パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

大ヒット映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の第2作!ジョニーデップ扮するジャック・スパロウ船長は、シリーズの顔になりました。シリーズ2作目は、スケールが桁違いにUP!壮大な海賊の冒険にドキドキハラハラがとまりません。クライマックスシーンは息をのむこと必須!

監督:ゴア・ヴァービンスキー、脚本:テッド・エリオット テリー・ロッシオ、音楽:ハンス・ジマー、出演:ジョニー・デップ(キャプテン・ジャック・スパロウ) オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー) キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン) ステラン・スカルスゲールド(ビル・ターナー) 

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

結婚直前のウィルを襲う悲劇と新たな冒険の始まり

前作で絆を深めたウィルとエリザベスは幸せ絶頂ですが、海賊ジャックを救った罪に問われてウィルは逮捕されてしまいます。金に目のないベケット卿は、ウィルを利用しようと交渉します――その本懐は、悪名高き海賊「ディヴィ・ジョーンズ」の動きが海の貿易に邪魔であるため、ジャックのコンパスを使ってジョーンズの弱点となる「ある小箱」を見つけ出すようウィルにけしかけることでした。

海賊根絶を図るベケット卿の狙いに不服ながらも、ウィルは仮釈放のもとジャックの元を訪れます。実はジャックもジョーンズとは深い関係がありました。ブラック・パール号の船長となることを引き換えに、ジョーンズの船で100年間奴隷になる魂の契約を交わしていたのです。奴隷となる期限が差し迫ったジャックは、奇しくもベケット卿と同様、ジョーンズの小箱を探しています。目的が一致した2人は再び手を組むことに。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BzrSXNh3TOk

明かされるジョーンズの秘密

ジョーンズの小箱の情報を得るため、ジャックは旧友である預言者「ティア」の元を訪れます。ティアはジョーンズの過去を知る者でした。ジョーンズはかつて、海の神「カリプソ」に恋をしました。恋心の証として自らの心臓をえぐりだし、カリプソに捧げたジョーンズは不死身の体を手に入れます。しかし、カリプソはジョーンズの想いを受け入れることなく、ジョーンズが死者を働かせて海賊船を営むことをやめるよう伝えます。それを拒否したジョーンズは、人間と海洋生物を混ぜた怪物と化してしまいます。

怪物であり悪の海賊と化したディヴィ・ジョーンズの小箱には、抉り取った心臓がおさめられています。その心臓を貫いた者は、ジョーンズを葬り去ることができるのです。ティアからの助言で「陸」を持っていくよう渡された土入りの瓶を持ち、ジャックとウィルはジョーンズ戦へと旅立ちます。

ジョーンズの船で奴隷になるウィル、そして父との再会

ジョーンズの小箱は鍵がかけられており、その鍵はジョーンズが肌身離さず持っている。その情報をもとにジョーンズの船に潜入するウィルですが、いとも簡単に捕らわれ奴隷として船員になることに。ちなみにジャックの呪いについては、100人の奴隷を3日以内に見つけてくることを条件に解くとジョーンズは伝えます。

そして、ウィルは同じく奴隷として働く無残な父親と再会します(一作目の鍵である海賊の金貨は、父とウィルの絆だったのですね)。父の衝撃の過去を知ったウィルは、父をジョーンズの呪いから解き放つという新たな目標ができました。ジョーンズの隙を狙って小箱の鍵を得ることに成功したウィルは、小箱の隠されたルーセル島を目指します。

ジャック絶体絶命の危機、救うためになんとあの人が登場!?

願うものの場所を指すコンパスの力でジャック、エリザベスもルーセル島へ向かいます。また、ベケット卿の指示で心臓を探す提督、ウィル、更には奪われた鍵の存在に気付いたジョーンズ本人も島へ上陸。それぞれの思惑が交錯する中、ジョーンズの心臓が入った小箱を巡って死闘を繰り広げます。

全員を出し抜いて心臓を手に入れたのはジャック。ですが、その心臓は提督の裏切りによって奪われてしまいます。おまけに、ジャックは海の魔物クラーケンに飲み込まれてしまいました。船長ジャックを救うべく、ブラック・パール号の船員たちが助けを求めてティアの元を訪れると、そこにはバルボッサの姿が……前作で倒したはずのバルボッサが何故!?謎を残したまま本編は幕を閉じます。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストの作品情報

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストのジャケット写真
レンタル開始日
2006/12/06
監督
ゴア・ヴァービンスキー
キャスト
ジョニー・デップ(キャプテン・ジャック・スパロウ)、オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー)
上映時間
150分
GEOで購入!
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストのユーザ評価

評価数:2319件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 予備知識なく観たので、終盤の残り時間でどーやって終わるんだ?って思ってたらまさかの「続く」!あの方この方と出てきた意外な人物たちが最後どーやって収まるのか楽しみです。
  • ジャックスパロウのファンです‼︎1作目よりコメディ感が強くなった気がします。シリーズで観ても楽しめると思います。ワクワクしながらラストまで観ています。
  • とにかく、楽しくて最後まで飽きずに見れるのがいいね!これを見て、このシリーズのファンに、なりました!オーランドとジャックの掛け合いが、上手い❗ラストは、は、鳥肌が立つ事請け合い❗ 最高❗見てください!

こっちの魔物も凄い!『ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島』

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』は前作にも増して海の恐ろしさと奥深さを感じるギミックが盛り込まれています。奇妙な触手に顔を覆われたディヴィ・ジョーンズはもちろん、彼が恋する海の女神カリプソや最後に登場するクラーケンも、我々が恐れる海の象徴と言えるのではないでしょうか。

『ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島』で最後の宿敵として登場する魔物も、実は海の魔物です。しかも、”その者が最も恐れる姿で現れる”というなんとも海らしい設定の強敵なのです。どんな姿で主人公たちを襲うかは、観てのお楽しみ。未だ人間の知らない部分の多い、深く広大な海をめぐる謎の存在は、映画でこそ楽しめるものかもしれませんね。

ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島の作品情報

ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島のジャケット写真
レンタル開始日
2011/07/06
監督
マイケル・アプテッド
キャスト
ジョージー・ヘンリー(ルーシー)、スキャンダー・ケインズ(エドマンド)
上映時間
113分
GEOで購入!
ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島のユーザ評価

評価数:1996件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 子どもたちの成長に感動! アスランの言葉(「自分から逃げてはいけない 自分の価値を知るんだ」)、よかった。 ねずみさんのユースチスへの励ましには脱帽。 ファンタジーの側面だけではなく、人間の成長や「純粋な悪」との対峙の仕方が描かれていて、あっという間でした。
  • 絵画の中に引き込まれるワクワク感 といい安心して観られる冒険もの。 CGっぽさは気になるものの子供向け ならこんなものかな、といった感じ 。 キャラが立ってて、それぞれが自分 の弱い部分と葛藤しながら成長していく。
  • 原作は7章ある中から、この映画は第三章目。話はまだまだ続くのですが、ずいぶん前にテレビドラマで作成されたこのシリーズに比べると、抜群の出来で、美しい映像とCG効果も加わってとても楽しめました。7章まで全部映画化してほしいと切望します。

参考URL
・youtube.com