ツイスターのジャケット写真

巨大なトルネード(竜巻)の脅威と、それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・スペクタクル超大作。「ジュラシック・パーク」「フォレスト・ガンプ 一期一会」などの世界最高のSFX工房I.L.M.がCGIを駆使して手掛けた、竜巻の映像と音響の迫力が圧巻。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:ヤン・デ・ボン
脚本:マイケル・クライトン アン=マリー・マーティン
出演:ヘレン・ハント ビル・パクストン ジャミー・ガーツ ケアリー・エルウェズ ロイス・スミス アラン・ラック フィリップ・ホフマン

幼少期に遭遇した竜巻の恐怖

1969年、ジョーが6歳の頃、住んでいたアメリカ・オクラホマ州で、巨大な竜巻が発生しました。ジョーは、両親と愛犬トビーとで、地下にある倉庫に避難します。しかし、あまりにも巨大な竜巻にドアが耐え切れず、父親はドアと一緒に竜巻に吹き飛ばされて亡くなってしまい、母とジョーはかろうじて生き残ることができました。

それから27年後、竜巻の研究者となっていたジョーは、気象予報官で別居中の夫ビルの発案で制作された、竜巻観測装置ドロシーの試用運転に、チームで挑んでいました。そこへ、ビルがジョーに離婚届のサインを求めにやってきます。ビルはジョーとの離婚後、精神科医のメリッサと再婚するつもりだったのです。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=hpyVI6h4q_A

ドロシーの試用運転をかねた竜巻観測

ビルは、ドロシーの発案をしたものの、完成までに至っていませんでした。しかしジョーは、ビルが気象予報士を辞め、自分の元を去った後もずっと装置を手がけ、ついに完成させていたのです。

ちょうどその頃、竜巻の発生が確認され、ビルは成り行きから、連れて来ていたメリッサも一緒に、チームに同行することにします。一方、現場にはドロシーのデータを盗み、同じような竜巻観測装置を作っていた、ライバル研究者のジョイナスも来ていました。ジョーのチームは、ドロシーを使った竜巻観測をしようとしましたが、なかなかうまくいかず、ジョイナスたちもまた苦戦しているようでした。

竜巻が去った後ジョーは、一旦竜巻観測から離れ、ビルやメリッサそしてチームのメンバーと共に、オクラホマ州ワキータに住む叔母のメグに会いに行きます。

竜巻発生に求められる迅速性

ジョーたちは、叔母の家で食事をしてくつろいでいる所に、再び竜巻発生が確認されチームは現場に急行します。ビルも竜巻研究への情熱を取り戻してのめり込み、離婚届にサインをもらうという本来の目的も忘れてしまいました。一方で、そんなビルに愛想をつかしたメリッサは、彼の元から去ってしまいます。

そんな中、叔母のいるワキータが巨大竜巻の被害に遭い、街は壊滅状態となってしまったのです。ジョーたちは急いでワキータに駆けつけ、倒壊した家の瓦礫の下から叔母を助け出しました。ジョーやビルはこの一件で、竜巻の被害を最小限に抑えることの重要さを、改めて実感したのです。

風車がヒント!ドロシー改良へ

ジョーはかつて、風の向きや風速などを目視できる簡易的な巨大な風車を、叔母の家の庭に設置していました。ジョーはこの風車からヒントを得て、ドロシーの羽を改良することにします。ドロシーの中には、軽量の金属球が大量に入っており、竜巻に球を持って行かせて追跡しながらデータを取る仕組みになっていました。前回の調査でうまくいかなかったのは、単なる球であることが原因だと思ったジョーは、メンバーに大急ぎで球に羽をつけさせます。

そんな折、ふたつの竜巻が同時に発生。しかも、ふたつの竜巻が合体した超巨大な竜巻となり、広い範囲で猛威を奮っていました。

一方、ジョーナスたちは我先にと、竜巻を追跡しますが、近づきすぎるのは危険と判断したジョーは、ジョーナスたちに警告します。しかし、ジョーナスはそれを無視したため、竜巻に呑み込まれてしまったのです。

ドロシーでの竜巻観測に成功!

ジョーとビルは、車を飛ばして巨大竜巻の向かう方向に先回りし、改良したドロシーをギリギリで設置します。しかし詳細なデータを取ることに成功しますが、ジョーとビルは逃げ遅れてしまいます。ふたりは、近くの牧場にあった納屋にはいると、体をベルトで水道管に縛り付けて固定し、竜巻が通り過ぎるまで耐えました。

竜巻が去った後、外にでたジョーとビルは、巨大竜巻の恐怖を目の当たりにし、生きていたことを喜び合います。そして、お互いが大切な存在だと認識したふたりは離婚を取りやめ、新たに出直そうと復縁を決めたのです。

ツイスターの作品情報

ツイスターのジャケット写真

レンタル開始日
1999/06/25
監督
ヤン・デ・ボン
キャスト
ヘレン・ハント ビル・パクストン ジャミー・ガーツ ケアリー・エルウェズ ロイス・スミス アラン・ラック フィリップ・ホフマン
上映時間
113分
さらに詳しく見る>
ツイスターのユーザ評価

評価数:407件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • モンスター級の竜巻をフルCGでリアルに表現。迫力ある見事な映像に違和感なく引き込まれる。話し自体は恐ろしい竜巻ではあるが、ついつい男勝りなカッコ良いヒロインに魅入られてしまう。ハッピーENDでまさに、台風一過みたいな爽快感が◎
  • 超竜巻!あの破壊力にはなす術がない…真近での映像は圧倒的でした。牛や車が吹っ飛んでくるんですっ。その脅威に果敢に挑戦し続ける研究家達のチームワークが良かったですね。
  • こんな土地もあるのかと思うと怖いです。竜巻の中に入ってみたいなぁ。。。なんて思っていた自分がいたけど牛さんを見て考えさせられました。一人の少女が一つの苦悩を乗り越える為に、大きな夢を描き可能にする。。。いいお話でした。ライバルがいる事でストーリー自体にもメリハリがあって良かったです。

おすすめ作品情報

竜巻をテーマにした作品は他にも、2014年公開の『イントゥ・ザ・ストーム』、1999年公開の『ストーム』などがあります。いずれも、竜巻を調査する気象学者たちの姿を描いています。多くは、『ツイスター』のように装置を制作して竜巻を解明していくというより、竜巻に巻き込まれた恐怖を表現するというのが主体となっています。

イントゥ・ザ・ストームの作品情報

イントゥ・ザ・ストームのジャケット写真

レンタル開始日
2014/12/23
監督
スティーブン・クォーレ
キャスト
リチャード・アーミティッジ(ゲイリー) サラ・ウェイン・キャリーズ(アリソン)
上映時間
89分
さらに詳しく見る>
イントゥ・ザ・ストームのユーザ評価

評価数:9076件
評価 :★★★☆☆(3.4/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 面白かった。POV式で撮られた作品で、興味が最後まで持続する。吹き替えも良い
  • 超巨大竜巻が町を襲うお話なんですけど、父と子の絆物語があったりツイスターを追うチームのお話があったりジャッカスみたいな事してる二人組が出たり、ストーリーも良かったです!!4DXでも見たんですけど、また再上映しないかな~!!(*´・v・`)
  • スケールがでかく、最高に興奮出来る作品でした。常に先が読めず、最後の最後まで集中して楽しめる作品になってます。

参考URL
・youtube.com