ジェイソン・ボーンのジャケット写真

<簡単な解説>
マット・デイモン演じるボーンシリーズ新章にあた「ジェイソン・ボーン」。CIA暗殺者の過去と決別したジェイソンが、元同僚から得た情報を発端に再び動き出す!CIAとの最終決着はつくのか?それとも、新たな敵が現れるのか?ハラハラ・ドキドキがとまらない映画「ジェイソンボーン」のネタバレを大公開!

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

ジェイソン・ボーンのネタバレあらすじ-1:ジェイソン、アテネでニッキーと再会

サイバー担当官「リー」の目前で、ハッキングが発生。CIAの極秘情報が次々盗まれて行きます。調べみると、元CIA局員「ニッキー」の犯行です。ニッキーは、盗んだ情報から元CIAエージェントである「ジェイソン・ボーン」の秘密も知り、彼とコンタクトを取るため、ギリシャのアテネへ向かいました。



ストリート・ファイトで生活をしていたジェイソンは、ニッキーからの連絡を受け、アテネの広場で再会することになります。アテネでは激しい民衆暴動が起こっていましたが、CIAは彼らの再会場所を突き止めました。そして、「アセット」という作戦員が加わり、CIA局長「デューイ」からニッキーとジェイソンの抹殺命令を受けます。



アセットたちの追跡を賢明に逃れていたニッキーとジェイソンでしたが、アセットの狙撃を受けニッキーが命を落とします。死の間際、ニッキーはジェイソンにロッカーの鍵を預けました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2e_KjLjVTxY

ジェイソン・ボーンのネタバレあらすじ-2:ジェイソン、父の死とその真相

ジェイソンが駅のコインロッカーを開けると、USBメモリを発見。そこには、CIAの極秘情報が保存されていました。ジェイソンは、ニッキーを巻き込んだダッソーの元へ行き、データ閲覧し、父の死に関する情報を見つけます。



そこへCIAの現地局員たちが急襲。ジェイソンはリーからの連絡で逃走し、それぞれの思惑が交錯します。リーはジェイソンを味方にし、CIA局長へ伸し上がろうとしました。現局長のデューイはジェイソンの父の真相を隠したいと思っています。デューイの影の部下であるアセットは、刑務所暮らしの借りを返すため、ジェイソンへの復讐を誓っていました。



そんな中、ジェイソンが元CIA局員のスミスの元へ行き、父の死の真相を聞き出します。しかし、アセットの追跡でスミスが死に、ジェイソンはビルの屋上から落下しながらも、命からがら逃げ延びます。リーと対面し、ラスベガスで再会する約束をしました。

ジェイソン・ボーンのネタバレあらすじ-3:ジェイソン、ラズベガスで決闘三昧

主催者のIT企業CEOアーロン、デューイ、リーが一同に会しました。デューイは極秘情報の暴露を目論むアーロンの抹殺命令をアセットに下しています。アセットのライフルがアーロンを狙っていると、ジェイソンが現れ、すんでのところで阻止。アセットは逃走しますが、ジェイソンはデューイを追いました。



彼の部屋へ行くと、デューイの部下が入り込み、ジェイソンを狙撃。デューイが銃口を向けると、リーが現れ、デューイに弾丸を打ち込みます。デューイは絶命。ジェイソンの促しでリーはその場を離れます。



ジェイソンも、会場ホテルから逃げようとしますが、その途中で父の敵であるアーロンを目にします。ジェイソンはアーロンを追走。とうとう地下道で2人が対峙します。激闘の末、ジェイソンがアーロンに止めを刺し、父の復讐を果たしました。

ジェイソン・ボーンの最後:CIA新局長に誘われるジェイソン

局長デューイが死んだ後のCIA――ラッセルは、デューイが密かに進めていたアイアンハイド計画をリーに引き継がせます。CIA新局長になったリーは、ラッセルからジェイソンの処遇を尋ねられます。リーは「ジェイソンは私を信頼している。CIAを裏切らない」と回答。「もし裏切った場合はどうするか?」とラッセルが質問すると、リーは躊躇なく、始末すると応じました。



車中の会談が終わり、リーが公園へ。ベンチ前で佇んでいるとジェイソンが現れます。リーが、本当は愛国者で国のために働きたいのだろうからCIAへ復帰することを促しました。ジェイソンは、少し間を置き、考えておくと告げます。



リーが車へ戻り、エンジンを掛けようとすると、助手席に残されたレコーダーを発見。再生すると、ラッセル長官との会話が記録されていました。

ジェイソン・ボーンの作品情報

ジェイソン・ボーンのジャケット写真
レンタル開始日
2017/03/08
監督
ポール・グリーングラス
キャスト
マット・デイモン(ジェイソン・ボーン)、トミー・リー・ジョーンズ(デューイCIA長官)
上映時間
123分
GEOで購入!
クチコユーザの評価・ネタバレ
  • このシリーズは何作出ても映画のクオリティが落ちないのが特徴。きっと時間をかけて脚本を作っているのだと思います。矛盾もなくストーリーがずっと展開してますので飽きない作品です。
  • シリーズ大好きで 全部観てます。 マット・デイモンの 何をするか分からない アクションが いいですね
  • 全シリーズを観ているが、今作も激しいアクション満載でとても楽しかった。

参考URL ・youtube.com