トランスフォーマー リベンジのジャケット写真

<簡単な解説>
製作総指揮スティーブン・スピルバーグ×監督マイケル・ベイという2大ヒットメーカーが手を組んだロボットアクション第二弾。世界中を舞台に、変形ロボット トランスフォーマー 同士の戦いが描かれる。登場するトランスフォーマーも前作の13体から40体以上へと大幅増。主演は「イーグル・アイ」のシャイア・ラブーフ。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

前作から2年後

地球に残ったオプティマスたちはアメリカ軍と協力し合いながら、敵:ディセプティコンの残党と戦っていました。そして一体の敵を仕留めた時「ザ・フォールンが蘇る」と言い残し死にました。そしていつまでも戦いに終止符が打たれないことに疑問を持ち始めた軍内から「オプティマスたちが地球にいるから残党が攻撃してくるのでは」という声が挙がり始めます。」

一方その頃、アメリカにいたサムは大学へ進学し、荷造りをしてきたときに偶然見つけたキューブ(オールスパーク)の破片を持った時から幻覚を見るようになります。その映像は見たこともない文字や風景でした。

同時期にキューブの欠片を見つけたディセプティコンが海に沈められていたリーダーのメガトロンを引き上げ復活させます。復活したメガトロンは宇宙へ行きボスのザ・フォールンと会い、ここから地球への侵略が始まりました。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=7Ieo1J4BS_U

サムの危機

ザ・フォールンは瞬く間に世界中を攻撃し始め「サムを引き渡さなければ地球を滅ぼす」と宣言し、攻撃を阻止していたオプティマスは倒されてしまいます。実はサムの脳内に浮かんだ情報はキューブ(オールスパーク)の謎を解明する内容だったのです。

そして政府はサムを国際指名手配し、サムの相棒のオートボットたちも政府に拘束されてしまいます。その後、サムの前に現れた捜査官から脳内に浮かんだ文字は古代サイバトロン語で、トランスフォーマーたちが使う言語であることを知ります。

そして逃走中のサムはその言語を知っているトランスフォーマーに会うためスミソニアン航空宇宙博物館へ向かいました。無事トランスフォーマーと会ったサムたちはエジプトへテレポーテーションします。

ザ・フォールンの企み

プライム王朝時代の初代トランスフォーマーの一人であったザ・フォールンは以前、地球に来た時に太陽を破壊しようとしました。しかし阻止され、当時使用しようとしていた惑星破壊装置:マトリクスをエジプトに隠されたという過去をサムは聞きます。そして「その装置があればオプティマスは復活するのでは」とサムは考えます。

エジプトに着いたサムたちは、待ち構えていたザ・フォールンから攻撃されます。サムは必死にマトリクスを探し、なんとか見つけますが長い年月が過ぎていたため、触った途端に砂と化してしまいました。

しかしサムは砂になったマトリクスを持ち、倒れているオプティマスのもとに向かいます。ところが、その途中に銃撃戦が起こりサムは銃で撃たれ死んでしまいます。

オプティマスは生き返るのか?

サムは臨死体験中に初代のプライムたちに会い、サムの行動が称えられ奇跡的に生き返り、マトリクスもプライムたちの力によって元通りになります。そしてサムはオプティマスを復活させますが、隙を見たザ・フォールンは元通りになったマトリクスを奪い、起動に成功してしまいます。

それを見たオプティマスは仲間と力を合わせ、なんとかマトリクスを破壊することに成功します。そしてオプティマスとザ・フォールンはピラミッドで最後の戦いをします。

仲間との連携によって強大になったオプティマスは勝利します。同じくザ・フォールンと一緒に戦っていたメガトロンはオプティマスとの力の差に圧倒され、再び宇宙へ逃走します。一件落着したサムは無事大学へ進学しました。

トランスフォーマー リベンジの作品情報

トランスフォーマー リベンジのジャケット写真
レンタル開始日
2009/12/18
監督
マイケル・ベイ
キャスト
シャイア・ラブーフ(サム) ミーガン・フォックス(ミカエラ)
上映時間
150分
GEOで購入!
トランスフォーマー リベンジのユーザ評価

評価数:3265件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 子供から大人まで楽しめるロボットバトル第2弾、前作を超える迫力でした。子供の頃にロボットアニメを観ていた世代の方はワクワクして観れると思います。ロボットが変形するところなんか前作以上に複雑さを増し、あまりの巨大さもあって凝視していても処理しきれません。とにかくすごい!
  • 今回の変身は車だけではありません。工事用車輌なども変身‼️さらに合体もします‼️戦闘シーンでは、味方と敵が解らなくなる時もありますが、かろうじて色付きが味方だとの判断で見ました。面白かったです。
  • 映画本編を観ただけで登場人物の名前や容姿を把握するのは難しい。予習、復習が必要。別に把握しなくても十分楽しめました。「あいつ、かっこよかった」「あれ、すごいよな」とか、復習したくなります。

おすすめの関連作品

世界的に大人気の映画「トランスフォーマー」シリーズ。実はトランスフォーマーは日本のタカラトミーから発売されている変形ロボットが始まりだというのをご存知ですか?子供向けの玩具から全世界で大ヒットとなったトランスフォーマー、車から変身するときの部品一つ一つが丁寧に描かれていてクオリティーが高く、大人が観ても圧巻の映像となっています。 2017年に公開された第5弾で最終章の1作品目の「トランスフォーマー/最後の騎士王」では人類とトランスフォーマーたちとの戦いや、とうとうオプティマスが敵になってしまうという衝撃のストーリーとなっています。映画界の破壊王とも言われるマイケル・ベイ監督が作り上げる大迫力の映像とともにトランスフォーマーシリーズの最終章が始まりました。2017年12月に販売&レンタルも開始されます。是非お見逃しなく。

トランスフォーマー/最後の騎士王の作品情報

トランスフォーマー/最後の騎士王のジャケット写真
レンタル開始日
2017/12/13
監督
マイケル・ベイ スティーブン・スピルバーグ
キャスト
マーク・ウォールバーグ アンソニー・ホプキンス ローラ・ハドック
上映時間
155分
GEOで購入!
トランスフォーマー/最後の騎士王のユーザ評価

評価数:1149件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • キングアーサー時代からトランスフォーマーと共存してた~て話しからスタートし、この映画はどんな方向に突っ走ってくんだろ?て思わせるはちゃめちゃな作品。シリーズ重ねる毎に、ストーリーのシンプルさがなくなりごちゃごちゃしだしたけど、見るべきポイントは、マイケルベイ大好きなド派手なアクションだから、それ見て満足すること間違いなしだね♪映像の進化を感じさせる破壊アクションは見物です☆
  • 第1作目から映画館で鑑賞済み。冒頭から急に始まるが途中で『んー、自分が見ている作品は何なんだろう。』と思った。 前作からの主人公であるケイド・イェーガーはパワーアップしバンビルビー達と共闘していく。作中に少しギャグがあり、結構上映時間は長かったが飽きさせない工夫かもしれない。 そして一番モヤモヤしたのは、続編がありそうな雰囲気でエンドロールを迎えたということ、第5作目でマイケル・ベイ監督は降りると発言していたので、次があると思ってしまうと駄作にならないことだけを祈ろう。

参考URL
・youtube.com