パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンドのジャケット写真

大ヒットシリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」の第3作目「ワールド・エンド」。前作の続きから始まるので、まだ見ていない人はデッドマンズ・チェスト」も合わせてチェック!交錯する海賊の思惑は果たしてどのような結末に至るのか!?ジャック・スパロウ船長の大冒険はまだまだ終わりません!

監督:ゴア・ヴァービンスキー、脚本:テッド・エリオット テリー・ロッシオ、音楽:ハンス・ジマー、出演:ジョニー・デップ(キャプテン・ジャック・スパロウ) オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー) キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン) ステラン・スカルスゲールド(ビル・ターナー) 

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

バルボッサはジャックを求めて冒険の旅へ

第1作目でジャックたちを苦しめた強敵バルボッサは、ティアの呪術によって命を吹き返し、今度はジャックを救う鍵を握る存在としてエリザベスたちの前に現れました。一方、ディヴィ・ジョーンズの心臓を得たことによって海の覇権を握ったベケット卿は、海賊撲滅のためにジョーンズ海賊一派を利用して海賊討伐を始めています。

選ばれた9人の海賊船長による評議会を開いて海賊存続の危機を脱しようと図るバルボッサ。ところが、評議会メンバーの一人であるジャックはクラーケンに飲み込まれてしまっています。バルボッサは海賊船長「サオ」の元をエリザベスとともに訪れ、海図を手に入れます。そして、ジャックを求めてこの世界の果てと称される死の世界への冒険へエリザベスとともに旅立ちました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=lgZ8JAo4Xfc

死の世界でのジャックと船長たちの決断

一方ジャックは、クラーケンに食べられたと見せかけて返り討ちにしていました。奇妙な死の世界に一時的に居たジャックですが、無事にバルボッサに救出され、元の世界に戻ります。バルボッサの目論見は、海賊船長たちによる評議会を経て海の女神「カリプソ」を復活させ、ベケット卿とジョーンズ一派による海賊撲滅戦争を阻止しようというものでした。

ジャックの到着でようやく開催された評議会ですが、開催中にサオはベケット卿に葬られてしまいます。サオが海賊船長の権限を譲ったのは、なんとその場にいたエリザベス。勇猛果敢な新船長エリザベスは、9人の選ばれし海賊船長たちの代表に任命されたのでした。

カリプソの正体と嵐の海戦

海賊たちは一致団結して集結しますが、ベケット卿率いる大軍が襲い来る事態に直面。そんな中、海賊たちは海の女神カリプソを解放します。女神カリプソはジョーンズの手によってティアの体の中に封印されていたのです。 ティアがバルボッサを復活させたのも、実はカリプソとしての解放を望んだためです。一作目でバルボッサが誰にも船長の権限を譲ることなく死んでしまっては、選ばれた9人の海賊船長による評議会が開かれず解放は実現しないからですね。

解放されたカリプソの巨大な力によって嵐の吹き荒れる海の上で、ベケット卿率いる連合軍と海賊たちの決闘が繰り広げられます。カリプソの力は海に巨大な渦を作り、船上の人間たちの戦闘は混乱を極めます。ジョーンズとジャックは帆先で一騎打ちになりますが、一進一退でお互い譲りません。

過酷な運命に翻弄されるウィルとエリザベス

死闘の末、ベケット卿の乗った船は沈没へと追いやられますが、ウィルはジョーンズから致死の傷を負わされます。ウィルの命を取り留めるためにジャックはジョーンズの心臓をウィルに刺させます。こうすることで、ウィルはジョーンズが船長として与えられていた仕事を引き継ぎ船長となる代わりに、命を長らえさせることができるからです。

ウィルはジョーンズの所有していたフライングダッチマン号の船長になることと引き換えに、10年に1度しか陸にあがれないという制約を課され、海に散った命を弔うという使命を与えられました。エリザベスとウィルは船上で結婚式を挙げ、晴れて結ばれましたが、エリザベスは10年に1度陸でウィルと会えることを待ち望む日々を送るのでした。

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンドの作品情報

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンドのジャケット写真
レンタル開始日
2007/12/05
監督
ゴア・ヴァービンスキー
キャスト
ジョニー・デップ(キャプテン・ジャック・スパロウ)、オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー)
上映時間
169分
GEOで購入!
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンドのユーザ評価

評価数:2811件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ストーリーも最高だけど、やはり役者さんのファンが多いんじゃないかな…自分は何度もこの作品を見ているがやはり好きだなぁと思う。しかしちゃんと順番に見ないと意味がない!のでやはり一番は最初のものからみるのがおすすめ。
  • ディズニーの作品の中で1番好きな作品です。息子が海賊になりたいと言い出して困りました。笑
  • シリーズの中では一番作りが凝ってる分、集中して見ないとそれぞれが何故その行動をとったのかすら理解するのも大変ですが理解出来れば非常に面白いです。

生死を彷徨いながら戦うヒーロー

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド』では、死の世界への旅路や海賊船長の権限の譲渡など、生死に関わるエピソードが重なり合いながら展開していきます。『ザ・ウォーカー』もある過酷なミッションを与えられた孤高のヒーローを描いたディストピア作品で、本作に流れる過酷な運命の流れと同じものを感じることができます。大戦によって枯れ、文明の失われた世界をイーライはたった一冊の本を抱えて旅しています。世界制覇を願うある男は、その本は人を先導しコントロールする力のある本として、イーライから本を奪おうとしますが、その本をある場所へ届けることが目的であるイーライは死闘を繰り広げます。生死を彷徨いながら戦うヒーローは、海でも陸でもカッコいいですね。

ザ・ウォーカーの作品情報

ザ・ウォーカーのジャケット写真
レンタル開始日
2010/11/02
監督
アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ
キャスト
デンゼル・ワシントン(イーライ(”ウォーカー”))、ゲイリー・オールドマン(カーネギー)
上映時間
118分
GEOで購入!
ザ・ウォーカーのユーザ評価

評価数:837件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 見返してみると、主人公は目が見えなかったと分かります。最初から明らかに盲目らしいと、面白さ半減でした。見せ方が上手いと思います。どんな形であれ、主人公が亡くなってしまうのは好きじゃないので星4ですが、また観たくなる映画です。
  • メッセージ性は確かにあり、宗教色が若干強めな感じでした。デンゼル・ワシントンのアクションは格好良く、腕とか殺しが多いですが、画面の色調が暗めで そこまでグロく感じないのは良いです。デンゼル・ワシントン好きにはオススメです。
  • 世界観が良かったです。ダークな映像に荒涼としたムードが漂いますが、何故かそれほど陰鬱ではなく、どこか上品に感じました。北斗の拳みたいというレビューを見てから鑑賞したので、その点はずっと意識しながら見てしまいましたが。

参考URL
・youtube.com