パディントン2のジャケット写真

英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童文学を実写映画化した「パディントン」の続編。ルーシーおばさんの100歳の誕生日プレゼントを探していたパディントンは、骨董品屋でユニークな絵本を見つけ、絵本代を稼ごうと窓ふきのアルバイトを始めるのだが……。

監督:ポール・キング、出演:ヒュー・ボネヴィル(Henry Brown) サリー・ホーキンス(Mary Brown) ヒュー・グラント(Phoenix Buchanan) ブレンダン・グリーソン(Knuckles McGinty)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

愛される住人パディントン、逮捕される?!

前作『パディントン』でブラウン一家の一員となったパディントン。彼は地域の人から愛される存在になっていました。彼はブラウン一家の母メアリーの知り合いのアンティークショップで、ロンドンの街が描かれた飛び出す絵本を見つけます。パディントンは、その絵本をルーシー叔母さんの誕生日プレゼントにしようと考えます。ルーシーは彼をロンドンへ送り出してくれたクマで、今はペルーの「老クマホーム」にいます。

窓拭きの仕事をして、お金をコツコツ貯めるパディントン。そんなある日、パディントンは家族とともに移動遊園地のオープニングセレモニーに行きます。セレモニーにはフェニックス・ブキャナンという俳優が参加していました。ブキャナンを司会にセレモニーが行われ、パディントンもひょんなことから舞台に上がり、一緒にセレモニーを行います。パディントンから「飛び出す絵本を叔母さんにプレゼントしたい」という話を聞いたブキャナンは、表情を変えます。

絵を買うのに十分なお金を貯めたパディントン。しかしその夜、アンティークショップに泥棒が入るのをパディントンは目撃します。ヒゲを生やした泥棒を追いかけるパディントンですが、彼は警察に「強盗」として捕らえられてしまいます。誰一人パディントンが盗んだと思う人はいませんでしたが、泥棒の証拠が見つからず、彼は牢屋に入れられてしまいます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Sa7zjStS5-Y

泥棒の正体と、監獄での暮らし

泥棒の正体はブキャナンでした。ブキャナンはとある理由から、飛び出す絵本を探していたのです。落ち目の俳優であるブキャナンは変装をしていたので、誰からもばれなかったのです。

一方パディントンは、監獄でもあっという間に人と仲良くなりました。他の囚人たちから恐れられていた料理人のナックルズにも物怖じせず発言するパディントン。彼と仲良くなったきっかけは、パディントンの持ち込んでいた非常食のマーマレードサンドの美味しさでした。ナックルズはパディントンを料理の助手にし、他の囚人とも仲良くなっていきます。

その頃ブラウン一家は、パディントンを監獄に入れることになった真犯人探しをしていました。ブキャナンが怪しいと思ったメアリーは、夫ヘンリーの助けも借り、ブキャナンの家へ忍び込みます。絵本を見つけ出すことはできませんでしたが、彼が変装に使った道具を見つけ出します。

監獄で家族を待つパディントン、脱獄を決意?!

パディントンは家族が面会に来てくれるのを楽しみにしていましたが、ブラウン一家は真犯人探しに夢中になり、面会時間を忘れてしまいました。無実を訴えるパディントンに、囚人たちは脱獄を誘い続けていましたが、彼はずっとそれを断っていました。

しかし「面会時間に来なかった=家族に見捨てられた」と勘違いしたパディントンは、脱獄を決意してしまいます。「パディントンの汚名をはらそう!」と言ってくれた囚人たちと共に脱獄するパディントン。しかし囚人たちはそのまま国外へと逃亡をはかります。パディントンは無実を証明するために1人ロンドンへ残ることに決めます。

パディントンはブラウン一家に電話します。別れの挨拶のつもりでしたが、電話に出たブラウン一家からブキャンが真犯人であることを聞き、彼を追うことを決意します。ブラウン一家とパディントン駅で会うことを約束し、彼は走り出します。

絵本を取り返すことはできるのか?!

ブキャナンが絵本を探すのには理由がありました。絵本にはブキャナンの祖父が隠したお宝の手がかりが残されていたのです。絵本を手に入れ、お宝を探すためのヒントを集めていたブキャナン。そこへやって来たパディントンとブラウン一家は彼と攻防戦を繰り広げ、見事絵本を取り戻し、ブキャナンを捕らえることにも成功します。

しかしここでトラブルが発生。。。パディントンの乗った貨車が川へ落ちてしまい、沈んでいってしまいます。メアリーがパディントンを助け出そうと川へ飛び込みますが、助け出すことができません。するとパディントンの目に見たことのある顔が映ります。なんと脱獄をはかった囚人たちが助けに来たのです。彼を置いて逃げ出すことができなかった彼らは、ロンドンに引き返していました。そして川へ沈んだパディントンを助け出します。

罪が晴れたパディントンは3日間風邪で寝込みます。絵本を取り返したものの、プレゼントできなかったと落ち込むパディントンにお客さんがやってきます。なんとその場に現れたのはルーシー本人でした。ブラウン一家と近所の人々は、絵本を送るのではなく、彼女をロンドンに招待したのです。優しく抱きしめあうルーシーとパディントンでした。

パディントン2の作品情報

パディントン2のジャケット写真
公開日
2018/01/19
監督
ポール・キング
キャスト
ヒュー・ボネヴィル(Henry Brown) サリー・ホーキンス(Mary Brown)
上映時間
104分
GEOで購入!
パディントン2のユーザ評価

評価数:273件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 前作に習い豪華なヴィラン。今回はヒューグラント。彼の悪役も憎めなくてバカわいい。 吹き替えで観ましたが松坂桃李くんは前よりも上手になったと思います。古田さんは安定のうまさ。 ただ斎藤工のヒューは少し残念でした。声が若いので違和感が目立ちました。 字幕のほうがオススメかも知れません。 最後は感動のハッピーエンドです。大人にも観てもらいたい作品です。前作と合わせてぜひ。観て。
  • とにかくパディントン2は数分に1度 笑い所が散りばめられている、特に気に入ったシーンはパディントンが床屋でアルバイトしている時、客の裁判長の髪の毛をバリカンで剃ってしまう、床屋のシーンは、ほぼ一人コント状態、 ツボだった.もう一つ感動のシーンはパディントンご列車から切り離され海に沈む、そこへブラウン家のお母さんが助けにきて、その後に刑務所の仲間だった3人が助けに来る、ここが感動した.まだまだ他にも沢山良いシーンがあるけど、どこをとっても大好き.パディントンの生みの親・原作者に感謝します.これからも愛されますように

参考URL
・youtube.com