トランスフォーマーのジャケット写真

未知の惑星から、あらゆるテクノロジー機器に姿を変えられる金属生命体が、数年前から地球に到達していた。CDプレイヤー、デジカメ、携帯電話という小さなものから、ジェット機、ヘリコプター、車などの乗り物まで、多種多様なマシンに変身していた彼らに、やがて目的を果たす時が近づく。

監督:マイケル・ベイ、原作:ジョン・ロジャース(ストーリー) ロベルト・オーチー(ストーリー) アレックス・カーツマン(ストーリー)、脚本:ロベルト・オーチー アレックス・カーツマン、音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー、出演:シャイア・ラブーフ(サム) ミーガン・フォックス(ミカエラ) ジョシュ・デュアメル(レノックス大尉) 

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

トランスフォーマーが地球に来た

地球より遥か遠くの惑星:サイバトロンでは、金属から生命を生み出す力がある「オールスパーク」と呼ばれる物質によって、多くのトランスフォーマーたちが暮らしていました。

そして、トランスフォーマーの間でも「善の軍団:オートボット」と「悪の軍団:ディセプティコン」に分散されていて争いが起こっていました。争いの原因は、ディセプティコンがオールスパークの力を奪い、オートボットを殲滅し、ディセプティコンの世界に統一しようとしていたためです。

巨大な力が衝突した闘いの結果、オールスパークは砕けてしまい、宇宙に飛び散ります。最後は悪の軍団:ディセプティコンが勝利し、オールスパークを探しにディセプティコンのリーダー:メガトロンが地球へやって来ます。

メガトロンはオールスパークを見つけますが、北極で凍ってしまいました――そのまま時は流れ1897年、冒険家のアーチボルト・ウィトウィッキーが地中深くの氷の中からメガトロンを見つけます。そしてメガトロンから光が出てアーチボルトが持っていた眼鏡にオールスパークの場所を示す座標が刻まれました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Soxb-7YXK8g

サムとオートボットが出会う

場面は変わり現代、中東カタールのアメリカ空軍基地が何者かに攻撃を受けます。犯人は生き残っていたディセプティコンの手下ブラックアウトで地球の情報を得ようとしていました。

ちょうどその頃ロサンゼルスに住むサム・ウィトウィッキーはどうしても車を購入したいがためにアーチボルトの眼鏡をオークション出品して高額で売ってしまいます。サムは冒険家:アーチボルトの子孫でしたが眼鏡に刻まれていた内容については知りませんでした。サムは祖先に申し訳なさそうに眼鏡を売ってしまいましたが、念願の黄色いスポーツカーを購入し、ずっと憧れていた女性:ミカエラに近づき、次第に仲良くなっていきます。

ある夜、黄色い車が突然ロボットに変身し、それをサムが見て驚きます。ロボットは善の軍団:オートボット側のトランスフォーマー:バンブルビーという名前で、サムの命を守る任務のため近づいていたのです。

サムは状況が理解できないままで突然謎のパトカーに襲われたりとパニック状態でした。サムはバンブルビーの誘いでオートボットの戦士たちが集まる場所に一緒に向かいます。そこにはオートボットのリーダー:オプティマス・プライムと数体の仲間たちも合流していました。

メガトロン復活

オプティマス・プライムはサムに地球に来た理由を説明し、サムは混乱しつつも協力することにします。そこへ「セクター7」と言う米政府の秘密組織がサム、ミカエラ、バンブルビーを強引に捕らえ、国家機密の施設へと連れていきます。そこには地球に落ちたオールスパークの欠片と凍っているメガトロンが管理されていました。

そしてディセプティコンたちはずっとサムたちの行動を監視していたことでメガトロンの居場所をつきとめ、復活させてしまいます。その後、オプティマス・プライムと仲間たちも施設に到着し、トランスフォーマーたちの戦いが地球で始まります。

サムはオールスパークを持ち必死に逃げますが、メガトロンの力は強大でした。オートボットたちは米軍たちと力を合わせメガトロン率いるディセプティコンたちに立ち向かいます。そしてとうとうリーダー同士、オプティマス・プライムとメガトロンの直接対決となります。

サムの活躍

しかし、オプティマス・プライムはメガトロンの威力に押され負けそうになります。サムは勇気をふりしぼり一か八かの勝負をかけてオールスパークをメガトロンの胸に刺しました。するとパワーが一気に放出し始めます。そのパワーを抑えきれないメガトロンは破壊されてしまいます。

メガトロンが倒れたことで子分のディセプティコンたちは宇宙へ逃げ、戦いに終止符が打たれました。そして米政府はメガトロンが二度と復活しないよう、運航が禁止されている区域の深海へ沈めました。オプティマス・プライムたちと一緒に戦ったオートボットたちはサムや米軍の勇気を称え地球に住むことを決意します。

そして宇宙に散らばってしまったオートボットたちに「我々はここにいる。いつまでも待っている」とメッセージを送ります。サムは地球を救った活躍のお陰でミカエラと付き合うことになります。

トランスフォーマーの作品情報

トランスフォーマーのジャケット写真
レンタル開始日
2007/12/19
監督
マイケル・ベイ
キャスト
シャイア・ラブーフ(サム) ミーガン・フォックス(ミカエラ) ジョシュ・デュアメル(レノックス大尉)
上映時間
143分
GEOで購入!
トランスフォーマーのユーザ評価

評価数:3065件
評価 :★★★☆☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 悪役が、意外と弱い所に好感が持てました(笑)。初めは手も足も出なくヤラレっぱなしなのが、ラストシーンでテーマソングが掛かり出した途端に逆転するみたいな安っぽさは払拭されていました。
  • トランスフォーマーを子どもに見せたらオモチャで遊ぶ時に戦いをするようになった。攻撃的になるのは避けたいが、視覚の影響力を実感。
  • トランスフォーマーの映画はスッゴく楽しみで、映画館に見に行きました!スクリーンで観たトランスフォーマーは最高でした!

2017年公開の「トランスフォーマー5/最後の騎士王」もオススメ!

2007年に公開された「トランスフォーマー」。公開されて以降、大ヒットを連発している大人気映画ですよね。見所はなんと言ってもロボットたちの変身シーンです。数万個の部品を手作業で製作した映像は圧巻の一言です。そんなトランスフォーマーシリーズの最新作「トランスフォーマー5/最後の騎士王」が2017年に映画公開されています。最終章(全3部作)の第1段として公開されていて、トランスフォーマーと人間の戦いが避けられない時代になり、これまで謎だった過去や歴史部分など新たな事実が判明する内容となっています。監督のマイケル・ベイ氏も降板の噂がありましたが継続して務めています、さらには最先端のVFXが駆使した映像で見所満載となっています、ぜひご覧ください。

トランスフォーマー5/最後の騎士王の作品情報

トランスフォーマー5/最後の騎士王のジャケット写真
レンタル開始日
2017/12/13
監督
マイケル・ベイ
キャスト
マーク・ウォールバーグ(ケイド・イェーガー) アンソニー・ホプキンス(エドムンド・バートン卿) 
上映時間
155分
GEOで購入!
トランスフォーマー5/最後の騎士王のユーザ評価

評価数:3077件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • キングアーサー時代からトランスフォーマーと共存してた~て話しからスタートし、この映画はどんな方向に突っ走ってくんだろ?て思わせるはちゃめちゃな作品。シリーズ重ねる毎に、ストーリーのシンプルさがなくなりごちゃごちゃしだしたけど、見るべきポイントは、マイケルベイ大好きなド派手なアクションだから、それ見て満足すること間違いなしだね♪ 映像の進化を感じさせる破壊アクションは見物です☆
  • 旦那が大好きなので借りました。大好きなのにレンタル?って思ってる方、、私は前々作を映画館で観て、三分で酔って最後まで目を開けれなかったのです。なのでレンタルで(笑)男は大好きな作品です!
  • 映像美にやられます。いつの時代も心に譲れないものを持って生きていたいと感じました。所々で音楽も効果的に使われていて、作品に引き込まれてしまいます!ぜひ見てください♪

参考URL
・youtube.com