ドラえもん 新・のび太の日本誕生のジャケット写真

映画ドラえもんシリーズ第36弾「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」。1989年に公開された映画のリメイクで、30代後半以上の世代にとっては懐かしく感じるかもしれません。7万年前の地球を舞台に、住みかを追われてしまった一族を救う為、ドラえもんたちが大活躍!それでは気になるネタバレを最後までお楽しみください。

監督:八鍬新之介、原作:藤子・F・不二雄、脚本:八鍬新之介、音楽:沢田完、声優:水田わさび(ドラえもん) 大原めぐみ(のび太) かかずゆみ(しずか) 木村昴(ジャイアン) 関智一(スネ夫) 千秋(ドラミ)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

のび太が家出! 家出先は7万年前の日本?

主人公のび太は勉強が大の苦手。先生やママに怒られてばかりの毎日に嫌気がさしたのび太は、ドラえもんのひみつ道具を借りて家出をします。数日後、のび太パパが上司からハムスターを預かったので、しばらく家で飼うと言い出しました。ネズミ嫌いのドラえもんはパニックになり家出を決意。そこに親とケンカしたジャイアン、スネ夫、しずかちゃんも加わり、のび太達は5人で家出することになりました。

しかし、空き地や裏山にも所有者があり、なかなか住む場所が決まりません。そこで、土地の所有者が現れる前、つまり日本が誕生する前なら自由に土地を使えると考えたのび太達は、7万年前にタイムスリップします。タイムスリップの途中で、迷い込むと元に戻れない時空乱流に遭遇しますが、なんとかやり過ごし7万年前の日本に到着しました。

最高の家出場所を見つけたのび太達は、ドラえもんの秘密道具を使い畑や家を作り始めます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=MQ_lV0KkSlw

家出ライフを満喫! でもやっぱり親が恋しくなるのび太達

力もなく植物を育てることも苦手なのび太は、ひみつ道具でペットを作ることになりました。そこでのび太は、知恵をしぼって空想上の動物であるペガサスのペガ、グリフォンのグリコ、ドラゴンのドラコを作り出します。家出ライフを満喫するのび太達でしたが、少し親が恋しくなってきたので一旦元の時代に戻ることに。

長い間家出していたので親にこっぴどくしかられますが、なんとか日常に戻ります。ところが、ジャイアン達がのび太の部屋に遊びに来ると押し入れから原始人姿の少年が現れ、襲い掛かってきました。ひみつ道具で少年を気絶させたのび太達は、少年が7万年前から来たと考え、少年を連れて再びタイムスリップします。

しばらくすると少年が目を覚ましました。少し落ち着いたようで、自分はヒカリ族の「ククル」で、突然空の穴にすいこまれてしまい、気がついたらのび太の部屋にいたことを語りました。どうやらククルは時空乱流に巻き込まれたようです。

ヒカリ族を救え! 精霊ドラゾンビ誕生?

さらにククルは、ある日クラヤミ族をしたがえる精霊王「ギガゾンビ」が現れ、ククル以外のヒカリ族を連れ去ってしまったと話します。ひとりぼっちのククルを放っておけないのび太達は、ヒカリ族を助けるため、ギガゾンビと戦うことを決意するのでした。

ひみつ道具で調べた結果ククルの村は中国にあるようなので、ペガ達に乗って中国大陸を目指すのび太達。しばらくするとのび太達は、クラヤミ族とヒカリ族を発見します。ドラえもんはクラヤミ族の前に現れると、精霊ドラゾンビと名乗りひみつ道具で雷を起こします。不思議な現象に驚いたクラヤミ族達は、戦意喪失してしまいました。

クラヤミ族に勝利した、と喜んだのもつかの間、ギガゾンビの手下だという言葉をしゃべる不思議な土偶「ツチダマ」が戦いを挑んできました。ドラえもんの雷でツチダマは破壊されますが、ツチダマが気になったドラえもんは破片を持ち帰ることにします。

ヒカリ族がさらわれた! ギガゾンビの正体とは

ヒカリ族は解放され、ククルも両親と再会しました。さらにのび太達は、まだ誰も住んでいない安全な日本にヒカリ族を連れて行きます。そして、ククルと両親の再会を見たのび太達はまた親が恋しくなり、一旦現代に戻ることにしました。

現代に戻ったドラえもんがツチダマの破片を分析すると、原始時代には存在しない材質だと判明。胸騒ぎがしたのび太達は、再び原始時代にタイムスリップします。

すると、ヒカリ族はギガゾンビに連れ去られ、「トコヤミの宮に来い」というギガゾンビからのメッセージが残されているだけでした。トコヤミの宮に向かうドラえもんたちでしたが、途中でのび太がはぐれてしまいます。遭難しかけるのび太でしたが、ペガ達に救出されてなんとか助かります。

一方ドラえもん達は、休憩していた洞窟の奥で偶然ギガゾンビのアジトを発見。するとギガゾンビが現れ、自分は未来人で、思い通りの歴史を作るために23世紀から原始時代にやってきたと語ります。

ギガゾンビとの最終決戦! みんなで力を合わせてやっつけろ!

ドラえもんはギガゾンビと戦いますが、22世紀からきたドラえもんでは歯が立たずやられてしまいます。絶体絶命のドラえもん達。するとそこに、のび太とククル、そしてのび太が解放したヒカリ族達が助けに現れました。

力を合わせ、のび太達はギガゾンビをやっつけます。そこにタイミング良くタイムパトロールが現れ、ギガゾンビを逮捕。一件落着かと思いきや、タイムパトロールはペガ達を連れて行こうとします。

空想の動物は時代のバランスを変えてしまうので、未来の空想サファリパークで飼育するしかないようです。泣きながらペガ達と別れるのび太。そしてヒカリ族にも別れを告げ、のび太達は現代に戻ります。こうしてのび太達の家出は終わったのでした。

※親に反発したり、それでもやっぱり親が恋しくなる子供心を上手く描いた作品だと思います。昭和のヒット作をリメイクしただけあり、見ごたえがある映画でした。子供心を思い出したい大人にもおすすめです!

ドラえもん 新・のび太の日本誕生の作品情報

ドラえもん 新・のび太の日本誕生のジャケット写真
レンタル開始日
2016/08/10
監督
八鍬新之介
キャスト
水田わさび(ドラえもん) 大原めぐみ(のび太)
上映時間
104分
GEOで購入!
ドラえもん 新・のび太の日本誕生のユーザ評価

評価数:9251件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • みんなでスケールの大きい家出をすることから始まるお話でした。不安感ができたときに家族や友達の大切さを再確認すること、独りでは生きられないこと、それを通して友情が深まるという話で、共感できたりする場面もあって、そして…最後には涙もありました。とても良かったのでオススメしたい作品です。
  • ドラえもんの作品は老若男女問わず楽しめる作品です。笑いあり涙ありベタなんだけど、必ずほっこりしてしまう、そんな作品だからこそ子供の頃から見始めて今は我が子とともに楽しんで見ています! 最後の感動シーンで大人は感情移入で涙すると、子供たちはなぜ泣いてるの??ときょとん⁉︎いずれ、この涙の意味がわかるようになっていくのか、いずれ大きくなったら私と同じように子供と見ているのかなと意味もなく想像してしまいました。
  • 旧作が大好きだったので、借りて観ました。ペットたちとの交流やククルの活躍が増えていた点、ククルの神隠し時空乱流の原因がギガゾンビにあったとハッキリさせていた演出はとても良かったです。

参考URL
・youtube.com