ブラザー・ベア 2のジャケット写真

前作でクマとして生きる道を選んだ青年キナイ。森で子熊のコーダと暮らす彼を、幼なじみのニータが訪ねてくる。ニータにかけられた魔法を解くために、2匹+1人のスリルとユーモアに満ちた冒険の旅が始まる!

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:ベンジャミン・グリュック
脚本:リッチ・バーンズ
声優:パトリック・デンプシー(キナイ) マンディ・ムーア(ニータ) ジェレミー・スアレス(コーダ)

キナイの思い出

前作「ブラザー・ベア」で動物たちの精霊:グレイト・スピリッツによって熊になったキナイは、弟のように可愛がっている子熊のコーダと楽しく暮らしていました。そんなある日、キナイは人間の頃によく遊んでいた幼馴染のニータの夢を見ましす。その内容はキナイとニータが仲良く遊んでいた時、ニータが足を滑らせ冷たい川に落ちてしまったところをキナイが助けるというものでした。

そして二人は洞窟に入り冷えた体を焚火で温めていた時、キナイはお守りとして大切に持っていた首飾りをニータにあげました。ニータは洞窟の壁にキナイと自分の絵を描いていた時に大きなオーロラが見えていました。その後ニータは他の村に住んでいたため船に乗り帰っていきます。しかしそのお守りをあげたことで二人に絆が生まれていたことをキナイとニータは気づいていませんでした。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=J9uwiOhSnNQ

ニータの結婚式

その後、成人になったニータは他の村の男性と結婚式を行おうと村の住民が総出で準備をしていました。ニータはおばさんたちに綺麗な貝殻のネックレスを付けたり華やかな衣装を勧められますが、ニータはその申し出を断り亡くなった母親の服を着て結婚式を行おうと考えてしました。

そして結婚式が始まろうとした時、突然岩が崩れ始めニータと花婿の間の岩が大きく割れます。村の人々は「グレイト・スピリッツが何かを伝えようとしている」と察したため結婚式は一旦中止となります。

そして、ニータは村のシャーマンの元へ行き、何が起こっているのか調べてもらうことになりました。そこでニータはシャーマンから「他の男性と絆を既に結んでいる」と告げられます。

しかし、ニータにはそんな記憶はなく詳しく調べてもらうと、幼い頃キナイから貰った首飾りによって絆が結ばれていることを知ります。

ニータとの再会

シャーマンから「絆を断つには首飾りを貰った滝へ行き、グレイト・スピリッツが冬から春に変わるときにお守りを燃やせば絆は切れる、しかしキナイと一緒に燃やさなくてはならない」といわれます。

ニータはキナイが熊になったことを知っていたので頭を抱えます。そこでシャーマンから熊と会話ができる能力をもらい、一人でキナイを見つけるため森の中へ入って行きました。

その頃、キナイとコーダは冬眠から目を覚まし、餌を探しに出掛けていました。そこでニータと偶然遭遇します。キナイ自身もニータの夢を見たばかりだったことに加え、熊の言葉を話すニータに驚きました。ニータは事情を説明し、キナイへ一緒に滝へ行くように説得しますがキナイは乗り気ではありませんでした。

するとニータはグレイト・スピリッツにキナイを人間に戻してもらうようにするしかないと言います。その話を聞いたコーダはキナイが人間に戻るのではと不安になりました。コーダが不安がっている様子を見たキナイは渋々ニータと一緒に滝へ向かうことにします。

絆が切れた2人

目的地の滝へ向かいながらキナイとニータは昔のように仲良く話すようになりました。しかしコーダはキナイが人間に戻ってしまうのではないかと不安でいっぱいです。ニータはキナイと昔遊んでいた時に川でおぼれてしまったことが原因で水が苦手になっていましたが、キナイの協力もありなんとか克服することができました。

一方、コーダは仲良くする二人を見て機嫌が悪くなり、一人行動を始めます。すると突然雪崩発生。間一髪のところをニータが助けます。

キナイはコーダに「人間の頃は懐かしいけどコーダと一緒にいる」と説明しました。その後三人は目的地の滝に着き、お守りを燃やします。そして絆は切れニータも熊の言葉を話す能力は無くなり、キナイと会話ができなくなりました。キナイとニータはそこでお別れします。

2人の本当の気持ち

ニータと別れたキナイは元気がありません。コーダはキナイに「まだ好きなんでしょ?」と聞きますがキナイは簡単なことではないと諦めていました。

コーダはキナイのためにニータを連れ戻そうと早朝に村へ一人で向かいます。村の人々はコーダを見つけ捕まえようと騒ぎ始めますが、その様子を気づいたニータは止めにかかります。一方コーダがいなくなったことに気が付いたキナイは探しに行き、捕まりそうになっているコーダを助ようとします。

そして逃げている途中に崖から転落し、怪我を負います。ニータはキナイの元へ行き、本当の気持ちを伝えます。絆は切れていも二人の思いは繋がっていたのです。そこへニータの父親が現れ、ニータはキナイと一緒に居たいと伝えます。

その時上空にグレイト・スピリッツが現れ、ニータは熊になりました。そして熊となったニータはキナイと一緒に村へ行き、人間と熊たちが一緒になって二人のお祝いをしてくれました。

ブラザー・ベア 2の作品情報

ブラザー・ベア 2のジャケット写真

レンタル開始日/公開日
2006/08/23
監督
ベンジャミン・グリュック
キャスト
パトリック・デンプシー(キナイ) マンディ・ムーア(ニータ) 
上映時間
73分
さらに詳しく見る>
ブラザー・ベア 2のユーザ評価

評価数:522件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 1と同じく「愛する人は永遠に心の中に生き続ける」を軸にお話が展開され、私的に望んでいたハッピーエンドに終わってくれたので良かったです。が、人間(特にニータ)のお顔がもう少し可愛さ綺麗さがあったらなというのが唯一の願望かな。
  • コーダが愛らしくてかわいい!!
    キナイの人間の女性とのかかわりに、コーダの心が大きくゆれます。
    大好きなキナイの幸せを願うコーダの姿が感動的です。

  • コウダとキナイの友情が素晴らしい!コウダがとっても可愛いです!トナカイの兄弟もおもしろい

「ラマになった王様」もオススメです!

続編として発売されたブラザーベア2では友情と愛がテーマとなってして感動のストーリーとなっています。ディズニー映画では人間が動物へ変わってしまう内容の作品が多数あり、おすすめなのが2001年に日本にて公開された「ラマになった王様」です。裸の王様が原作となっていて、ジャンルとしてはコメディ作品となっています。あらすじは南米のジャングルで主人公の若い王子:クスコがいました。クスコは裕福が故に性格はわがままで傲慢な人物だったため国民から嫌われていました。そんなある日、魔法使いによってラマにされてしまったクスコはこれまで経験したことが無いような出来事が次々と起きます。次第にクスコは自分自身を見つめ直すようになり、これまでの考えが改められてきます。コメディ作品なので家族で楽しめる内容となっています。日本語吹き替え版ではクスコ役を藤原竜也さんが担当されているので、ぜひ日本語版でも観てみるのもおすすめです。

ラマになった王様の作品情報

ラマになった王様のジャケット写真

レンタル開始日
2002/03/15
上映時間
78分
さらに詳しく見る>
ラマになった王様のユーザ評価

評価数:624件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 2000年代のディズニー作品の中ではトップクラス。
    ディズニーの中でもここまでギャグ満載なのは珍しい、ファミリー向け作品。
    おススメ。
  • もう笑えた!クロンクのアホッぷりが面白いですよ!ラマになっちゃった王様も性格は最低だけどだんだん大人しくなってかわいいです。一番ハマったのは、イズマのネコ姿☆かわいい♥ぜひ、ご笑覧あれ!!
  • 「アラジン」や「ライオンキング」に次いで観ると元気になれる&勇気をもらえる、大好きな映画です。
    ギャグの繰り出す早さはディズニーアニメ史上、いやコメディ映画史上かなりの上位に食い込むのではないでしょうか。
    なのでヒアリングも字幕を追うのも早々に諦めましたが、藤原竜也さんの吹き替えがこれまた絶品の出来栄えで、何回観ても飽きさせません。
    ほんとうに楽しい作品なので、ディズニーファンはもちろん、ディズニーが嫌いな人にこそ観ていただきたい作品です。

参考URL
・youtube.com