド・モース ボニー・ハント
上映時間
188分
GEOで購入!

グリーンマイルのユーザ評価
 評価数:1813件 
 評価:★★★★☆(4.2/5) 

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 不屈の名作。人生が詰まっている。死刑囚と看守の奇妙に思える友情に笑い、あまりにも理不尽なラストに泣く。
  • 何度見ても泣ける映画です。冤罪となってしまったジョンの心の綺麗さ、最後の最後まで他人を思いやる気持ちに涙が止まりませんでした。
  • シリーズ物以外で、一番大好きなのが、このグリーンマイル。何度見ても悲しくて泣けてしまう。善人がなぜ裁きを受けなければいけないのか…。人間という生き物に対して深く考えさせる物語。

参考URL
・youtube.com