ドラえもん のび太の人魚大海戦のジャケット写真

ひみつ道具 架空水 で町を海の底にして、本物の魚を泳がせて遊んでいたのび太(声:大原めぐみ)とドラえもん(声:水田わさび)。そこへ迷い込んできたのは、なんと五千年前にアクア星から地球へやってきた人魚族の王女ソフィア。ドラえもんたちはソフィアと一緒に海の世界を訪れる。

監督:楠葉宏三、原作:藤子・F・不二雄、脚本:真保裕一、音楽:沢田完、声優:水田わさび(ドラえもん) 大原めぐみ(のび太) 木村昴(ジャイアン) 関智一(スネ夫)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

何やら怪しい宇宙の存在、そして海へのあこがれ

次のターゲットは「地球」と予告する宇宙人、ブイキン。彼らはどうやら宇宙のあらゆる星々を破壊して回っているようです。彼らは何かを探しており、それを持つ星でない場合は破壊している模様でした。

そんな不穏な動きをつゆ知らず、のび太たちはいつもの平穏な日々を送っています。スネ夫が海のダイビングを楽しんできた自慢話を繰り広げたのを見て、のび太は悔しがってドラえもんに泣きつきます。

ドラえもんは、四次元ポケットから、空中を仮想の水中に切り替えることのできる道具を取り出し、街に仮想の海を作り上げてのび太に楽しませてあげます。更には、海の中の魚も別の道具で誘い込み、まさに海さながらの世界を作り上げますが、街中でこれが騒ぎになってしまい、すぐに取りやめました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ZnAOeCBZfv8

ソフィアとの出会いと、友情

その後、ソフィアと名乗る少女が庭に倒れていました。のび太は彼女を介抱し、ジャイアンやしずかちゃん、スネ夫などの仲間たちにも紹介します。友達になるべく温かく迎え入れ、街の案内などをするのび太たちでしたが、ソフィアは倒れてしまいます。彼女は水を求め、お風呂に入ると再び元気を取り戻しました。

彼女はドラえもんの道具によって海から呼び寄せられてしまった人魚姫だったのです。人間の姿と人魚の姿は、彼女の服のベルトのボタンを押すことによって切り替えることができることもわかりました。のび太たちはこれに驚きながらも、彼女をふるさとに戻してあげようと画策します。

標的になったソフィアと、間違えて連れ去られるしずかちゃん

一方、冒頭に登場していた宇宙人ブイキンは、地球の海に暮らすソフィアたち人魚族の持つ剣が標的であることを語ります。実はソフィアたち人魚族とブイキンは、かつては同じ星で暮らしていたのです。しかし、欲に目がくらんだブイキンが星を滅ぼしてしまったため、人魚族は星から逃げのび、地球の海に拠点を移したのです。

ソフィアを海に戻してあげようとしている一行でしたが、途中しずかちゃんがソフィアのティアラをうらやましがり、ソフィアは友情と信頼の証としてしずかちゃんにティアラを貸します。その後、ドラえもんの道具で海中で呼吸をできるようにした一行は、ウツボに襲われてしまいます。このどさくさに紛れてしずかちゃんはブイキンに連れ去られてしまうのでした。

しずかちゃんの救出作戦とブイキンの撃退

ウツボに襲われたのび太たちは、ソフィアが人魚族に紹介してくれたことで無事一難を乗り越えましたが、しずかちゃんはティアラのせいでソフィアと間違われ、ブイキンたちに捕らわれてしまったままです。ブイキンたちはしずかちゃんと引き換えに伝説の剣を渡すよう要求してきました。のび太たちは、偽物の剣で彼らをだまそうとしますが失敗し、本物の剣を奪われてしまいます。

ブイキンたちは剣の力で大暴れします。ドラえもんは、街の中を海に変えた道具を再び使い、地上にブイキンを誘い込みます。彼らが到着したところで水を引き上げ、彼らもろとも退治することに成功しました。ソフィアは無事美しい海に戻りました。

ドラえもん のび太の人魚大海戦の作品情報

ドラえもん のび太の人魚大海戦のジャケット写真
レンタル開始日
2010/08/06
監督
楠葉宏三
キャスト
水田わさび(ドラえもん) 大原めぐみ(のび太) 木村昴(ジャイアン) 関智一(スネ夫)
上映時間
99分
GEOで購入!
ドラえもん のび太の人魚大海戦のユーザ評価

評価数:7694件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ドラえもんが大好きな子供達。釘付けになってみていました。やっぱりドラえもんはてっぱんですね。
  • 毎回しっかりとしたストーリーと泣き所のある内容で、子どもたちだけでなく、大人にも何かしら訴えかけるものがある。
  • いい話でした。人魚に憧れる娘は大喜びです。 おもしろかったです。

海の映画『リトルマーメイド』もオススメ

海を舞台にしたスペクタクルを描いた『ドラえもん のび太と人魚大海戦』は、美しい映像と夢のような設定で心をワクワクさせる物語でした。海の生物ならではの呼吸などの設定をうまく使った退治方法も、子どもたちの創造力をかきたてるような作りになっていて面白いですね。『リトルマーメイド』は、世界中の子どもたちが愛してやまない元祖・人魚姫のストーリーを美しく描いたアニメ作品の傑作です。ドラえもんで描かれていた海とは少し違った海の解釈が、観ていると興味深いですね。海の中の心躍るミュージカルシーンや、タコのような怪物・アースラも見どころです。海というテーマが好きな方はぜひご覧ください。アニメ作品だからこそ描ける素晴らしい世界が広がっています。

リトル・マーメイドの作品情報

リトル・マーメイドのジャケット写真
レンタル開始日
2006/10/04
監督
ジョン・マスカー ロン・クレメンツ
キャスト
ジョディ・ベンソン(アリエル) サミュエル・E.ライト(セバスチャン)
上映時間
83分
GEOで購入!
リトル・マーメイドのユーザ評価

評価数:11756件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • リトル・マーメイド。 ミュージカル調になっていていつまでも楽しめる映画になっています。 昔の映画なのにとても画面が綺麗でうっとりします。
  • 画質としてはやはり現代の物と比べると落ちますが娘の為に借りましたがディズニー映画は大人になっても楽しく見れます。 幅広い年代が見ても楽しめる映画は子持ちの親にはみんなで観れるという点で良いですね。
  • 2歳の娘が観たいと選んで一緒に観ました。 娘も最後まで夢中で、自分も子供の頃以来でしたが、アリエルもセバスチャンも可愛く面白い作品

参考URL
・youtube.com