ブレイキング・ドーン Part2/トワイライト・サーガのジャケット写真

世界中の女性を熱狂させたヴァンパイア・ラブファンタジー『トワイライト・サーガ』最終章の後編。ベラとエドワードの娘・レネズミを「不滅の子」だと考え、カレン家の抹殺に乗り出したヴォルトゥーリ族。すべてを懸けた最終決戦が始まる。

監督:ビル・コンドン、原作:ステファニー・メイヤー、脚本:メリッサ・ローゼンバーグ、出演:クリステン・スチュワート(ベラ・スワン) ロバート・パティンソン(エドワード・カレン)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

ヴァンパイアとなったベラと、娘レネズミ

前作『ブレイキング・ドーン Part1』のラストで、無事ヴァンパイアとして生まれ変わったベラ。転生直後の吸血鬼は本能に抗えない性質があります。彼女は初めて狩りに出かけた時、能力を発揮して獲物を仕留めますが、遠くでクライマーが怪我をしたのを感知すると、その血の匂いに抗えず、人間のほうへと近づいてしまいます。エドワードは彼女に人間を襲わせまいと必死になって追いかけますが、すんでのところで、彼女は彼女自身で欲を抑え、人を襲うのをやめました。彼女は驚異的なスピードで順応し、自分をコントロールしていきます。

一方ベラとエドワードの娘であるレネズミも、健康的にすくすくと成長していました。レネズミは狼族であるジェイコブの運命の相手(狼族は「刻印」によって相手と結ばれる)でもあり、そのことで長年続いていたヴァンパイアであるカレン一族と狼族の争いも収まっていました。

ただし、不安な点があるとすれば、レネズミの成長が異様なまでに早いのが彼らを悩ませます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=0iw2rkq_k6s

ヴォルトーリ族がベラ一家を追い詰める

レネズミは気立ての良い可愛らしい少女でしたが、ベラが人間であるときに生まれた子供であり、人間とヴァンパイアのハーフであることが問題視されています。ヴァンパイアの王族であるヴォルトーリ族は、このハーフの子供を「不滅の子」と呼び、脅威と見なします。そして「カレン一族を滅ぼすためにこちらへやってくる」ということを、未来予知能力のあるアリスが予言します。彼女は「レネズミが「不滅の子」ではないことを証言する人を集めて」と言い残し、その場を去ってしまいます。

残されたベラとエドワード、カレン一族は必死になって、レネズミを守るための証人を探します。協力的なヴァンパイアのおかげで、18人の協力者ができました。

圧倒的な強さを誇るヴォルトーリ族

しかしヴォルトーリ族は沢山の仲間達を引き連れてベラたちのもとへやってきます。ヴァンパイアだけでなく、ジェイコブら狼族も戦いに備えます。

しかし、ヴォルトーリ族はヴァンパイアの中でも戦闘能力が高く、カレン一族は先制攻撃を仕掛けるものの、カレン一族の長であるカーライルやアリスのパートナーであるジャスパーが命を落とします。大切な家族を殺されたカレン一家は、一時劣勢に追い込まれますが、レネズミを守るために戦い続けます。

そして、パートナーを殺されたアリスやベラとエドワードの共闘で、ヴォルトーリ族のトップを次々に倒していきます。そして最後には、ヴォルトーリ族の族長の首をエドワードとベラがはねます。

ところが次の瞬間、カレン一族とヴォルトーリ族と対峙する場面に戻ります。実は、このヴォルトーリ族が負けるまでの戦闘は、アリスが彼らに見せた未来予知でした。自分たちが敗北する未来を知り動揺するヴォルトーリ族。

人間とヴァンパイアのハーフが現れ・・・

未来予知を見せた後、アリスは2人のヴァンパイアを連れてきます。そのうちの1人は、レネズミと同じ人間とヴァンパイアのハーフでした。彼は人間の年齢で20歳くらいに成長した後、そこから成長がとまり、今の姿のまま100年近く生きていることをヴォルトーリ族に告げます。「不滅の子」だと思われていたハーフに脅威がないことが証明されたのです。

ヴォルトーリ族は、その場を立ち去っていきます。レネズミのために協力してくれた面々は互いに無事を喜びます。そして、再びヴォルトーリ族がカレン一族達に刃を向けた時、また一緒に戦うことを誓い、彼らも元の場所へと帰っていきます。

レネズミには、ベラやエドワードのように永遠の命があります。そしてアリスは再び未来を予知し、そこには成長したレネズミに寄り添うジェイコブの姿と、ベラ、エドワードの姿がありました。ヴァンパイアとして穏やかに過ごすベラとエドワードが映し出されて、映画は幕を閉じます。

ブレイキング・ドーン Part2/トワイライト・サーガの作品情報

ブレイキング・ドーン Part2/トワイライト・サーガのジャケット写真
レンタル開始日/公開日
2013/05/17
監督
ビル・コンドン
キャスト
クリステン・スチュワート(ベラ・スワン) ロバート・パティンソン(エドワード・カレン) 
上映時間
116分
GEOで購入!
ブレイキング・ドーン Part2/トワイライト・サーガのユーザ評価

評価数:8646件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • この作品には、はまりにはまりました。もっとつづいて欲しかったなあ。クリステンが浮気しちゃったから無理ですよね。
  • 完結作品なのでレンタルしました。個人的には1番トワイライトシリーズで面白かったです。 トワイライトシリーズ好きな方は絶対見てほしい。
  • 後半作、べらがついにバンパイアになって活躍することに。それぞれスペックを持っていてそれを十分に発揮することに。 パパには可哀想だったが、子供もベラも可愛いし最後までハラハラしながら見てた。

参考URL
・youtube.com