デスノート the Last nameのジャケット写真

名前を書き込まれた人間を死に至らしめるノートを手に入れ、犯罪者を独自に粛清する青年と、事件を捜査する探偵の頭脳戦を描くサスペンス・ドラマの後編。2冊目のデスノートが現われ、混乱は更に加速する。

監督:金子修介、原作:小畑健 大場つぐみ、脚本:大石哲也 金子修介、出演:藤原竜也 松山ケンイチ 戸田恵梨香 片瀬那奈 

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

デスノートの所有者であるミサとライト

アイドルとして活躍していたミサはストーカーにつけられます。度がすぎたストーカーはミサを強く思うあまり殺そうとしてきます。しかし、ストーカーは突然心臓発作を引き起こして死んでしまいます。そこへ死神のレムが現れ、ミサにデスノートを渡します。そのノートに名前を書かれた者は死んでしまうというデスノート。ミサのストーカーはこのノートにより死んだということにミサは気づくのでした。

その頃、巷では犯罪者が原因不明の心臓発作で死ぬ事件が多発しています。「キラ」という人物がデスノートを使って殺人を行なっていることに気づいた警察は、警察本部無認可である独自の組織「キラ対策本部」を設置します。そこへ捜査員として参加した高校生のライト。ライトは、実はキラであることを隠し、潜入に成功したのです。本部には竜崎と名乗る探偵Lがいました。Lはライトがキラであることを疑っています。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=MWT1i5a8ChA

ミサとライトが接触、そして監禁される二人

両親を殺されたミサ。その犯人は、キラによってデスノートに名前を書かれ殺されました。自分の復讐を果たしてくれたキラを崇拝するミサは、レムから死神の目を手に入れます。ライトと接触し、死神の目によってライトがキラであることを知ったミサ。二人はデスノートとミサの死神の目を使い、共に行動します。

しかしLはミサを怪しく思い、確保し監禁。デスノートの情報を聞きだそうとします。同時に対策本部へ出入りを禁じられたライト。レムを使ってミサのデスノート所有権を放棄し、ミサはデスノートの記憶を無くしてしまいました。そしてライトも自身がキラでない事を証明するべく、監禁を申し出るのです。その頃、ライトの頼みで死神デュークはライトのデスノート所有権を放棄し、新しくノートの所有者となる高田に渡していました。デスノートの記憶を失い、監禁されるライトとミサ。ところが、高田によりキラの行動は続けられます。疑いのなくなった二人は、監禁を解かれるのでした。

開放された二人、ライトは再び「キラ」となる

デスノートの記憶を失くしたライトは、キラの正体が高田であることに気づきます。高田を追い詰めたキラ対策本部の面々は、高田を捕獲し逮捕。

その時、落ちていたデスノートに触れたことにより記憶を取り戻したライトは、用意していたデスノートの切れ端に高田の名前を書き、殺します。同時にデスノートの所有権はライトに戻り、ライトは対策本部に残留することを希望します。ミサは完全に開放されますが、ライトの指示により隠してあったデスノートに触れ、記憶を取り戻し、再び死神の目も手に入れます。寿命を縮めることと引き換えに死神の目は手に入れることができるため、二度も死神の目を手に入れたミサの寿命は着実に短くなっています。

開放されたミサはノートに名前を書き続けるため、キラの行動は止まりません。ミサの命がなくなりつつあることに気づいたレムは、ミサの寿命をのばすためにデスノートにLの名前を書きました。そして人間の命をのばしたことと引き換えに、灰となり消えていきます。

Lとライト、命をかけた対決が始まる

ミサが持ってきたノートに名前を書き込むライト。しかしそのノートは事前にLがすり替えた偽物であり、Lも死んでいなかったのです。キラをライトだと信じていたLは、高田を逮捕した際に触れたデスノートにレムよりも先に自分の名前を書き、「23日後に死ぬ」と条件を付けていました。

よって、レムはLの名前をデスノートに書いたにも関わらず、殺すことが叶わなかったのです。ライトは偽のデスノートを使用したためにキラであることがばれ、窮地に追い込まれます。死神デュークに「こいつらをノートで殺せ」と叫びますが、デュークがノートに書いたのはライトの名前でした。デスノートを使った人間は、天国にも地獄にも行くことはありません。死んだあとは「無」しか残らない、とライトに伝えたデューク。ライトの死後、Lもまた一人ソファで眠るように亡くなります。

デスノート the Last nameの作品情報

デスノート the Last nameのジャケット写真
レンタル開始日
2007/03/14
監督
金子修介
キャスト
藤原竜也 松山ケンイチ 戸田恵梨香 片瀬那奈
上映時間
140分
GEOで購入!
デスノート the Last nameのユーザ評価

評価数:4141件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 原作が良いから、だけじゃないと思う。脚本もよくできていると思います。これだけ原作の人気が高いと映画化もそれなりに難しいでしょう。 でもこれは、原作を活かしながらも映画として切り離して見てもおもしろい。ドキドキハラハラはないけど、感心させられます。 Lとキラの対決は原作とは違う。果たしてこの映画の主役は誰だったのか。キラかLか…どっちに感情移入して見るか、ですね。
  • すごくよかった。藤原竜也が演じる夜神月がかっこよすぎて何回も見てしまいました。サスペンス映画だけどすごく感動する映画です
  • 前編より多めに松山ケンイチが出てたのが嬉しかった。後ストーリーの結末もある程度納得できるものだった。文句なしの星5つ!

参考URL
・youtube.com