ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2のジャケット写真

映画「ハリー・ポッター」シリーズの最終作。Part1で秘法の1つを手に入れたハリー達。不死身のラスボスとの死闘がいよいよ開始!壮大なサーガもいよいよ最終章へ!キーマンはあの先生?!それではストーリーの全貌をどうぞ!

監督:デイヴィッド・イェーツ、原作:J.K.ローリング、脚本:スティーヴ・クローヴス、出演:ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター) ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー) エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー) ヘレナ・ボナム=カーター(ベラトリックス・レストレンジ) ロビー・コルトレーン(ルビウス・ハグリッド・) アラン・リックマン(セブルス・スネイプ) レイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿) ボニー・ライト(ジニー・ウィーズリー)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

ヴォルデモート卿不死身の力を手に入れる

ついに死の秘宝のひとつであるニワトコの杖を手にし、完全に復活をとげたヴォルデモート卿。魔法界はヴォルデモート卿の支配下となり、ホグワーツ魔法魔術学校は完全に包囲されてしまった。ハリーたち3人は分霊箱の破壊を進め、ヴォルデモート卿との最後の戦いに向け準備を進めていく。残りの分霊箱が、グリンゴッツ銀行のベラトリックスの持つ金庫にあると気づくハリー。しかし銀行の警備は厳重で、グリップフックに協力を求めグリフィンドールの剣との交換条件で銀行への侵入を成立させます。なんとか金庫へたどり着き、分霊箱であるハッフルパフのカップを手に入れる。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Gky8xHHSiqE

分霊箱破壊に奮闘する3人と新たな救世主の存在

なんとか金庫から逃げ出した3人は、ホグワーツに最後の分霊箱があることを察知しホグワーツへ向かうが、デスイーターの包囲が強く、襲撃されてしまいます。そんな3人を一人の老人が助け、民家へかくまってくれることになるのです。その老人の正体は、アバーフォース・ダンブルドア。ダンブルドア校長の実の弟だったのです。

アバーフォースはハリーのことを陰ながら見守り、ピンチの際は助け船を出していました。その事実を知り、アバーフォースに対しダンブルドアを信じ続けることを伝えるハリー。すると壁に掛けられていたダンブルドアの妹の肖像画が動きだし、ホグワーツへ繋がる魔法の道を教えてくれるのでした。ことなくしてホグワーツにたどり着くことができた3人は、学校に残されていた生徒や教師たちと再会を果たします。しかしホグワーツはスネイプの支配下となっており、スネイプからの攻撃を受けるハリー。そこにマクゴナガル先生が応戦したため、スネイプはその場を立ち去り、ハリーは難を逃れます。

ヴォルデモート卿から言い渡された戦いまでの時間は残り1時間。残された時間で分霊箱であるハッフルパフのカップを破壊するため、ロンとハーマイオニーは秘密の部屋へ急ぎ破壊に成功します。ハリーはホグワーツに隠されている分霊箱を探すため「必要の部屋」へ。後をつけてきたドラコたちに襲撃され、必要の部屋は炎上。襲撃に対抗しつつ、分霊箱である髪飾りを見つけ出したハリーの元に、ロンとハーマイオニーが駆けつけます。必要の部屋が燃え盛る中、脱出を果たし分霊箱である髪飾りの破壊にも成功。最後の分霊箱はヴォルデモート卿が大切にする蛇ナギニであることに気付きます。

全ての真実を知るハリー達

一方ヴォルデモート卿は、ニワトコの杖が真の主にしか使いこなせないことを知り、真の主がダンブルドアを殺したスネイプに移っていると思い込み、スネイプを殺害。ハリーはヴォルデモート卿の心が読める能力を使い居場所を特定し駆けつけ、スネイプの死の直前に間に合うのです。そこでスネイプから、記憶が納められた涙を渡されます。

校長室にスネイプの涙を持ち帰ったハリーは、憂いの篩で記憶を覗くことに。そこには、ハリーの母リリーへの想いやハリーを陰ながら見守っていた事実、ダンブルドアとヴォルデモート卿2人の二重スパイであったこと、ダンブルドアを殺したのはダンブルドアの命令であったこと、そしてダンブルドアから言付かった重要な伝言が記憶されていたのです。

ダンブルドアの伝言には、ヴォルデモート卿の魂の一部はハリーの中にある、だからこそハリーはヴォルデモート卿と同様に蛇語が話せ、ヴォルデモート卿の心が読めるのであると説明していたのでした。

ヴォルデモート卿との闘いがついに終結!

スネイプの正体や、ダンブルドアからの伝言を聞き、ヴォルデモート卿との最後の戦いへ向かうハリー。死の秘宝である蘇りの石を金のスニッチから取り出すと、ハリーの取り巻きには父と母、そして名づけ親シリウスの記憶が現れます。ヴォルデモート卿が待つ場所へ向かうハリーですが、ヴォルデモート卿の死の呪文によりハリーは倒されてしまいます。

ハリーが目覚めると、死んだはずのダンブルドアと不思議な世界で再会。ダンブルドアに励ましを受け、再起します。一方ヴォルデモート卿はハリーが死んだと勘違いして、ホグワーツに残された者へハリーの死を報告。その言葉に怒りを覚えたネビルが、グリフィンドールの剣を手にヴォルデモート卿に立ち向かい、ついに最終戦が始まります。

ロンとハーマイオニーは、最後の分霊箱である蛇のナギニを仕留めることに成功。分霊箱を全て壊したことで、ヴォルデモート卿は不死身ではなくなり、ハリーの復活と共にニワトコの杖は真の主であるハリーの手に渡ります。そしてハリーはニワトコの杖でヴォルデモート卿を倒し、戦いは集結。

19年後――ハリーたちは、ホグワーツ魔法魔術学校へ入学するハリーの子どもたちをキングズ・クロス駅で見送りします。ハリーの子どもの名前は、アルバス・セブルス・ポッター。ダンブルドア校長、スネイプ、二人の名前を息子に名付けていたのでした。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2の作品情報

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2のジャケット写真
レンタル開始日
2011/11/16
監督
デイヴィッド・イェーツ
キャスト
ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター) ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)
上映時間
130分
GEOで購入!
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2のユーザ評価

評価数:10760件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 賢者の石の頃は皆幼くて可愛かったのに今では立派な大人になって作品と共に成長がみれる素晴らしい作品!とくにネビルの成長がすごい!またすぐに見たくなるんだろうなって何回見てもそう思う作品です!
  • すべてが白い光に包まれる魔法、というものがあるのかもしれない。第1作目からのあらゆる伏線が回収され、まるで走馬燈のように、「ハリー・ポッター」の七年間が頭をよぎった。まるで、卒業試験の総復習問題だ。そして、物語は再びゆっくりと9と3/4線のホームへと滑り込んでいく。今作は特に、マルフォイから目が離せない。当初は、ただのハリーの二律背反、いけすかない、小憎たらしい、腐った根性の、甘ったれた悪餓鬼だと軽くみなしていたけれど、それすらも包括してしまう、このサーガの懐の深さには心底感服した。
  • スネイプ役のアラン・リックマンの素晴らしい演技を見るために、映画館でも見たしDVDもなんども見たけど再び借りました。ゲオのハリーポッターが置いてあるところにもありましたが、アラン追悼の意味もあってって感じでした。ストーリーと演技とその他諸々全てがあわさって涙が止まりませんでした。ありがとう。スネイプ先生、アラン、永遠に。

ハリー・ポッターの70年前を描いた物語「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

ハリー・ポッターが登場する前の時代の魔法界を描いた物語。ハリー・ポッターが通うホグワーツ魔法魔術学校で生徒たちが使用していた教科書を元に作られた作品です。主人公である魔法動物を研究する魔法使いニュートが、スーツケースに入れていた魔法動物の逃走により米国魔法省と衝突。追われる身となり、繰り広げられる攻防戦が見どころになっています。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の作品情報

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のジャケット写真
レンタル開始日
2017/04/19
監督
デイビッド・イェーツ
キャスト
エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー) キャサリン・ウォーターストン(ティナ・ゴールドスタイン)
上映時間
133分
GEOで購入!
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のユーザ評価

評価数:9518件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ハリーポッターの続編?って思って見ていたら全くの別物だっぺ、オラ的にはストーリーもキャストもキャラクターも全て面白くてハマってしまったっぺよ、是非とも家族でゆっくり楽しめるので見て欲しい一作だと思うっぺ。
  • 個人的には大満足。ニュートの魅力が全面にでています。まず、動物たちが可愛いのと、その有能さで見返していくストーリーが素晴らしい。グリンデルバルド等原作ファンも喜ぶ要素がたくさんで興奮さめやらないです。魔法界のけものフレンズみたいな感じです。
  • ハリポタ好きにはたまらない作品です。ハリポタ作品の特徴としては異次元的な魔法ファンタジーだと思っていて、それをしっかり踏襲した素晴らしい作品だったと思います。

参考URL
・youtube.com