パッセンジャーのジャケット写真

<簡単な解説>
映画「パッセンジャー」は宇宙移民という近未来で起こりそうなテーマを扱った作品。一人ぼっちのさみしさと他人を巻き込むことの罪悪感がヒシヒシと伝わってきます。もし、映画と同じことが自分に起こってしまったとすると、ちょっとぞっとしてしまうかもしれません。それでは「パッセンジャー」のストーリーのネタバレ・あらすじをどうぞお楽しみください。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

パッセンジャーのネタバレ・あらすじ:冬眠ポッドで90年も早く目覚める

舞台は近未来。5000人以上を乗せた宇宙船が人類移住計画で植民惑星に向かいます。しかしその旅は120年もかかるため、乗客や乗務員は全員冬眠ポットに入っています。

ところが、地球を出発してから30年後に隕石が衝突してしまい、それが原因で機械エンジニアの「ジム」が一人だけ冬眠から目覚めてしまいます。目の前に現れたオペレーターの女性のホログラムから目的地に着いたことを知らされ、意識もはっきりしてきたジムは、自分以外の乗客が誰もいないことに違和感を抱き始め、やがて自分一人だけで90年過ごさなければならない残酷な真実を知ります。

唯一バーテンダーが目覚めていると思ったら、上半身だけが人間の形をしたアンドロイドでした。バーテンダーの「アーサー」はジムの唯一の話し相手になり、少しは孤独がまぎれました。宇宙船の中はコンピューター制御で快適ですし、生きて行くには不都合がない環境です。しかし、自分以外は誰一人生きている人間がいない巨大な宇宙船という環境にジムは次第に頭がおかしくなっていきます。

がらんと広く脱出も不可能な宇宙船にあと90年も孤独に過ごさなければならないわけですから、発狂してもおかしくない状況です。そして、とうとうジムは禁断の決断を下してしまいます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8b3jJuyyiJA

パッセンジャーのネタバレ・あらすじ:ジムがとったとんでもない行動

宇宙船の外に出て自殺まで考えたジムは、冬眠中の美女「オーロラ」を発見します。彼女の素性などを調べて彼女と一緒に過ごしたいと考え始め、ジムは長い間悩んだ末ついにオーロラを意図的に目覚めさせてしまいます。

目覚めたオーロラは、ジムから事情を聞かされてショックを受けますが、同じ境遇にいるジムに励まされます。この時点で、自分を目覚めさせた張本人がジムであることをオーロラはまだ知らず、ジムに話を聞いていく内にどんどんジムに惹かれていきました。宇宙船の中でたった2人の男女の仲が進展するのは時間の問題でした。2人は宇宙船内で一緒に食事やデート、さらには宇宙遊泳などを楽しみます。

しかしそんな生活も長くは続きません。ジムが結婚指輪を渡そうとしたその日、アーサーが「ジムがオーロラを起こした」という秘密をオーロラに話してしまったのです。アーサーはその事実をジムから口止めされていましたが、人間同士の心の機微がわからず、マニュアル通りに対応したことによる悲劇でした。当然のごとくオーロラは激怒。その様子はちょっと狂気をはらんでいて、ジムを殺す寸前までいってしまいます。しかし、さらに大きなトラブルが待ち構えていました。

パッセンジャーのネタバレ・あらすじ:3人目が冬眠から目覚める

ジムとオーロラの関係が険悪になっている間、宇宙船では様々なシステムトラブルが発生するようになっていました。そんな最中、3人目の人類である「ガス」が冬眠から目覚めます。ガスは宇宙船の乗務員です。

ガスはシステムトラブルの原因をジムとオーロラに協力してもらいながら調査し、隕石の衝突が原因であることをつきとめました。なんと船の動力源である核融合炉が破損していたのです。このまま放置していたら、自分達を含めて5,000人以上が全員死んでしまいます。ガスはジムがオーロラを意図的に冬眠から覚ましたことも見抜いていましたが、ジムのことを責めつつも、オーロラに対しては「ジムの気持ちも理解してあげてほしい」とフォローする好人物です。

ところが、ガスは冬眠ポッドの不調により余命わずかでした。ガスは自分の死後宇宙船を救ってほしいと二人に希望を託し、息を引き取ります。ガスの死後、宇宙船には緊急警報が鳴り響き、もはや一刻の猶予もならない状態に陥っていきます。

パッセンジャーのネタバレ・あらすじ:危機に立ち向かう二人

アーサーが故障して暴走するなど、宇宙船は危機的状況です。そして、修理するために船外作業が必要なため、ジムは宇宙服を着て船外に出ます。この頃にはジムとオーロラの仲は元通り、いやそれ以上に信頼し合っています。

ジムとオーロラの連携で宇宙船の外側から動力源のハッチを開いて熱放出に成功したジムですが、命綱が切れてしまい宇宙空間に放り出されてしまいました。それを救ったのは、なんと宇宙服を着たオーロラ。間一髪ジムを宇宙船に助け入れます。ジムの蘇生にも成功し、2人は抱きしめ合います。

宇宙船の危機は脱しました。その後、予備の救命ポッドを使えば再びオーロラを冬眠させることができる方法を探り出しますが、オーロラはそれを拒否。残りの人生をジムと二人きりで暮らすことを選択したのでした。

その後のジムとオーロラがどうなったか、それは88年後、5,000人の乗客達が冬眠ポッドから正常に目覚めた後に、オーロラが書いた手紙によって明らかになります。結末はもちろん、ハッピーエンドでした!

パッセンジャーの作品情報

パッセンジャーのジャケット写真
レンタル開始日
2017/08/02
監督
モルテン・ティルドゥム
キャスト
ジェニファー・ローレンス(オーロラ・レーン)、クリス・プラット(ジム・プレストン)
上映時間
116分
GEOで購入!
パッセンジャーのユーザ評価

評価数:1076件 
評価:★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの声
  • 結局、人はどこでどんな仕事をして人生を生き抜くかよりも、愛する人と一緒に居られれば幸せに生きられるということを改めて思い知らされました。
  • 機械的トラブルや人間間のトラブルと波乱万丈な宇宙旅行。何もしないで指をくわえて死を待つよりは、一か八かやヤるしかないでしょう。なんだかんだありながらも最後は結局2人で余生を過ごしたのですね。

「2001年宇宙の旅」もオススメ!

約50年も前に公開されたとは思えないほど完成度が高い「2001年宇宙の旅」も、ぜひチェックしたい作品です。見てない人はもちろんですが、何度見ても新たな発見があります。木星探査に向かう宇宙船に乗った乗客が、AIである「ハル」の暴走で次々に命を落としていき、やがて真の目的が明らかになるというSFですが、人類の進化の秘密など設定が非常に細かい上に、まだCGがなかった頃に作られたとは思えないほど、映像がとても美しいことにも驚かれるでしょう。

2001年宇宙の旅のジャケット写真
レンタル開始日
1999/08/06
監督
スタンリー・キューブリック
キャスト
キア・デュリア(デヴィッド・ボウマン)、ゲイリー・ロックウッド(フランク・ピール)
上映時間
168分
GEOで購入!
2001年宇宙の旅のユーザ評価

評価数:834件 
評価:★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの声
  • とても自分が生まれる前の映画とは思えない完成度!どういう仕掛けで船内の雰囲気を撮影したのか…。宇宙空間の撮影や映画の中で使われているBGMにもこだわりを感じる。
  • 独特な空間、話の内容云々より、映像に圧倒される、そういう映画だと思う。最後の、何色もの光線が飛び交うシーンも、観てる人が眠くなるのも分かる。
  • ホントにネットでも話題になっていますが、シャイニングしかり、キューブリックは吹替えがないですね。Blu-rayが出るとき期待したのですが。内容は今さら言うまでもないでしょう。

参考URL ・youtube.com