ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめのジャケット写真

パキスタン出身のコメディアン、クメイル・ナンジアニが、自ら体験した異文化結婚をめぐる騒動を映画化。シカゴに暮らすクメイルは、アメリカ人大学院生エミリーと交際していたが、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に従い見合いをしていたことがバレてしまい・・・

監督:マイケル・ショウォルター、製作総指揮:ジャド・アパトウ クメール・ナンジャーニ、出演:クメール・ナンジャーニ(Kumail) ゾーイ・カザン(Emily)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

恋に落ちた青年に立ちはだかる文化の壁

主人公クメイルはパキスタン出身の青年です。スタンダップコメディアンを目指し、舞台に立ちながらも、自動車配車サービス「ウーバー」の運転手をしてお金を稼いでいます。

舞台に立っていたある日、女性の野次が飛びます。舞台の後、芸人仲間と飲んでいると、クメイルは野次を飛ばしてきた女性を見つけます。彼女に「野次を飛ばすのはご法度だよ」と声をかけると「ヒューヒューって言っただけよ」と返す女性。2人の仲はあっという間に親密になっていきます。彼女はエミリーと言い、クメイルが過ごす部屋で映画を観た後、一夜を共にします。

場面はかわり、クメイルは自分の家族と食事としています。パキスタン人の家族は、同郷の人と結婚することを望んでいます。兄も同郷のお嫁さんをもらい、白人の彼女と結婚した従兄弟を、家族は勘当しています。クメイルのお母さんは、クメイルをお見合いに誘い続けています。クメイルはこの慣習に疑問を抱いているようで、家族のためにお見合いは受けますが、誰とも親密になることはありませんでした。

クメイルはエミリーと親密になっていきますが、家族にエミリーのことを話せないどころか、エミリーにも「家族に紹介した」と嘘をつきます。しかしある日、クメイルのお母さんが紹介したお見合い相手の写真が溜まった缶を見つけ、こそこそお見合いを続けていたクメイルに失望したエミリーは泣きながらクメイルのもとを去ります。

その晩、別の女性をナンパしたクメイルでしたが、エミリーの友人から「エミリーが倒れた」と連絡を受け、病院へ急行します。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Gj7HhGkpH3k

昏睡状態になるエミリーとエミリーの両親との出会い

エミリーはやってきたクメイルに怒りを露わにします。しかし彼女の肺は重度の感染症にかかっていました。治療のため、エミリーは人為的に昏睡状態になります。

翌朝、エミリーの両親テリーとベスに会うクメイル。しかし娘エミリーからクメイルの話を聞いていた母親のベスは、クメイルに嫌悪感を露わにします。ただ治療の際、サインをし、彼女を見守っていたクメイルに対し、父テリーはベスよりも寛容な態度を見せます。

クメイルとベスの中は微妙なままですが、テリーの提案で「気分転換にクメイルのネタを観に行く」ことになるベス。クメイルのネタを見ていたテリーとベスは笑っています。クメイルも一安心・・・と言ったところに突然「ISISに帰れ」という野次が飛びます。その野次を聞いて怒りを露わにしたのは、なんとベスでした。この一件でベスとクメイルの仲は急速に縮まります。

この間もクメイルはパキスタン人女性とのお見合いを続けています。ただ彼は家族には本心を伝えられなかったものの、良い感じになった女性に正直な思いを伝えます。「同郷の人と結婚する気はないんだ」と。

エミリーの治療は長引きます。長引く治療に疲れきったベスは病院への信頼を失くしかけており、転院を考えています。「エミリーの体の負担を考えると転院は勧められない」と看護士はクメイルに告げますが、ベスとテリーは喧嘩してしまいます。

クメイルの決断と家族からの返答

かつてテリーは一度だけ浮気をしてしまったことがありました。「罪悪感から正直にベスに告白した結果、微妙な関係になってしまった」と話すテリー。ただ罪悪感を抱え続けるぐらいなら、はっきり言うことも必要だとテリーは話します。ベスとテリーが喧嘩した翌日、病院へ行くと2人は転院の手続きをしていました。クメイルが反対しても、ベスは聞き入れようとしません。

そしてそんなクメイルに、自分の家族と向き合わなければならない事態が発生します。お見合いを破断させたことが家族にバレました。クメイルを責める母親に彼は正直に告白します――「白人の恋人がいる」

母親は激怒します。クメイルはそれに対し、「アメリカに来たのにパキスタンと同じような生活を強いることに疑問を抱いていたこと」「もう何年もアラーに祈りを捧げていない」真実を告げます。母親は「あなたは息子じゃない」と言い放ち、立ち去っていきました。

エミリーが目を覚まし・・・

転院予定だったエミリーがようやく目を覚ましました。ただ昏睡状態に陥る前の記憶しかないエミリーはクメイルとはもう会いたくないと言います。エミリーの退院祝いにも足を運ぶものの、エミリーの気持ちは変わりません。

彼は芸人仲間に誘われ、ニューヨークへ行く決断をします。出発直前、エミリーは自分を想ってくれていたクメイルの優しさに気づくものの、彼はニューヨーク行きを止めませんでした。

「息子じゃない」と言った母親も、直接言葉を交わすことはありませんでしたが、クメイルを見送りに来ます。ニューヨークで芸を披露するクメイル。そんな彼に女性の野次が飛びます――エミリーでした。彼女はクメイルに会うため、ニューヨークへ来ていたのです。エンドロールでは、本物のエミリーとクメイル、そして彼らが行ったパキスタン式の結婚式の様子が映し出されます。

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめのジャケット写真
レンタル開始日
2018/02/23
監督
マイケル・ショウォルター
キャスト
クメール・ナンジャーニ(Kumail) ゾーイ・カザン(Emily) レイ・ロマーノ(Terry)
上映時間
120分
GEOで購入!
ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめのユーザ評価

評価数:136件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ビッグ・シックて大病でもあるけど、誰もが抱えるそんな歪さのことかなとも。 劇中の女性の怒りがとにかく深くて、でもそれが娘へ息子へ目の前のあなたへの責任や愛の深さとしっかり比例しててとても良かった。

参考URL
・youtube.com