ステキな金縛りのジャケット写真

殺人事件の証人として呼び出された落ち武者の幽霊と三流弁護士が繰り広げる騒動を描くコメディ。「悪人」の深津絵里、「星守る犬」の西田敏行、「奇跡」の阿部寛、「プリンセス トヨトミ」の中井貴一、「はやぶさ HAYABUSA」の竹内結子など、豪華俳優陣の共演も見どころ。監督は「ザ・マジックアワー」の三谷幸喜。

監督:三谷幸喜、脚本:三谷幸喜、音楽:荻野清子、出演:深津絵里 阿部寛 西田敏行

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

後のない落ちこぼれ弁護士が受けた殺人事件の被告の弁護

失敗続きで後のない弁護士・宝生エミは、上司の速水から託され、勝てる見込みのない殺人事件の弁護を担当することになります。被告は妻殺しの容疑をかけられている矢部吾朗。転落死をした妻・矢部鈴子の部屋には争った形跡と鈴子のものではないボタンが押収されており、そのボタンが欠けた上着が別居中の五郎の家にあったことから、殺人の容疑がかけられているということでした。

エミが五郎に話を聞くと、事件当日は泊まっていた宿で金縛りにあっていて、外に出るどころか全く動けなかったと言うのです。エミはアリバイを証明するべく、吾朗の泊まっていた「しかばね荘」を訪ねます。そこにいたのは、戦国時代の落ち武者・更科六兵衛の幽霊!

事件当日、六兵衛が吾朗にのしかかっていたという証言を得ると、エミは六兵衛を証人として裁判へ立たせようとします。六兵衛は自分と同じく無実の罪で裁かれようとしている者がいると分かると、自分の記念碑を建てることを条件に協力を約束しました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=w9A7f_dOhLs

六兵衛の存在を証明させる様々な奇策

六兵衛の姿は全ての人に視えるわけではないので、まずは法廷で幽霊の存在を認めさせなくてはなりません。姿が見えなくとも幽霊が「息」は出せると気付いたエミは、穴の開いた笛ガムを使って音を出させ、六兵衛の存在を証明します。そして、YESなら音を1回、NOなら2回鳴らすという決まりで質問を成立させますが、検事の小佐野は「幽霊の証人など認められない!」と一蹴してしまいます。

一方、小佐野は自分のことが視えているのではと感づいた六兵衛は、あの世から小佐野が死に目に会えなかった愛犬ラブを連れてきます。大感激した小佐野は、人目もはばからずラブ(幽霊)とじゃれ合ってしまい、六兵衛の存在も認めざるを得なくなり、証人としても六兵衛を認めることになります。

しかしその矢先、「向こうの世界」の管理局公安である段田譲治という男が、強制送還命令が出ていると言い六兵衛を連れ戻しに来てしまう事態に。小佐野がなんとか六兵衛が連れて行かれるのを食い止めます。そして、笛ガムの代わりに固定されたハーモニカが採用されることに。ところが、法廷では六兵衛に対する容赦ない小佐野の追及が…エミはどんどん追い詰められていくのでした。

エミと六兵衛の不可思議な友情

そんな中、「六兵衛が小佐野の愛犬をあの世から連れて来られたのだから、殺された矢部鈴子本人を連れてきて証言させるのが一番だ」とエミは思い付きます。しかし六兵衛は鈴子を見つけてくることができませんでした。追い詰められ周りが見えなくなるエミに、同棲中の恋人・工藤は愛想を尽かし、家を出て行ってしまいます。

傷心のエミが六兵衛に、自分が幽霊を信じなかった理由を語ります。幼い頃亡くなった父に、いくら寂しいと語りかけても父は現れてはくれなかったからだと言うと、六兵衛はいつでも父はエミを見守ってくれていると優しく諭します。そしてエミは救われたような気持ちになると同時に不可思議な友情を感じるのでした。

まもなく、段田はエミと六兵衛に強制送還のリミットが来たと告げます。少しだけ時間をもらったエミは、六兵衛をある場所に連れて行きます。そこは六兵衛の子孫で歴史学者である木戸の協力を得て、六兵衛の慰霊碑が建てられることになった場所でした。感激した六兵衛は、自信を持つようにとエミを励まし別れます。

遂に解明される真犯人と事件の真相!

エミは六兵衛が鈴子を見つけられなかった理由が、殺されたのは鈴子ではなく、よく似た姉の風子だったからではないかと思い当たります。エミは病気で危篤状態に陥っている速水に向こうへ行ったら段田を訪ねろと伝えます。そのまま息絶え、直後に幽霊となった速水と共に現れた段田に、エミは「鈴子」ではなく「風子」を探して連れてくるよう依頼しました。

そして法廷で幽霊の姉・風子に「自分を殺したのは矢部ではなく妹の鈴子だ」と証言させます。鈴子は姉の夫・日野と愛人関係になっており、邪魔な風子と夫・矢部を同時に消そうとしたのが事件の真相でした。矢部は無事無罪となり、前代未聞の幽霊裁判も幕を閉じました。誰もいなくなった夜の法廷で一人、物思いに耽るエミ。傍らには六兵衛がいますが、もうその声も姿も認識できません。

六兵衛はエミのため、死んだ父を連れてきてくれていました。二人に気付かないエミに、裁判で使用したハーモニカで話しかける六兵衛と父。お父さんなの?ずっとそばにいたの?様々な質問にその都度ハーモニカは1度鳴ります。裁判で使われていた「YES」の合図です。ハーモニカを介して会話する父と子の姿は、とても幸せそうに月明かりに照らされ、それを見る六兵衛もまた幸せそうに笑うのでした。

ステキな金縛りの作品情報

ステキな金縛りのジャケット写真
レンタル開始日
2012/05/11
監督
三谷幸喜
キャスト
深津絵里 阿部寛 西田敏行 竹内結子
上映時間
142分
GEOで購入!
ステキな金縛りのユーザ評価

評価数:7559件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 西田敏行が最高に面白い。深津絵里の演技も良かったです。時間的に長い作品ですが、楽しくて全然気になりませんでした。一人で見ても家族で見ても笑える作品だと思います。
  • これは面白すぎます!落武者の霊を事件の証人にするという発想、さすが三谷流。楽しくて笑えて、でもちょっぴり切なくて、大人から子供まで楽しめる映画だと思います。深く考えず、この世界観にノッてみることをオススメします。
  • サスペンス、ミステリーさながらのオープニングから、そのまま法廷ものとして進んでいくのかと思っていたら、容疑者のアリバイを証明するのは「落ち武者の幽霊」と判明した瞬間、怒涛のコメディ・ショーが始まる。 何が起きても大真面目な登場人物に笑わずにはいられません。最後のエンドロールまで笑いどころのある作品です。

コメディの巨匠・三谷幸喜なら「ザ・マジックアワー」もチェック!

感動も織り交ぜつつ、全編に笑いが散りばめられた三谷幸喜監督の作品。エミ役の深津絵里と更科六塀衛役の西田敏行も出演している「ザ・マジックアワー」も、「ステキな金縛りに」に負けるとも劣らない三谷幸喜らしい喜劇作品です。こちらも「ステキな金縛り」と合わせてチェックしたいですね!

ザ・マジックアワーの作品情報

ザ・マジックアワーのジャケット写真
レンタル開始日
2008/12/03
監督
三谷幸喜/dd>
キャスト
佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか
上映時間
136分
GEOで購入!
ザ・マジックアワーのユーザ評価

評価数:1399件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 三谷幸喜最高!なぜこうも緻密で想像を良い意味で裏切ってくれるプロットを思い付けるのか。 臭い芝居を装う佐藤浩市の演技も面白おかしくて、三谷映画ここにあり!的作品で良かった。
  • でました。三谷さんの作品!これは観る人に夢をあたえるような作品でした。ザ・マジックアワー。 一見それは、?と思うかもしれないが、そういう人たちは、まず見るべきだ。 愛と、夢と希望をこの作品からいただきました。 これを見て、このような素敵なものを感じましょう。最高でした。
  • ストーリーが面白かったですよ。 街のセットも味があっていい! あとマジックアワーの意味にはちょっと暖かい気持ちに。 三谷さんの作品は、好みが分かれそうですが 私はマジックアワーがいちばん笑ったかも! 観終わった後、「茶番か?」とも一瞬頭をよぎったけど、 でも、これは娯楽としてとてもいい作品だなぁってすぐ思い直せた。 だって思い返してみると良く出来ているもの。

参考URL
・youtube.com