ブレイブハートのジャケット写真

13世紀末、悪政に苦しむスコットランドの独立と開放を目指して戦った実在の英雄、ウィリアム・ウォレスの生涯を描いた歴史スペクタクル大作。製作費2700万ドルを投じ、数千人のエキストラと200頭の馬が演じる戦闘場面は、リアルな臨場感に満ちて圧巻。

監督:メル・ギブソン、脚本:ランドール・ウォレス、出演:メル・ギブソン(ウィリアム・ウォレス) ソフィー・マルソー(イザベラ王女) パトリック・マッグーハン(エドワードI世) キャサリン・マコーマック(ミューロン)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スコットランドでの再会

舞台は13世紀末のスコットランド。独立と自由のために戦った英雄、ウィリアム・ウォレスの生涯を描いた物語です。

ウォレスは、スコットランドにある小さな村で、家族と幼少時代を過ごしていました。しかし、当時のイングランド王エドワード1世のスコットランド侵略により、家族が惨殺されてしまいます。ひとり難を逃れたウォレスは、遠くに暮らす叔父に引き取られて暮らしていました。

数年後、大人になったウォレスはスコットランドで生きようと、故郷の村に戻ってきます。そこで、美しく成長した幼馴染のミューロンと再会し、ふたりは恋に落ちていくのです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=iLR190ZidBY

復讐を決意したウォレス

この頃、イングランドでは貴族や領主たちには、領地内で結婚する花嫁を略奪し、初夜を奪っていいという、卑劣な権利が与えられていました。ミューロンとの結婚を決めたウォレスは、彼女を奪われないようにと、夜中に抜け出し二人きりで結婚式を挙げました。

その翌日、イングランド兵士に襲われ抵抗したミューロンは、無残にも殺害されてしまいます。怒りが爆発したウォレスは、妻の復讐の鬼と化し、イングランド兵士に襲い掛かります。また、悪政により苦しめられていた人々もまた、ウォレスと共に立ち上がり、自由を勝ち取るために立ち上がるのです。

国民的英雄となったウォレス

ウォレスの下に集まった民衆も徐々に増え、賢い戦術と力で攻め込み、ついに国境近くにまでたどり着きました。この頃、すでにウォレスの名は各地で広がり、国民的英雄となっていました。

エドワード1世は、暴動を抑えるため、無能な王子に代わり、王子の妻イザベラを和平交渉の仲裁役としてウォレスの元に送り込みます。その間に、スコットランド貴族を賄賂で抱きこもうと策略していたエドワード1世は、ウォレスたちを引き止めるための道具として、イザベラを利用していたのです。

一方、ウォレスと会ったイザベラは、彼の勇ましい姿に魅了され、一目で恋に落ちてしまいます。その後、イザベラは城に元に戻り、ウォレスが金や領地を求めていないことを伝えようとしたとき、ウォレスを攻めんとするエドワード1世の企みを知ってしまいます。

スコットランド貴族の裏切り

イザベラは、ウォレスに危険が迫っていることを伝えると、ウォレスは情報のおかげで奇襲作戦に出て、勝ち進むことが出来ました。そして、ついにウォレス率いるスコットランド民衆と、エドワード1世率いるイングランド軍の対峙の場が訪れます。

しかし、一緒にイングランド軍に立ち向かおうと、固い約束を交わしたスコットランド貴族たちが、戦いの場に訪れません。そう…貴族たちはウォレスを裏切ったのでした。イングランド兵に囲まれた民衆たちはあえなく敗北。そして、エドワード1世を追うウォレスの前に立ちはだかったのは、ウォレスが信じたスコットランドの若き貴族ブルースでした。ブルースの裏切りに、愕然とするウォレス。彼は父親に説得され、イングランド側に着きましたが、信念を貫こうとするウォレスの姿に、良心に従い再びウォレスと戦おうと決めたのです。

スコットランドの英雄ウォレスの最期

貴族たちは自分たちの領地を手放したくない余り、イングランド側につき、再びウォレスを罠にはめイングランド軍に捕らえさせたのです。ブルースはウォレスを助けようとしましたが、既に反逆罪で牢に入れられたウォレスを救い出すことはできませんでした。

一方、イザベラはウォレスに、王に忠誠を誓い、少しでも慈悲が与えられるように説得しますが、ウォレスは耳を傾けません。そして1305年、ウォレスは大勢の民衆の前で拷問を受けながらも屈することなく、「我に自由を!」と叫び、愛するミューロンの幻を見ながら、処刑されてしまいます。

その後、スコットランド国王となったブルースの指揮下で、民衆はウォレスの意思を継ぎ、自由を手にするためイングランド軍と戦ったのです。

ブレイブハートの作品情報

ブレイブハートのジャケット写真
レンタル開始日
2001/04/27
監督
メル・ギブソン
キャスト
メル・ギブソン(ウィリアム・ウォレス) ソフィー・マルソー(イザベラ王女) パトリック・マッグーハン(エドワードI世) キャサリン・マコーマック(ミューロン)
上映時間
178分
GEOで購入!
ブレイブハートのユーザ評価

評価数:571件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • メル・ギブソン主演監督の作品のため観ました。スコットランドの歴史は全く知りませんが、史実に基づき3時間に及ぶ超大作で、自由を勝ち取るため信念を持って闘う英雄を描き、ラストは大変感動しました。原題のとおり勇者を演じるメル・ギブソンはかっこいいですね。
  • 中世のスコットランドを舞台に支配を広げるイングランドに対して、自国の自由を訴え、知恵を振るい、人望を集めながら立ち向かう主人公の生きざまに感動しました。ぜひ見てほしい名作です。
  • すばらしい、の一言です。よくできた作品だと思います。3時間という長さを意識せずに、じっくりと物語を堪能できました。ふだん何気なく毎日をくり返していきている私達には、勇気づけられる物語です。「本当に生きる」ことの意味が、気負うことなく良く描かれています。それにしてもソフィー・マルソーは未だに姫役が似合う美しい人でした。

類似作品情報

スコットランド独立のために戦った英雄を描いた『ブレイブ・ハート』の類似作品として、2000年に公開された『パトリオット』もまた、アメリカの自由のために戦った英雄たちの物語です。そして、ベトナム戦争の真実を描いた『ワンス・アンド・フォーエバー』など、これらの作品で主演・監督を務めたメル・ギブソンの新作として、2017年には第二次世界大戦を舞台に、武器を持たない英雄を描いた『ハクソー・リッジ』があります。

パトリオットの作品情報

パトリオットのジャケット写真
レンタル開始日
2001/02/23
監督
ローランド・エメリッヒ
キャスト
メル・ギブソン(ベンジャミン) ヒース・レジャー(ガブリエル) ジョエリー・リチャードソン(シャーロット)
上映時間
165分
GEOで購入!
パトリオットのユーザ評価

評価数:306件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • メルギブソンの映画で一番好きな映画です。アメリカの独立戦争の話しですが、一言で言うと家族愛でしょう。素晴らしい映画です
  • とにかく戦闘が見物でした。特にあの戦闘のやり方が凄いですね、先頭の人たちはほんとに怖かっただろうな~。メルギブソンとヒースレジャーがかなりカッコいいです。
  • 南北戦争中の米、現代人とは違う価値観もありますが。やはり(家族)愛は共通なようです。そして国や土地を越えた絆。劇中何度も感動しました。

参考URL ・youtube.com