ハードコアのジャケット写真

話題を呼んだ一人称視点の映画『ハードコア』、目覚めた主人公である”あなた”が体感するのは、疾走感とバイオレンス描写の嵐です。あまりにもスピーディな展開は、「スピードが早すぎてついていけない!」と思わせるかもしれません。でも美女研究者・エステル、エイカンという男の操る不思議な力、ジミーという素性の知れない男との出会いが、”あなた”が主人公であるということを浮き彫りにさせ、有無も言わさずあなたをワクワクさせることでしょう

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

サイボーグとして蘇生?!主人公の運命やいかに

目覚めると、目の前には「あなたの妻よ」という美しい研究者・エステルがあなたを見つめています。一度絶命してしまった主人公であるあなたをサイボーグとして目覚めさせたと告げる彼女ですが、突如エイカンという謎の力を持つ男に2人は追われる身に。謎の力を使う男エイカンと彼が率いる軍団によって体を狙われることになるあなた。エイカンによってエステルは誘拐され、命からがら逃げ出すあなたの目の前に「仲間」と告げるホームレス姿の男・ジミーが現れます。

そんなジミーは、社外にいたメカニックな存在をからかったことで火炎放射器を浴びせられ、バスとともに炎上してしまいます。目覚めてから暴力的な出来事に遭い続けているあなたの元へ焼死したはずのジミーから「また連絡する」と連絡が入ります。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=qa5RoiWm4Dg

めまぐるしい早さで戦い続ける!

サイボーグと化した”あなた”は、バッテリーによって生かされていることが判明します。焼死したはずのジミーによって「バッテリー」の存在と、確保できる場所を知らされた”あなた”は、敵のアジトへ向かうことになります。

エイカンが率いる軍団も案の定そこにはわんさかいるのですが、”あなた”は壁をよじのぼりアジトへ潜入します。武装した敵も”あなた”の存在に気づき銃撃戦となりますが、”あなた”は様々な道具を駆使して敵をなぎ倒していきます。

敵のアジトにいる軍団の長との戦いでは、ものすごいスピードで追いかけっこが始まります。軍団の長は、市街地へと逃げ出しますが”あなた”の追いかけるスピードのほうが一枚上手です。しかし捕まえた長に真相を聞き出そうとしたとき、長は何者かによって殺害され、目の前で顔が吹き飛んでしまいます。

一人称視点での戦いシーンは、スピードと暴力性が凄まじく、一人称視点に慣れていない人は酔ってしまうかもしれません。しかしそのぐらい疾走感のあるシーンが連続して続くため、自分があたかも戦っているかのような錯覚を味わうことができます。

※少々目の前で敵が死んでいくシーンはグロテスクなので、注意が必要かもしれませんが・・・。

謎の男ジミーの正体と真相

エイカンの手がかりを失う”あなた”のもとへジミーから連絡が入ります。ジミーに呼び出されるまま入って行った怪しげなクラブの中には、女性達と楽しんでいるジミーの姿がありました。”あなた”の目の前で焼死したはずのジミー、しかしここで”あなた”のバッテリーが切れてしまいます。

目を覚ました”あなた”のもとへ敵がやってきます。ジミーが”あなた”が脱出するのを手伝ってくれますが、焼死したはずのジミーとも女性達と楽しんでいるジミーとも違う姿に少々驚きます。

ジミーの正体は、エイカンのもとで働いていた人物であり、エイカンの力によって全身麻痺になる重傷を負った男であることが分かります。彼は自身のクローンを量産し、意識で動かすことで”様々な”ジミーとして”あなた”の手助けをしていたのです。

エイカンは死人をサイボーグ化し、量産する計画を立てていたのです。それを知った”あなた”はジミーと共に最終決戦へ挑みます。

※ジミーのコロコロと変わる姿形に圧倒されつつも、魅力的な彼の姿に心惹かれてしまいます。彼の正体とエイカンの目論みが分かった時、物語は終わりに向けてスピードをあげていきます。

妻であるエステルの正体と物語の終わり

エイカンのもとへ向かう”あなた”とジミー。ジミーは戦いの中で、”あなた”を守るため、エイカンへの復讐を果たすため、クローンも本体も共に息絶えてしまいます。しかし無事にエイカンのもとへたどり着いた”あなた”。

しかしそこで待っていたのは、黒幕として立ちはだかるエステルの姿でした。エステルを誘拐したエイカンと彼女は恋人同士であり、死人をよみがえらせてはエステルを妻だと思い込ませ、戦うよう誘導していたのでした。

衝撃的な真実を知った”あなた”ですが、同じような元・死人のサイボーグに襲われながらもエイカンを倒します。そして最後、逃げようとして、”あなた”に許しを乞うエステルがヘリコプターから落下していく姿を見ながら物語は幕を閉じます。

※まさかの黒幕に驚きです。謎の美女研究者エステルこそ、”あなた”をこの戦いに引きづり込んだ張本人だったのです。なかなかハードなストーリ展開と描写が続きますが、胸がワクワクする映画には違いありません!

ハードコアの作品情報

ハードコアのジャケット写真
レンタル開始日
2017/10/04
監督
イリヤ・ナイシュラー
キャスト
シャールト・コプリー(ジミー) ヘイリー・ベネット(エステル) 
上映時間
96分
GEOで購入!
ハードコアのユーザ評価

評価数:541件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 映画みたいなことを目指すことで進化発展を遂げてきた(と思っている)ゲームだったが、いよいよゲームみたいなことを目指す映画が生まれる時代になった。全編主観映像の没入感とライヴ感は凄まじい勢い。どうやって撮影してるのか全くわからない。
  • ストーリーは最低限のシンプルなもので、アクションシーンに全振りしたような映画だった。色々なことに振り回されながらもすべて乗り越えて暴れる感じ、見ててストレス発散になりました。
  • ここまで全編主観視点に特化したのは初めてではないか。悪趣味と言えるほどのゴア表現には思わず笑ってしまうほど。しかし、FPSではプレイヤーが酔わないよう配慮されているが、映像作品となると非常に目が疲れてるので体力を使う。

参考URL
・youtube.com