チェケラッチョ!!のジャケット写真

楽器にまともに触ったことも無いのにヒップホップバンドを組んだ高校生四人組が、思春期のありふれた悩みに振り回されながら、自分たちのライヴに向けて奮闘する青春ストーリー。主演は「偶然にも最悪な少年」の市原隼人。監督はTVドラマの演出を多数手掛け、本作が映画初監督作になる宮本理江子。

監督:宮本理江子、原作:秦建日子、脚本:秦建日子、音楽:亀山千広、出演:市原隼人(伊坂透) 井上真央(南風原唯) 平岡祐太(玉城哲雄)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

仲良し4人組がバンドを結成

沖縄の平凡な高校3年生である透、暁、哲雄、唯は仲良し4人組み。哲雄は大学に向けて受験勉強をしていて頭が良さそうに見えますが、透と暁は明るさだけが取り柄。紅一点の唯は「格闘バカ」と呼ばれるおてんば娘です。ある日、4人でライブハウスへ行き、沖縄のインディーズシーンで人気を集めているヒップホップグループ、「ワーカホリック」のライヴを見たことを機にヒップホップに感化されます。

自分たちでもバンドを結成しますが、目的はそれぞれ。モテたい、スターになりたい、好きな人と一緒にいたいなど。透はバンドを結成することで想いを寄せる渚との距離を縮めていきます。そんな中、お調子者の暁のおかげで憧れの人気バンド「ワーカホリック」の前座をやらせてもらえることに。楽器をまともに触ったこともなかった4人が高校の音楽室から楽器を盗み出し、三味線教室で練習を開始。謎の外国人の特訓も受けたりと、四苦八苦します。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e2LC0rNo_YQ

恋の試練と4人の気持ちがバラバラに

バンド名はおじいやおばあの投票の結果、沖縄の市外局番である「098」に決定。「098」はライブに向けて作ったこともなかった曲作りから始め、練習を頑張り、ライブには透が思いを寄せる渚も来てくれました。ですが、経験の乏しい「098」のライブは案の定、散々な結果で終わってしまいます。

さらに、渚は4人が憧れる「ワーカホリック」のメンバーである涼太の彼女だったことも知り、透はショックを受け落ち込みます。透と幼馴染でもある唯は密かに透に恋心を抱いているものの、友情と恋愛の間で揺れ動き、それは哲雄も同じ。唯に恋する哲雄は唯を心配し、優しい言葉をかけてあげます。恋という意味では部外者の暁も複雑な恋愛関係を理解しているようです。

そんな折、4人とも高校3年生ということで、卒業後の進路選択の時期が迫ります。少しずつ気持ちがバラバラになり始めた4人。そんな折、渚が失恋を理由に東京へ帰ろうしていることを知ります。

失恋をバネに、4人ももう一度団結

失恋に傷つき東京に帰ることを決めた渚の為に、もう一度ステージに立つ決意をする透。そんな透を他の3人も応援し、「098」は再び動き始めます。周りの人たちの温かいサポートも得て、ライブに向けて一生懸命練習に励む「098」の4人。透はライブの前日に渚をライブに誘いますが、ライブの日は渚が東京へ帰ると決めていた日。渚がライブに来てくれるか分からない不安な状態でライブ当日を迎えることになります。

唯は友情と恋愛で揺れ動いたものの、透の恋を応援し、哲雄はそんな唯をサポートします。3人は透の恋を温かく見守ります。近くにいる唯の気持ちにはまったく気づかない鈍感な透は自分の恋愛に夢中。他の3人は周りの恋愛模様にまで目を向け、お互いの気持ちを尊重しながら自分の恋愛にも悩み、想いを寄せる相手をサポートしたりと青春時代の気持ちを揺れ動きます。

失恋しても支えてくれるのはいつもの仲間

ついに迎えたライブ当日。雨が降ってしまいますが、東京へと帰る予定だった渚もライブに来てくれ透は喜びます。会場にはたくさんの人も集まり、透は一生懸命歌います。いつの間にか雨も止み、「098」の4人はライブを思い切り楽しむことができました。

初めてのライブとは打って変わって今回のライブは大成功を納めます。4人で練習を頑張った成果を発揮することができたのです。渚と涼太は別れているものの、互いに想いあっていることに透は気づきます。渚の気持ちを知った透は自分の気持ちを抑え、二人が恋人同士に戻れるように願います。透の願いが叶い渚と涼太は見事恋人同士に戻ることができ、透は失恋指定まう結果に。

傷心の透ですが、結果を受け入れ、そんな透の周りにはいつもの仲間がいつもどおりいます。唯が透に想いを伝えそうになる場面もあり、それぞれの恋がそれぞれの結果を迎えます。

チェケラッチョ!!の作品情報

チェケラッチョ!!のジャケット写真
レンタル開始日
2006/10/04
監督
宮本理江子
キャスト
市原隼人(伊坂透) 井上真央(南風原唯) 平岡祐太(玉城哲雄)
上映時間
117分
GEOで購入!
チェケラッチョ!!のユーザ評価

評価数:405件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • この女性監督、きれいな映像を撮りますね。(撮影担当が)最初の沖縄舞踊のシーン幽玄だし、水族館の水槽の前のシーン綺麗です。で、予告編からラップに入り込んで行く高校生の青春群像劇かと思っていましたが、本編のサイドストーリー(伊藤歩と玉山鉄二の恋愛ものに市原隼人が絡んで行くやつ)いや、こっちがメインテーマか、良いです。とくに伊藤歩はめきめきいい女優になってきていて、あの声がいいですね。あと柄本明二世の柄本佑がタレントありますね。
  • この映画はノリがかなり良いです。市原隼人ファンなら絶対に見たほうがいいです。ラップのシーンがあるのですがとってもかっこいいですよ。内容は単純ですがたまにはこういう映画もみたくなります。ロケが沖縄なのでゆったりとした雰囲気や景色がとってもいいです。
  • ノリと活きよいで見せるお祭り青春映画ですね。体育会系でもある。過去の青春映画の要所要所のツボは押さえているから、それなりには見れる。内容なき無思想性も好感

参考URL
・youtube.com