ハンコックのジャケット写真

ロサンゼルスで事件が起こるたびに登場するスーパーヒーロー、ハンコック(ウィル・スミス)。空を飛び、怪力で不死身の彼は、あらゆる事件を解決に導くが、そのたび過剰な暴力で器物破損してしまうのが悩みのタネ。おかげでロサンゼルス市には膨大な損失を抱え、市民たちはハンコックを「クズ!」と蔑んでいた。超人であるがゆえの孤独感から酒浸りのハンコックは、レイ(ジェイソン・ベイトマン)と知り合った。企業PRが仕事のレイは、ハンコックにイメージアップ戦略を提案する。

監督:ピーター・バーグ、脚本:ヴィンセント・ノー ヴィンス・ギリガン、出演:ウィル・スミス(ジョン・ハンコック) シャーリーズ・セロン(メアリー・エンブリー) ジェイソン・ベイトマン(レイ・エンブリー)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

ハンコックとレイの出会い

まるで超人のような能力と不死身な体のハンコックは、人々にとってのスーパーヒーロー。のはずでした…。しかし、いつも酒浸りで踏ん張りが利かずにアスファルトを割る、犯人の乗った車を投げ飛ばしてビルを壊したりと、やることなすことが大雑把で、逆に人々から迷惑がられていた嫌われ者のヒーローだったのです。

ある時、仕事がうまくいかず踏み切り内で車が立ち往生してしまったレイ。ハンコックはレイの車を放り投げて、体当たりで電車を止めます。ハンコックの救出方法に不満の声が上がる中、レイはハンコックに感謝し自宅に招いたのです。レイは、美しい妻のメアリーと息子のアーロンを紹介しますが、メアリーはハンコックの顔を見てなぜか顔色を変えます。

しかし、4人でメアリーの手料理を囲むも、ハンコックは隠れて酒を飲む始末。そんなハンコックにレイは、スーパーヒーローになるべく戦略を提案したのです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=yuaB-VMp3N0

ヒーローになるための収監

翌日、ハンコックがレイの家を訪れると、ちょうどテレビのニュースでハンコックの悪評が伝えられていました。キャスターが「ハンコックを刑務所に入れるべきだ」と言うのを聞いたレイは、これこそがハンコックにとっていいチャンスだといいます。

ハンコックが刑務所に入れば、おのずと犯罪が増える。世間は、必ずハンコックの必要性を求めてくるはずだと…。

ハンコックはレイの言うとおり、記者会見でこれまでの愚行を詫びながら検察の指示に従って、刑務所に入ることにしたのです。1週間、2週間と時が過ぎても、誰からも声が掛からないことに苛立ち始めるハンコック。空を飛べば瞬時に脱獄出来るものの、レイの言葉を信用し刑務所の中で待ち続けました。

しばらく経ったある日のこと、昼寝していたハンコックに看守から声が掛かります。警察署長がハンコックの力を借りたいと…レイの予想通り、ハンコックがいなくなった街は犯罪が多発していました。

もうひとりの超人

レイに手渡されたヒーローらしいスーツを着て事件現場に現れたハンコックは、ケネス率いる銀行強盗団を見事捕らえ、事件を解決に導きます。そして、嫌われ者から人気者のヒーローとなりました。

ハンコックがヒーローになったお祝いをするべく、ある夜ハンコックはレイとメアリーと食事に出かけます。しかし、あまりの嬉しさでレイが飲みすぎて酔ってしまいました。ハンコックは、レイを自宅のベッドまで送り届けた後、メアリーと話しているうち不思議な雰囲気となり、唇を重ねそうになります。

するとその瞬間メアリーは、ハンコックを屋外へ投げ飛ばしたのです。家の壁が崩壊するほど強烈な力で車に叩きつけられたハンコックに対し、メアリーは「このことは内緒にして二度と家族に近づくな」と言いますが、ハンコックは納得がいきません。

そして翌日、ハンコックは再びレイの家を訪れメアリーに「知っていることを話さないと、レイに全てを話す」と言います。

ハンコックとメアリーの関係

メアリーはハンコックの家に行き「自分も超人であること、そして超人はこの世に自分とハンコックしかいないこと」を伝えます。それでも、何かを隠していると思ったハンコックは「正直に全てを話さないとレイに話す」と言い、街へ向かいました。

ハンコックの態度に怒りを覚え、彼の後を追ったメアリー。しかし、街中で大暴れしている姿をレイに見られ、メアリーはレイの元を去る決心をしました。

後日、ある店に立ち寄ったハンコックが強盗と遭遇。通常、ハンコックに銃弾は通用しませんが、このときはなぜか銃弾が貫通し不死身ではなくなっていました。病院に運ばれたハンコックの元にメアリーがやってきて、自分たちは3000年も生きていて、かつては夫婦だったこと、そしてふたりが近づくほど人間に返ってしまうため、力が弱まり不死身ではなくなることを話しました。

そしてそれは、ハンコックだけではなく、メアリーもまた同じだったのです。

月からのメッセージ

そんな時、かつて銀行強盗の一件で自分を捕らえたハンコックへの恨みを晴らそうと、ケネスが仲間を率いて病院を襲撃しました。ハンコックを庇ってメアリーが撃たれ、ハンコックもまた重傷を負ってしまいます。このままでは、メアリーが死んでしまう――そう思ったハンコックは、最後の力を振り絞り、出来るだけメアリーから遠ざかろうと窓から飛び降りました。

ふたりの距離が広がることで、不死身の力を取り戻し、一命を取りとめたハンコックとメアリー。

その後、メアリーはレイの元に戻り、ハンコックは月にハートの模様を描きレイとメアリー、そしてアーロンの幸せを願うのでした。

ハンコックの作品情報

ハンコックのジャケット写真
レンタル開始日
2009/01/28
監督
ピーター・バーグ
キャスト
ウィル・スミス(ジョン・ハンコック) シャーリーズ・セロン(メアリー・エンブリー) ジェイソン・ベイトマン(レイ・エンブリー)
上映時間
102分
GEOで購入!
ハンコックのユーザ評価

評価数:1297件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ハンコックが成長していくシーンがウキウキ♡パパが提案してくる難題をいやーな顔をしながら取り組んでいく姿が泣けてくる。そして笑える。『グッドジョブ!!!』笑 そして。やっぱり女性の方がどの世界でも強いんだなって。あの大げんかには笑いました。 最後は、ハンコック頑張れ頑張れ!!!と応援したくなる映画です。
  • なかなかアクション映画として楽しめました。 ウィルスミスはどんな役でも似合いますね。しかも、ウィルスミスだからマーベルよりも少しコミカルなので見やすいです。 シャーリーズセロンは言うことなし完璧です。ワイスピ参戦するらしいが、そろそろマーベルにも絡むのかなぁ〜。どうなんだろう。 あと、吹き替えで見たんですがジェイソンベイトマンの吹き替えが全然合ってなかったです、、 字幕で観ることをお勧めします。
  • 奇抜な映画体験をできて大満足でした。 今となってはさほど衝撃度は落ちると思いますが、重力を感じさせないお粗末なCGがかえって映像の凄さを際立たせている稀有な映画だと思います。

シャリーズ・セロンが出ている作品「マッド・マックス怒りのデス・ロード」もオススメ!

アメリカを代表するドル箱俳優のウィル・スミスの、嫌われ者からスーパーヒーローになっていく姿が見どころですね。また、シャーリーズ・セロンの美しさはまさに絶品。そのシャーリーズ・セロンといえば「マッド・マックス怒りのデス・ロード」で、坊主頭での熱演は見事でした。こちらも是非ご覧ください

マッド・マックス 怒りのデス・ロードの作品情報

マッド・マックス 怒りのデス・ロードのジャケット写真
レンタル開始日
2015/10/21
監督
ジョージ・ミラー
キャスト
トム・ハーディー(マックス) シャーリーズ・セロン(フュリオサ)
上映時間
123分
GEOで購入!
マッド・マックス 怒りのデス・ロードのユーザ評価

評価数:20610件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 細かいことは言わない! 開始から40分走りっぱなしだ!!とにかく走れ!!人間も車も走りっぱなし!!!そして爆発爆発爆発!!迫力満点感動満点!何よりかっこよさと興奮が満点!プラス100点!! そんな感じ。
  • 公開前に監督が「一切CGを使わずにアクションシーンを撮った」と応えてただけありCGシーン特有の有り得ないカメラアングルとかがなくて迫力もすごかった 1、2作目のようなカーアクションとは違いますが、十分楽しめました
  • ジョージ・ミラー監督ぶっ飛びすぎ!シャーリーズ・セロンヤバすぎ!となにかと前評判が高すぎたため、期待ハードルを超えることはできませんでした。

参考URL
・youtube.com