バイオハザード3のジャケット写真

<簡単な解説>
日本のサバイバルホラー・ゲーム「バイオハザード」を映画化した人気SFアクション・シリーズの第3弾。前作のラストから数年後、いよいよ壊滅の危機を迎えた人類の運命は? アンブレラ社の元特殊工作員であり、T-ウイルスのバイオハザードに巻き込まれて特異体質化したスーパーヒロイン・アリスにシリーズを通じて扮するのは、ミラ・ジョヴォヴィッチ。前作に続いて、U.B.C.S.の元隊員カルロス役は「ハムナプトラ」シリーズのオデッド・フェール。監督は、「ハイランダー」シリーズのラッセル・マルケイ。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

砂漠の中の絶望

ラクーンシティ壊滅後、数週間でTウィルスは全米に、そして、数か月で世界中に広がりました。Tウィルスの影響は人間だけに及ばず、湖、川、森までをも消し去り、世界中が不毛の荒れ地となってしまいました。ラクーンシティから脱出したアリスは、生存者を捜す旅を続けていました。

ある日、救助無線を聞いて生存者を助けに行ったアリスは、ならず者たちに襲われてしまいました。罠にはまったアリスは、ならず者を倒して脱出しましたが、それ以来心を閉ざして孤独な旅を続けていました。

アリスは、立ち寄ったガソリンスタンドで、一冊の手帳を見つけました。その手帳には、アラスカが唯一汚染されていない土地で、たくさんの生存者がいると書かれていました。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=086wIBkNuFk

終わりなき旅

砂だらけの大地を、スクールバスや救急車、そしてタンクローリーで走る一団がいました。生存者達です。彼らも旅を続けていました。アンデッドが巣食う大都市は敬遠し、常に移動し続ける彼らは、一つの場所に長居することはありませんでした。

ある晩、アンデッドと化したカラスが襲ってきました。何百何千という数のカラスに、なすすべなく何人もの仲間が襲われ命を失っていきます。絶体絶命のその時、アリスが現れました。そして、空一面を焼き尽くすような炎の嵐を巻きあげ、アリスは一瞬にしてカラスを焼き払ったのでした。いつの間にか、アリスは超能力を身に付けていたのです。

アリス計画

アンブレラ社の研究室で、人工知能のホワイトクイーンが、アリスが超能力を使った際に出た強い波長を感知しました。アイザック博士が進める「アリス計画」は思うように進んでいませんでした。アリスの血液の抗体でTウィルスを無力化する血清を作り、それをアンデッドに投与することによって、アンデッドには一定の知性や記憶力が戻り、人を襲うことがなくなり、労働力になると博士は考えたのです。

しかし、アリスのクローンの血液では、完璧な血清ができませんでした。アイザック博士には、どうしても本物のアリスが必要だったのです。博士は、すぐにアリスを捕えるための特殊班を組織しました。

人類の希望の地

アリスは生存者達に、アラスカが汚染されていないというノートを見つけた話をしました。遠いアラスカへ行くことに反対する者も多くいましたが、別の生存者の存在を信じて一団はアラスカを目指すことになりました。しかし、途中ガソリンの補給のために立ち寄ったラスベガスで、アイザック博士がアリス捕獲用に用意した大量のアンデッドに襲われてしまいます。

アリスは、アンデッドを次々に倒し博士を追いつめますが、博士はヘリで逃げてしまいました。アリスは博士の残したコンピューターから基地の場所を突き止め、襲撃しました。仲間たちをヘリに乗せて逃がした後、アリスは地下深くにある研究所へ一人で乗り込んでいきました。

アイザック博士との対決

アイザック博士は、ヘリで逃げる際に、アンデッドに噛まれてクリーチャーに変身してしまっていました。恐ろしいクリーチャーに変身した博士は、執拗にアリスを襲います。何度致命傷を与えても、突然変異した博士の体はすぐに再生してしまい、倒すことができません。

アリスは、戦いながら博士を通路までおびき寄せました。その通路は侵入者を攻撃する機能をもち、中にいる人間は格子状のレーザー光が通過することによって、まるでカッターで切られたようにバラバラになって死んでしまうのです。

「あんたも私もここで死ぬのよ。」アリスの言う通り、光のレーザーで切り刻まれたアイザック博士は、ばらばらの肉片になって息だえました。自分も死ぬと思った瞬間、アリスの目の前でレーザーは停止。培養容器から出たクローンのアリスが、コンピューターを操作してレーザーを止めたのでした。

その足でアンブレラ社の会議にアリスは乗り込みます。そしてホログラムの上級幹部・ウェスカー委員長に向かって、「必ずあなた達のところへ行く。仲間と一緒に。」と宣戦布告しました。

バイオハザード3の作品情報

バイオハザード3のジャケット写真
レンタル開始日
2008/03/19
監督
ラッセル・マルケイ
キャスト
ミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス) オデッド・フェール(カルロス)
上映時間
94分
GEOで購入!
バイオハザード3のユーザ評価

評価数:3870件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 唐突に映画版バイオが観たくなったので借りてきました。やはり3は面白いですね。バイオハザードじゃないけどアクション映画としてかなり好みのパターンだった
  • バイオのシリーズでは一番盛り上がる丁寧な作品だと思うし、ミラの魅力がこの作品の時が最高に引き出されて居ると思った。後の作品にもゾンビが出て来るが、脇役扱いで1作品目とこの作品だけは存在感が出て居るので残念感は無く楽しめた。
  • かなり面白い作品ですね☆アポカリプスも良かったですが今回もかなりハラハラで面白い。今回かなりゾンビが強くなっててビックリ。あのコンテナから出てくるシーンは恐怖。

参考URL
・youtube.com