セックス・アンド・ザ・シティのジャケット写真

人生の経験を積めば積むほど迷いが生まれるものらしい。だからこそピンチのときに救いの手を差し伸べて支え合う彼女たちの固い絆が物を言うのだ。大ヒットTVシリーズの終了から4年、恋に仕事に貪欲な4人の女たちのその後のドラマがスクリーンで新たに展開する。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:マイケル・パトリック・キング
脚本:マイケル・パトリック・キング
出演:サラ・ジェシカ・パーカー シンシア・ニクソン クリスティン・デイヴィス キム・キャトラル

キャリーの婚約

ファッションと恋(とセックス)に生きる女性たちの街、ニューヨーク。コラムニストである主人公キャリーは、親友たちと共にそんなニューヨーク暮らしを満喫していました。過去に何度も別れを繰り返した男性、ミスター・ビッグとの関係も安定し、現在は一緒に住む部屋を物色中。

そんな中、とあるペントハウスに一目ぼれしたキャリーに対し、太っ腹なビッグは予算オーバーにも関わらず購入を決定します。幸せ真っただ中のキャリーですが、かすかな不安もありました。それは「彼との関係に確証がない」ということ。キャリーの不安を感じたビッグは、彼女に結婚の提案をします。ついにたどり着いたゴールに浮き立つキャリー。

しかしこのニュースがあれよあれよと世間にひろまってしまい、話は思わぬ規模に膨らんでしまいます。ヴォーグ誌でキャリーの結婚が特集されただけでなく、招待客も膨れ上がって結婚式のスケールは大きくなるばかり。キャリーのテンションはどんどん上がっていきますが、2度の離婚歴があるビッグはその逆でした。

一方、キャリーの親友たちにもそれぞれの生活がありました。弁護士で一児の母であるミランダは、セックスレスが原因で夫が浮気。平謝りするのも許さず別居を決めてしまいます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=1HXjkVV1wsE

結婚式の悲劇

結婚式前夜。キャリーらはパーティーを開きますが、そこへミランダの夫スティーブがやってきて再び妻に謝罪します。しかしミランダは許さず、興奮した勢いでついビッグに「結婚なんて最悪よ」と口走ってしまうのでした。

そして式の当日がやってきます。うきうきしながら親友たちと会場に着いたキャリーですが、ビッグの姿が見えません。結婚へのためらいが生じた彼は、会場から離れてしまったのです。思い直して戻ろうとしたものの、時すでに遅し。キャリーはビッグにブーケを叩き付けると、式を投げ出し去っていきます。幸福の絶頂から失意のどん底に落ちたキャリー。

しかし何といっても、持つべきものは友達です。そんな彼女をミランダ、サマンサ、シャーロットら親友たちは励まし、メキシコ旅行に連れ出すのでした。しかし太陽が燦燦とふりそそぐリゾート地にやってきても、なかなかキャリーの心は晴れません。それでも徐々に憂鬱から回復すると、友達との会話で気を紛らわせていきます。

一方問題を抱えているのは、キャリーやミランダだけではありませんでした。俳優である彼氏のマネージャーとしてLA暮らしのサマンサは、1人の男に尽くすことにうんざり。昔のように奔放に生きたいという欲求を募らせていました。

過ぎ行く季節

いつまでも落ち込んでいるわけには行かないと、キャリーは仕事を再開させます。その第一歩として、まずはアシスタントを雇うことに。セントルイス出身のルイーズという優秀なスタッフを得ると、元のアパートを買い戻して心機一転出直しを図ります。

ある時ルイーズがメールの整理をしていると、ビッグからのメールが届いていました。しかしキャリーは今後ビッグのメールを見なくて済むよう、別フォルダに入れるよう指示します。元の境遇に戻ったものの、やはり傷は簡単には癒えません。つらい思い出でもヴィヴィアンウエストウッドのウエディングドレスは捨てられず、失敗の原因をくよくよ考える日々。

サマンサやミランダもそれぞれの悩みを抱えていましたが、一方のシャーロットには幸運が訪れます。待ちに待った妊娠が判明したのです。やがて季節は過ぎ、クリスマスがやってきますが、相変わらずキャリーは1人。寂しくカップヌードルをすすりながらDVDを見ていると、ミランダから電話が。彼女もまた1人のクリスマスを過ごしており、結局キャリーはミランダとともに聖夜を過ごすのでした。

そして年が明け、バレンタインデーの季節。LAのサマンサはお手製のスシで自ら女体盛りをこしらえ、恋人のスミスを驚かそうとします。しかし撮影が押した彼はいつまでたっても帰ってこず、結局せっかくの企画も不発に終わってしまうのでした。無念…。

ビッグのラブレター

一方ミランダは、キャリーにずっと隠していたことを告白します。それは結婚式前夜、ビッグに結婚は最悪と言ってしまった件でした。キャリーはショックを隠せず、ミランダを責めます。絶交状態となった2人ですが、ミランダはタクシーを飛ばしてキャリーの家へ。

懸命に謝るミランダに対し、キャリーは「あなただって半年もスティーブを許してない」と指摘します。それがきっかけでミランダとスティーブはカウンセリングを受け、今後どうするかを決めることに。お互いの不信を水に流し、再び一緒に暮らすなら、待ち合わせの場所に現れることにします。そしてスティーブの立場に立ったミランダは、自分の欠点を素直に認め、待ち合わせの場所へ。そこには夫も来ており、二人はめでたく再出発を誓い合うのでした。

そしてサマンサも一つの決断を下します。スミスと別れ、NYに戻ることを選んだのです。そんなある日、レストランに入ったシャーロットはビッグを見かけ、あわてて帰ろうとします。しかし外に出たところで突然破水。ビッグは慌てる彼女を病院へと運ぶと、出産まで付き添ってくれるのでした。

駆け付けたキャリーはその話を聞き、さらにビッグが彼女へいくつもメールを書いていたと知ります。家へ帰ってより分けられたフォルダを開くと、そこには彼からの大量のメールが。内容は過去の偉人たちによるラブレターの引用で、最後に「永遠に愛している」という彼自身の言葉がありました。

それを見たキャリーがあのペントハウスへと走ると、そこにはビッグの姿が。お互いの愛を確認し合った二人は、すぐに市役所で質素な結婚式を挙げます。ドレスも地味、招待客もいない式でしたが、ビッグの計らいで3人の親友が終結。内輪だけの親密なパーティーが行われると、キャリーは結局ブランドや流行は関係なく、愛は色褪せないと学ぶのでした。

セックス・アンド・ザ・シティの作品情報

セックス・アンド・ザ・シティのジャケット写真

レンタル開始日/公開日
2009/01/23
監督
マイケル・パトリック・キング
キャスト
サラ・ジェシカ・パーカー シンシア・ニクソン クリスティン・デイヴィス キム・キャトラル
上映時間
144分
さらに詳しく見る>
セックス・アンド・ザ・シティのユーザ評価

評価数:1019件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 劇場版を見てハマりドラマもシーズン1から全てレンタルしました!
    劇場版2は正直イマイチでしたが
    こちらはおしゃれなマンハッタンの景色やキャリーのファッションショーでとてもテンション上がります。
    個人的にはシャーロットのマタニティファッションが物凄く可愛いです。
    ビッグの相変わらずさにモヤモヤイライラしますが
    全体的に楽しめる作品です。

  • 起きる事件がリアルで、意外に飽きませんでした。
    リアルすぎてある意味、結婚に対する夢が壊れるかも。

    ビックとの関係には、はっきり言ってもうげんなり。
    とても中身がいい男には思えないけど、キャリーがハマりすぎ。

    キャリーのアシスタントをやったジェニファー・ハドソンはやはり存在感がある。

    しかし40代にしては女優がキレイ。

  • なつかしのSATC!変化しながらも変わらない4人にまた会えてうれしい。
    あれからの4人は日常に愛と幸せを求めながら毎日を暮らしてる。
    キャリーとビッグの結婚式はビックリの展開だったけれど、つらいときこそ友情が光る。
    この4人がいいのは、成功した女だからこその強さを持ちながらももろさもあって共感できるところ。
    ミランダがいい例。弁護士として成功し家庭をもち凛としていても一度の浮気が許せず怒りながらもさみしさに耐えている。
    主人公たちが笑ったり泣いたり怒ったりしながらもあくまでも自分らしくあろうとする姿に感動する。

参考URL
・youtube.com