スーサイド・スクワッドのジャケット写真

<簡単な解説>
アメリカのDCコミックの悪役たちの活躍が光る映画「スーサイド・スクワッド」。刑務所に収監されている凶悪犯罪者でしか解決できない事件が発生!ハーレイ・クインたちは史上最悪最凶のチームを組み、巨大な闇に立ち向かいます。ハーレイ・クインの運命の人ジョーカーも大活躍?!それではストーリーのあらすじネタバレをどうぞお楽しみください。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スーサイド・スクワッドのネタバレとあらすじ:犯罪者だらけの極悪戦隊

スーパーマンの登場とその死によって、アメリカ政府内では「超人(メタヒューマン)」に対する対抗手段が議論されていました。政府の高官である「アマンダ・ウォラー」はメタヒューマンが敵に回った際の対抗力として、収監中の凶悪犯たちを利用することを提案します。その凶悪犯とは、元精神科医で凶悪犯罪者「ジョーカー」の恋人でもある「ハーレイ・クイン」、狙撃の名手「デッドショット」、炎を自在にあやつる「エル・ディアブロ」、爬虫類のような姿をした「キラークロック」、そして「キャプテンブーメラン」と「スリップノット」の6人。

いずれも名うての犯罪者で反社会的な人間ばかりですが、アマンダは6人の首に小型爆弾を埋め込み、強制的に服従を誓わせます。その上アマンダには強力な手札がありました。それは、古代の魔女「エンチャントレス」を体に宿した考古学者「ジューン」の存在です。

アマンダはエンチャントレスの心臓を握っており、それによって魔女を意のままに動かすことができるのでした。ジューンの恋人であるリック・フラッグ大佐が部隊を指揮することになります。「タスクフォースX」と呼ばれるその部隊は、実際は体のいい捨て石「スーサイド・スクワッド(自殺部隊)」なのでした。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=mAU0ZhEpCP0

スーサイド・スクワッドのネタバレとあらすじ:エンチャントレスの復讐

しかしアマンダの思惑はいきなり狂います。魔女は彼女の支配から脱するために弟の「インキュバス」を蘇らせ、人類への報復を開始したのです。インキュバスは地下鉄の駅構内で次々に人々を襲撃。一方ジューンはエンチャントレスを呼び出して対応するよう強制されますが、逆に体を乗っ取られ逃亡。アマンダは心臓を破壊して止めようとしますが、インキュバスによってエンチャントレスは力を取り戻します。

さらに巨大な破壊兵器を作り上げ、人類を破滅させようと動き出すのでした。駅での異変を受け、さっそくスクワッドに出動命令が下ります。彼らへの指令は、あるビルの最上階にいる要人を救い出すこと。6人は抵抗するも、爆弾のために従わざるを得ません。

しかし同じ頃、ハーレイ・クインを奪い返そうと「犯罪界のピエロ王子」ことジョーカー一味も動き出していました。リックの護衛で日本刀の使い手「カタナ」を加えたスクワッドの面々が現場に到着すると、彼らに向かって来たのは、魔女によって怪物に変えられた人間たちでした。スクワッド一同は怪物相手に苦戦しながらも、少しずつ前進していきます。

スーサイド・スクワッドのネタバレとあらすじ:エンチャントレスの復活

怪物が跋扈するビル内を移動し、何とか最上階にたどり着いたスクワッド一行。しかしそこにいた要人とはアマンダでした。アマンダは室内のコンピューターのデータを全て消去させた後、残りの部下を全員殺害し、証拠隠滅を図ります。アマンダを救出した一行は、屋上に到着したヘリから脱出する手はずでした。しかしヘリに乗っていたのはジョーカー一味。タキシード姿でハーレイ・クインに手を差し伸べるジョーカーは、同時に彼女の爆弾も解除させていました。

デッドショットはハーレイ・クインを撃つよう命じられますが、わざとミスします。しかし二人が再会を喜んだのもつかの間、アマンダの指示によってヘリは撃墜されてしまうのでした。

ハーレイ・クインは別の屋上に落下しますが、ジョーカーを乗せたヘリは地上に墜落。一方アマンダを乗せたヘリも、インキュバスによって撃墜されます。怪物たちに連れ去られたアマンダを救出しに、再びスクワッドが出動。路上で一行を待っていたハーレイ・クインを、スクワッドは何事もなかったように迎え入れます。一方エンチャントレスは、アマンダから奪い返した心臓によって完全に復活していました。

スーサイド・スクワッドのネタバレとあらすじ:決着!するも再び監獄へ

その頃デッドショットは、アマンダの乗っていたヘリの中から機密文書を発見。内容から作戦に不信を抱いた彼はリックに説明を求めます。今回の原因がアマンダらのミスにあると聞いたスクワッドとカタナは、作戦を放棄してバーへ。そこへリックもやってきてジューンへの想いを吐露し、爆弾の起動装置を破壊します。その際デッドショットは隠されていた娘からの手紙を渡され、娘のために作戦を終わらすことを決意。ほかの面々も彼らに続くのでした。

そしてついに決戦の時。スクワッドは魔女に幻覚を見せられるなど苦戦しますが、ディアブロの炎でインキュバスを追いつめ、爆弾によって倒すことに成功します。しかし破壊兵器はすでに完成し、各地が襲われていました。兵器を壊すには魔女の心臓を奪い返す必要がありますが、一同は妖力に翻弄されます。ハーレイは降伏するとみせかけて近づき、魔女の胸を切り裂いて心臓を奪取。すかさずキラークロックの投げた爆弾をデッドショットが撃ち抜き、兵器を破壊します。リックが心臓を砕くと、魔女は死にジューンも復活。

全ては終わりますが、生きていたアマンダによって、スクワッドは再び刑務所へと送られてしまうのでした。独房に戻ったハーレイ。しかしその前に謎の武装集団が出現し、彼女を救出します。その正体は、死んだと思っていたジョーカーと、その部下たちでした。

スーサイド・スクワッドの作品情報

スーサイド・スクワッドのジャケット写真
レンタル開始日
2016/12/21
監督
デヴィッド・エアー
キャスト
ウィル・スミス(デッドショット) マーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン) ジャレッド・レト(ジョーカー)
上映時間
123分
GEOで購入!
スーサイド・スクワッドのユーザ評価

評価数:17118件 
評価:★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 悪人と言われるメンバーが魔女を倒すために集められ団結していくという内容。映像美、アクション共に良く出来ています。登場人物の過去が少し解りにくい所があるので、注意して観ると良いです。
  • アメコミのいろんなキャラが出て来るので、ある程度予備知識がないと楽しめません 例えるならジャンプの孫悟空とジョジョとケンシロウが一緒に出てくる的な。内容はまあ良くある、世界を守る為に頑張った感じなのでワンパターンではあり。まあ日本人キャラが出て来たサプライズはあり。このキャラもアメコミに出て来るので予備知識が…特典映像は長いけど見る価値ありますよ
  • 面白い。マーベルのそれとは違い悪役の描き方を熟知しているのが素人目にもわかる。ヒーローの描き方はマーベル。但し、悪役、若しくはダークヒーローの描き方は断然DCコミックが上だろう。 この映画も例に漏れずダークヒーロー達の活躍が深く色濃く表現されている。ヒーロー映画をもっと楽しく視聴したい貴方にお薦めしたい映画だ。

参考URL ・youtube.com