スーパーマン リターンズのジャケット写真

自らの故郷を探す旅から地球に帰って来たスーパーマン(ブランドン・ラウス)。故郷が宇宙の塵と化していた事に打ちのめされながらも、犯罪の横行する地球の有様を知り、再びスーパーマンとして復活する。スーパーマンの帰還に沸くメトロポリスの人々。だが、かつての恋人ロイスだけは冷淡だった。

監督:ブライアン・シンガー、脚本:マイケル・ドハティ ダン・ハリス、音楽:ジョン・オットマン、出演:ブランドン・ラウス(カル=エル、クラーク・ケント、スーパーマン) ケイト・ボスワース(ロイス・レイン) 

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

地球に戻ったスーパーマン

スーパーマンが地球を離れて5年。地球ではスーパーマンの宿敵であるルーサーが刑期を終えて出所していました。ルーサーは大富豪の遺産を奪い、豪華客船を入手する悪巧みを行ないます。その後、豪華客船を使って北極にあるスーパーマンの秘密基地に潜入、生まれ故郷「クリプトン星」の情報を全て盗み出したのです。

その直後、スーパーマンは地球に戻り、人間の名前であるクラークとして新聞社の仕事に復帰、かつて恋人だったロイスを探します。ところが、ロイスは新型スペースシャトル取材のため不在――おまけにロイスは「なぜ、スーパーマンは不必要なのか」という論文で賞を受賞しており、子どもがいました。さらに婚約者と結婚を間近に控えていることをクラークは知り、ショックを受けます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=34epyn6jPG8

スーパーマンの帰還、ロイスとの再会

一方、北極からクリプトンの力源である「クリスタル」を持ち帰ったルーサー。クリスタルの力を試す実験をすると、突然メトロポリス一帯は停電に陥ります。

そのころ、旅客機に乗車中のロイスは停電の影響で、墜落の危機に晒されるのです。そのピンチに駆けつけたスーパーマン。旅客機を見事救い、スーパーマンの帰還はニュースとなって大々的に報じられることとなります。スーパーマンとしての働きを終えたクラークは、ロイスと再会。同時にロイスの息子であるジェイソン、婚約者であるリチャードとついに対面しました。

スーパーマンが不在であった5年間で紛争や犯罪が頻回に起こっており、その解決にスーパーマンは翻弄されます。そのころ、ルーサーは秘密基地で得たスーパーマンの弱点である鉱石「クリプトナイト」を自然史博物館から盗み出すのでした。

クリスタルの力によってメトロポリスに危機が迫る

ロイスとジェイソンを捕らえ、豪華客船に拉致するルーサー。そこでルーサーはクリスタルを海に投げ、新しい大陸を発生させる計画を明かします。しかし、それはアメリカ大陸が消滅してしまうかもしれない危険な計画でした。ロイスは隙を見て、勤務する新聞社へ危険を知らせる暗号を発信します。

暗号に気づいたスーパーマンとリチャードはルーサーの元に駆けつけますが、既にクリスタルはクリプトナイトに包まれ、海に発射された後でした。急激に成長を遂げるクリスタル。メトロポリスには、再び大停電と大規模な地震、地殻変動が起こります。スーパーマンが市民の救出に向かう間に、リチャードはロイスとジェイソンの元に向かい、再会を果たします。

しかし、ルーサーとその一味は豪華客船をあとにしていたのです。

ルーサーとスーパーマンの対決、宇宙に帰るスーパーマン

巨大化を続けるクリスタルは、ロイス、ジェイソン、リチャードが乗船する豪華客船をも飲み込もうとしました。その危機を救うスーパーマン。セスナ機に3人を乗せたあとはルーサーとの対決に挑みますが、弱点であるクリプトナイトの力により、海に突き落とされてしまいます。

ロイスたちは慌てて引き返し、海中へ沈むスーパーマンを救い上げることに成功しました。その後、太陽光のパワーを受けて復活したスーパーマンはクリスタルの大陸に突撃すると、巨大クリスタルを宇宙空間に放ってしまいます。

ダメージを受けたルーサーは、どうにか脱出に成功します。また、スーパーマンは戦いによってひどく損傷していました。絶望的な容態であったスーパーマンでしたが、奇跡的な回復を遂げます。スーパーマンは宇宙空間へと旅立つ前に、ロイスの家に立ち寄り、ロイスと再会します。また逢えるのかと尋ねるロイス。スーパーマンはいつでも、と答えると、地球をあとにしました。

スーパーマン リターンズの作品情報

スーパーマン リターンズのジャケット写真
レンタル開始日
2006/12/22
監督
ブライアン・シンガー
キャスト
ブランドン・ラウス(カル=エル、クラーク・ケント、スーパーマン) ケイト・ボスワース(ロイス・レイン)
上映時間
154分
GEOで購入!
スーパーマン リターンズのユーザ評価

評価数:795件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 観る前はリメイク物だと思っていて期待してなかったのですが、シリーズ5作目(最新作)だったんですね。 なんと、あのジョン・ウィリアムズのテーマ曲でオープニング。それだけでも満足です。 10代の頃にクリストファーリーブのスーパーマンを見ている私にとっては、その後のリーブの生涯も併せ考えると、とても感慨深い続編であり、(泣ける系の映画ではないと思うのですが)涙が止まらない映画でした。
  • おなじみのスーパーマンが帰ってきて大活躍。宿敵ルーサーも面白い。ロイスとの復活なるか。楽しみの1作。クリストファー・リーブさんから変わって大変だったと思う。必見の作品。
  • 語り継がれるヒーロー・スーパーマン。アメコミ映画は格好良いから好きなのだけど、スーパーマンはなんだかんだで初見でした。ですが、うん、納得の出来。良い。

ヒーロー映画が好きな人に「バットマン」をご紹介!

1989年のアメリカ映画。「バットマン」は人気を博した原作漫画を題材に、ティム・バートンが実写化に挑んだダークファンタジー大作です。マイケル・キートン演じるバットマンは、幼い頃に両親を強盗に殺されたという、悲しい過去を持つ青年。犯人への復讐心を抱え、世界を旅することであらゆる「強さ」を手に入れました。その後、悪と戦うヒーローとして、バットマンの復讐劇は始まります。バットマンの宿敵ジョーカーを演じるのはジャック・ニコルソン。この映画の見どころは、バットマンとジョーカーの鬼気迫る攻防戦です。バットマンは生まれ故郷に広がるジョーカーの脅威から、市民を守ることはできるのでしょうか。公開からしばらく経った現代でもヒーロー系映画として人気続行中のこの作品。ヒーロー映画の導入編として、またヒーロー映画が好きな人におすすめできる映画です。

バットマンの作品情報

バットマンのジャケット写真
レンタル開始日
1998/11/20
監督
ティム・バートン
キャスト
マイケル・キートン ジャック・ニコルソン キム・ベイシンガー
上映時間
127分
GEOで購入!
バットマンのユーザ評価

評価数:1358件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • これぞバットマン!これぞジョーカー! 自分はやっぱりジャック・ニコルソンのジョーカーが好きですねぇ。 どこか愛嬌があって、狂気的な表情! ダークナイト見た人は、ぜひ見てください!
  • 確かに古い。 映像も綺麗とは言い難いし、会話のテンポも今とは違う。CGなんて何それ美味しいの?という時代の作品。 それでも2時間、しっかりと面白かった! 名作は色褪せないという言葉は有名だが、この言葉がこんなにもストンとハマる映画も珍しいのではないだろうか? 今観てなお魅力的な素晴らしい作品でした!
  • バットマンの設定とティムバートン監督のダークファンタジーが見事にハマってる。 ジャック=ニコルソンのジョーカーは人間味も残してる分、愛着も沸くけど、笑い方ひとつとっても怖い。 さすがです。

参考URL
・youtube.com