トワイライト・サーガ ニュームーンのジャケット写真

18歳の誕生日、ベラ・スワン(クリステン・スチュワート)は絶望感に包まれていた。永遠に17歳であるヴァンパイアの恋人エドワード・カレン(ロバート・パティンソン)より年上となってしまったことがその理由だった。そんな折、誕生日パーティで事件が起こる。

監督:クリス・ワイツ、原作:ステファニー・メイヤー、脚本:メリッサ・ローゼンバーグ、音楽:アレクサンドル・デスプラ、出演:クリステン・スチュワート(ベラ・スワン) ロバート・パティンソン(エドワード・カレン) 

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

ヴァンパイアになることを望むベラ

ベラは18歳になりました。一方歳を取らない吸血鬼のエドワードは、永遠に17歳のままです。ベラはエドワードと歳が離れてしまうことを嫌がり、ヴァンパイアに変わることを望みますが、エドワードはそれを受け入れようとはしません。

そんなある日、カレン一家で事件はおきます。カレン一家はベラのために誕生パーティーを開いてくれました。楽しい時間を過ごすベラ達でしたが、ふとした瞬間にベラが手を切ってしまいます。切った指から流れる血。カレン一族の中で、人を襲わなくなったのがまだ最近のことであるジャスパーが、その血に反応しベラに襲いかかろうとします。

ベラの血には、吸血本能を蘇らせる特徴的な香りがするのです。他のカレン一家がジャスパーを抑えることでことなきを得たベラですが、エドワードは「ベラを危険な目に遭わせるわけにはいかない」と、ベラに別れを告げます。

※エドワードとしてはベラを守るための判断でしたが、ベラにとっては恋人から告げられる別れほど悲しいものはありませんでした。襲いかかるジャスパーの表情が本気なので、どれだけベラが吸血鬼を惑わす香りの持ち主なのかが伝わってきます。愛しているからこそベラを遠ざけたいエドワードと、愛しているからエドワードと共にいたいベラのすれ違いがもどかしいです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=OcQYB3vyL5A

狼族ジェイコブの支え

ベラは別れのショックから抜け殻のようになります。あまりのショックの大きさに、エドワードの幻影を見るほどです。そんな彼女を見かねて、彼女を優しく支えてくれたのは父の友人であるネイティブアメリカン一族の一人、ジェイコブでした。彼と過ごすうちに元気を取り戻していくベラ。

しかしある日、ジェイコブに異変が生じます。ジェイコブも、ベラに会うことを拒絶したのです。不思議に思いジェイコブ達一族のもとへ向かうベラ。そこでベラが目にしたのは、巨大な狼に変身するジェイコブの姿でした。

ジェイコブの一族は狼の血を引くものと言い伝えられていましたが、実際には狼に変身し、吸血鬼と敵対する狼族だったのです。ジェイコブもその1人で、変身する時期が来ていたのでした。

※変身する時がくると体温が上がることから、ロングヘアだったジェイコブが短髪になるのですが、雰囲気がかわり、大人の青年に変身を遂げたかのようでドキドキします!巨大でどう猛な狼に変身しますが、変身後でもジェイコブの優しい目は変わらないのが印象的です。

自暴自棄になるベラ、絶望するエドワード

エドワードとジェイコブに関わる事実と寂しさに耐えられなくなるベラ。ある日、ベラはエドワードの幻影に会いたいがために崖から海へと飛び込んでしまいます。溺れかけたベラを助けたのはジェイコブでした。しかし”ベラが死んでしまった”と思い込んだエドワードは、それに耐えられず、ヴァンパイアの王族である”ヴォルトーリ族”により命を奪ってもらおうと、単身イタリアへ向かってしまいます。

そのことを知ったベラは、未来予知能力のあるカレン一族の1人、アリスとともにイタリアへ向かい、エドワードの”自殺”を止めます。

誤解を解いたベラですが、今度はヴォルトーリ族から敵意を向けられます。吸血鬼のことを知りすぎた人間が生かされていることをよく思わないからです。ベラとエドワードはヴォルトーリ族から狙われます。

※勘違いから命を投げ出そうとしてしまうエドワードに少しやきもきします。でも、それだけベラのことを想っていたということなのでしょう。ヴォルトーリ族の圧倒的な強さにも注目です。

エドワードからのプロポーズ

しかしアリスが「ベラが将来ヴァンパイアになる」という予知をヴォルトーリ族に話します。ヴォルトーリ族は、未来予知のあるアリスに興味を抱き、またその予知を信じて「ベラをヴァンパイアにすること」を条件に解放します。

難を逃れたエドワードはベラと共に生きる決意をします。ベラはヴァンパイアになることを望みますが「まずは結婚しよう」とプロポーズするエドワード。転生はもう少し後になりそうですが、エドワードとベラの絆は深まったようです。

トワイライト・サーガ ニュームーンの作品情報

トワイライト・サーガ ニュームーンのジャケット写真
レンタル開始日
2010/03/26
監督
クリス・ワイツ
キャスト
クリステン・スチュワート(ベラ・スワン) ロバート・パティンソン(エドワード・カレン)
上映時間
130分
GEOで購入!
トワイライト・サーガ ニュームーンのユーザ評価

評価数:3206件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 私はエドワード派なので、今回は出番が少ないのが残念。ジェイコブの体を拝めただけでも満足すべきか。ダコタファニングの出演が良かった。
  • 何となく見てみたらどはまり! 一気にシリーズ全部見ました! 絶対に1の初恋から見なければ内容がわからなくなる! ちょっと暗めではありますが スピード感のあるストーリー展開に釘付けです!
  • コテコテの少女漫画のような内容だ。女性をめぐって、バンパイアと狼男が争う。愛のために自分の身を捧げて、バンパイアになろうとするなど。これがはまってしまうのだ。漫画喫茶で少女漫画を読み出したら、止まらなくなった時のように。

参考URL
・youtube.com