ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たちのジャケット写真

<簡単な解説>
劇場用作品第7弾「ドラえもん のび太と鉄人兵団」をリメイク。新キャラクターも登場して、人類を奴隷にするために宇宙から攻めてくるメカトピアの鉄人兵団に立ち向かうのび太、ドラえもんたちが冒険を繰り広げる。声の出演は『ポケットモンスター ベストウィッシュ』の水田わさび、『それでも町は廻っている』の大原めぐみ。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

のび太が組み立てたロボット「ザンダクロス」

宇宙の彼方にある軍事ロボットが支配する星、メカトピアでは、新しい奴隷を捕まえるために、地球人捕獲作戦を計画していました。その頃、地球ではスネ夫にラジコンロボ・ミクロスを自慢されたのび太は、悔しくなりドラえもんに大きなロボットが欲しいとおねだり。あまりのしつこさに怒ったドラえもんは、どこでもドアを使って北極に行ってしまいました。ドラえもんを探すため北極へ向かったのび太。

そこで、ロボットの足の部品と青い球体を発見し、家に持ち帰りました。青い球体は、巨大ロボット・ジュドの頭脳であり、ジュドの誘導電波に導かれて、他の部品がどんどんのび太の家の庭に落ちてきて、のび太はこれらの部品を組み立てたいとドラえもんに訴えます。

ドラえもんの道具を使い、鏡面世界を作り出した二人は、そこに部品を持ち込みロボットを製作。そのロボットにザンダクロスと名付け、しずかちゃんも誘いロボットに乗り込み遊ぶ三人ですが、コックピットにあったボタンをなにげなく押した瞬間、ロボットからビームが発射され、大きなビルを一瞬にして破壊したのです。ロボットの破壊力に、組み立てたことを後悔したのび太は、ザンダクロスと鏡面世界のことを三人だけの秘密にすることを決めます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=0oLPTdEqKA4

リルルとの出会い

メカトピアから送られてきた偵察ロボット、リルルはジュドの頭脳からのび太という名前を通信で聞き取り、のび太を探しにきます。口をすべらせて、リルルにザンダクロスの事を話してしまったのび太。仕方なくリルルを鏡面世界に連れて行き、ザンダクロスを渡してしまいます。

リルルは、このことは二人だけの秘密にしてとのび太に口止めしましたが、のび太は、リルルにザンダクロスを渡して良かったのかと悩んでいました。その夜、のび太は裏山に流れ星がたくさん落ちるのを目撃します。のび太の様子がおかしいことに気付いていたドラえもんは、のび太からリルルの話を聞きだし二人で裏山に向かいました。

そこには、鏡面世界の中で地球侵略の準備をするリルルの姿が。本当の事を知った二人は、リルルに見つかってしまい、手下のロボットに追いかけられます。なんとか現実世界に戻った二人でしたが、リルルが次元の境目を無理矢理こじ開けようとしたせいで、大爆発が起こり鏡面世界との入口がなくなってしまいました。

ピッポとリルルの心の変化

なくなったと思っていたジュドの頭脳は、のび太のママによって物置に片付けられていました。頭脳から、メカトピアから鉄人兵団が出発し、翌日の夜に地球に到着することを知らされるドラえもんとのび太。ジャイアンとスネ夫に助けを求め、頭脳と話し合いをしようとしますが、頭脳は暴れっぱなしです。

そこで、ドラえもんはおはなしボックスという道具を使い、頭脳をひよこの姿に変え、のび太はそのひよこをピッポと名付けました。初めは反抗的な態度のピッポでしたが、だんだんのび太たちとも仲良くなり、温かい心を持ち始めたピッポ。楽しい時間を過ごしていると、ふとメカトピアでの自由のない奴隷のような生活を思い出しました。

罰を受け半壊状態だった自分を救ってくれたのは、リルル。ピッポは、リルルを救うために、のび太を騙し、鏡面世界に入り込むことに成功しました。鏡面世界で、ケガをして倒れているリルルを発見したしずかちゃんは、自分の家に連れて行って看病します。リルルは、どうして敵なのに助けるのか理解できませんでした。しずかちゃんやのび太の優しさに触れて、温かい心を芽生えさせたリルルは、本当の自分の立場との狭間で葛藤します。

鉄人兵団との戦いとリルル・ピッポとの別れ

ドラえもんは、メカトピアからやってきた鉄人兵団を騙して、鏡面世界に誘い込みます。本当の地球だと思って、総攻撃をしかける鉄人兵団たち。一方、自分の気持ちに葛藤するリルルは、鉄人兵団にここが本当の地球でないことを伝えるために、しずかちゃんを攻撃し、家を飛び出しました。

総司令官のもとにたどり着いたリルルですが、本当のことは言えず、裏切り者として処刑されることになってしまったのです。処刑されそうになったリルルを助けにいくのび太たち。無事助け出すことはできましたが、鉄人兵団から攻撃を受けてしまいます。さらに、人間が1人もいないことを不審に思った鉄人兵団は、ついにここが本当の地球でないことに気付いてしまいました。

現実世界への入り口に向かう鉄人兵団を止めるため、のび太たちは立ち向かいます。リルルは、メカトピアに勝つ方法がひとつあるとしずかちゃんに教えます。それは、タイムマシンにのって過去のメカトピアに行き、温かい心を持ったロボットを作れば、攻撃的なロボットはいなくなり、地球侵略もなかったことになるということでした。

リルルに言われたとおり、ロボットに優しい心を組み込むと、鉄人兵団は次々と姿を消していきました。それと同時に、リルルとピッポも消えてしまいます。地球侵略は回避されましたが、リルルとピッポに会えなくなってしまったのび太たち。悲しい気持ちをもちながらも、普段通りの生活を送っていました。

ある日、のび太が教室で居残りをしているとき、窓の外にリルルとピッポのような影を見かけます。「きっと生まれ変わったんだ」と喜びながら、みんなのいる空き地に走っていきました。

ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たちの作品情報

ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たちのジャケット写真
レンタル開始日
2011/08/05
監督
寺本幸代
キャスト
水田わさび(ドラえもん) 大原めぐみ(のび太)
上映時間
108分
GEOで購入!
ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たちのユーザ評価

評価数:5401件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ドラえもん映画史上最高に泣けました。悲しみの涙を流しながらラストシーンで嬉し泣き。バンプのエンディングを聴いて歌詞にやられ思い出し泣き。涙腺がどうかなりそうでした。
  • どらえもんの劇場版作品の中で一番泣けて、一番好きな映画です。大人になってもどらえもんから教わる事がいっぱいあって、また大人になったからこそ分かる部分もあり…。旧作品も良いのですが、映像や音楽の点から見るなら新をオススメします。
  • ナンバーワンドラえもん映画。ストーリー・音楽・主題…全て文句なしにいいです。前作の鉄人兵団よりも、『思いやる心』を増やしており前作よりも楽しめた気がします。大長編ドラえもんの中でもかなりのオススメです!!

ドラえもんシリーズは感動の名作揃い!元祖もオススメ!

「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ 天使たち~」は、1986年に公開された「ドラえもん のび太と鉄人兵団」のリメイク作品です。映画ドラえもんシリーズは、2017年までに37作公開されており、過去や宇宙、別世界など非日常での大冒険を描いている作品が多く、ときにはケンカをしながら仲間で協力する姿に、子どもだけでなく大人も感動する作品が多数あります。

参考URL
・youtube.com